生田和平→ 実業家、政治家

生田和平→ 実業家、政治家

徳島県の実業界で活躍した藍商、製糸業の実業家

徳島県の実業界で活躍した藍商、製糸業の実業家

徳島県の実業界で活躍した藍商、製糸業の実業家

生田和平は、1861年(文久元年)に徳島県勝浦郡で生まれました。旧姓は上村でしたが、生田家の養子となり、生田姓を名乗りました。

生田和平は、1884年(明治17年)に徳島県師範学校を卒業し、その後、小学校教師として働きました。しかし、1889年(明治22年)に徳島藍商組合の設立に関わり、藍商として独立しました。

藍は、藍染めの原料となる植物で、徳島県は藍の産地として知られていました。生田和平は、藍の生産や販売を行い、藍商として成功を収めました。

1896年(明治29年)には、徳島県製糸業組合の設立に関わり、製糸業にも参入しました。製糸業は、生糸を生産する産業で、徳島県は生糸の産地としても知られていました。生田和平は、製糸工場を設立し、製糸業でも成功を収めました。

生田和平は、藍商や製糸業の実業家としてのみならず、政治家としても活躍しました。1902年(明治35年)に徳島県会議員に当選し、その後、徳島県知事や衆議院議員を務めました。

生田和平は、1938年(昭和13年)に死去しました。77歳でした。生田和平は、徳島県の実業界や政界に大きな貢献をした人物として知られています。

衆議院議員として8回当選し、政友会、自由党などに所属

衆議院議員として8回当選し、政友会、自由党などに所属

生田和平は、衆議院議員として8回当選し、政友会、自由党などに所属しました。政界では、農林大臣や文部大臣などを歴任し、活躍しました。

生田和平は、1857年に岡山県で生まれました。1881年に東京帝国大学を卒業し、法学博士の学位を取得しました。その後、横浜正金銀行や日本銀行などに勤務しました。

1890年に衆議院議員に初当選し、以後は8回連続で当選を果たしました。政友会、立憲同志会、憲政会などの政党に所属し、1916年には農林大臣に、1924年には文部大臣に就任しました。

生田和平は、農林問題や教育問題に詳しく、農民や教育者の利益を代表する政治家として活躍しました。また、政友会総裁として、田中義一内閣の成立に貢献しました。

生田和平は、1935年に死去しました。

徳島県出身で、1877年に生まれ、1955年に死去

徳島県出身で、1877年に生まれ、1955年に死去

-徳島県出身で、1877年に生まれ、1955年に死去-

生田和平は、徳島県出身の実業家、政治家です。1877年に生まれ、1955年に死去しました。

生田和平は、徳島県阿波郡勝浦町(現・阿波市)に生まれました。1898年に東京帝国大学法科大学を卒業後、大蔵省に入省しました。その後、第一銀行頭取、日本興業銀行総裁などを歴任しました。

1936年に政界入りし、大蔵大臣に就任しました。その後、内務大臣、商工大臣、国務大臣などを歴任しました。1945年に終戦を迎え、公職を辞しました。

生田和平は、日本の経済界や政界で活躍した人物です。また、徳島県出身として初めて内閣総理大臣に就任した人物でもあります。

タイトルとURLをコピーしました