鯨岡兵輔-昭和後期から平成時代に活躍した政治家

鯨岡兵輔-昭和後期から平成時代に活躍した政治家

製袋会社社長から衆議院議員へ-鯨岡兵輔の経歴

製袋会社社長から衆議院議員へ-鯨岡兵輔の経歴

– 製袋会社社長から衆議院議員へ-鯨岡兵輔の経歴 –

鯨岡兵輔は、1927(昭和2)年1月1日、埼玉県秩父市に生まれた。父は製袋会社を経営しており、兵輔も家業を手伝いながら育った。

高校卒業後は、東京の専門学校に進学し、経営学を学んだ。卒業後、家業の製袋会社に戻り、社長に就任した。

1972(昭和47)年に、衆議院議員選挙に自由民主党公認で立候補し、当選を果たした。以来、5期連続当選を果たした。

議員在職中は、建設委員会、経済産業委員会、国家公安委員会などで委員長を務めた。また、自民党農林部会長、同商工部会長なども歴任した。

2000(平成12)年に、衆議院議員を引退した。引退後は、郷里の秩父市に戻り、講演活動や地域振興活動などを行っていた。

2015(平成27)年12月17日、老衰のため死去した。享年88歳だった。

鯨岡兵輔は、製袋会社社長から衆議院議員となり、5期連続当選を果たした政治家である。建設委員会、経済産業委員会、国家公安委員会などで委員長を務め、自民党農林部会長、同商工部会長なども歴任した。

鈴木内閣の環境庁長官として環境行政の後退に抵抗

鈴木内閣の環境庁長官として環境行政の後退に抵抗

-鈴木内閣の環境庁長官として環境行政の後退に抵抗-

1980年、鯨岡兵輔は鈴木善幸内閣で環境庁長官に就任しました。彼は、環境保護に関する法律の強化と環境アセスメントの推進など、積極的な環境政策を推進しました。

しかし、当時、経済界からの環境規制緩和を求める声が高まっており、鈴木内閣もそれに押され気味でした。鯨岡兵輔は、環境行政の後退に強く抵抗しましたが、最終的には鈴木内閣の意向に沿う形で、環境規制の緩和を余儀なくされました。

この決定は、環境保護団体や市民団体から強い批判を受けました。鯨岡兵輔は、環境保護と経済成長のバランスをとることが難しく、環境行政を進めるためには政治的な妥協が必要であることを痛感しました。

その後、鯨岡兵輔は、環境行政の後退を食い止めるために、環境アセスメントの推進や環境保全条例の制定などに取り組みました。また、環境教育の充実にも力を入れ、環境保護の重要性を国民に訴えかけました。

鯨岡兵輔の努力により、日本の環境行政は、一時的な後退を乗り越え、再び前進の道を歩み始めることができました。

衆議院副議長として活躍し、平成12年に引退

衆議院副議長として活躍し、平成12年に引退

-衆議院副議長として活躍し、平成12年に引退-

鯨岡兵輔氏は、昭和後期から平成時代にかけて活躍した政治家です。

衆議院議員を8期務め、平成8年には衆議院副議長に就任しました。

副議長としては、議事運営を円滑に進行させ、与野党の対立を調整するなど、重要な役割を果たしました。

平成12年に政界を引退しましたが、その後も政治評論家として活躍し、日本の政治情勢について鋭い分析を行いました。

鯨岡兵輔氏は、温厚で誠実な人柄で知られ、多くの政治家から尊敬されていました。

その功績を称え、平成16年には旭日大綬章が贈られました。

鯨岡兵輔氏は、平成27年に92歳で亡くなりました。

タイトルとURLをコピーしました