「池田勇人」(1899-1965)

「池田勇人」(1899-1965)

官僚、政治家としての池田勇人

官僚、政治家としての池田勇人

-官僚、政治家としての池田勇人-

池田勇人は、日本の政治家で、第57代内閣総理大臣。広島県生まれ。

1919年、東京帝国大学法学部を卒業後、大蔵省に入省。主税局勤務を経て、1923年に外務省に転籍。欧米各国に勤務し、1933年に帰国。

1935年、大蔵省に復帰。主税局長、理財局長、大蔵次官などを歴任し、1947年に大蔵大臣に就任。

1952年、自由党総裁に就任。1953年、第57代内閣総理大臣に就任。

池田内閣は、経済成長を最優先とし、高度経済成長政策を推進。国民所得倍増計画を掲げ、経済の急速な発展を遂げた。また、日米安保条約の改定を行い、日米関係を強化した。

1964年、東京オリンピック開催。1965年、脳卒中のため死去。

池田勇人は、日本の高度経済成長の立役者として知られ、国民から広く支持された。

池田勇人の政策と功績

池田勇人の政策と功績

-池田勇人の政策と功績-

池田勇人は、1960年から1964年まで日本の内閣総理大臣を務めました。彼は、高度経済成長期に日本の経済発展を牽引した人物として知られています。

池田勇人の政策の柱は、「所得倍増計画」でした。これは、10年間に国民一人あたりの所得を倍増させることを目指した計画です。池田勇人は、この計画を実現するために、積極的な財政政策と金融政策を打ち出しました。また、企業の設備投資を促進するために、減税や融資制度を拡充しました。

池田勇人の政策は功を奏し、日本の経済は急速に成長しました。1960年から1970年までの10年間で、日本の国民一人あたりの所得は2.5倍に増加しました。この間、日本の経済は世界第2位の規模に成長し、日本は経済大国としての地位を確立しました。

池田勇人は、日本の経済発展だけでなく、社会保障の充実や外交政策にも力を入れました。彼は、国民皆保険制度を導入し、国民年金制度を拡充しました。また、日米安全保障条約を改定し、日米関係を強化しました。

池田勇人は、1965年に在任中に病死しました。しかし、彼の政策はその後も日本の経済発展に大きな影響を与え続けました。池田勇人は、日本の経済発展に貢献した偉大な政治家として、現在でも多くの人々に敬愛されています。

タイトルとURLをコピーしました