久保田豊(2)

久保田豊(2)

昭和時代の農民運動家、政治家

昭和時代の農民運動家、政治家

– 昭和時代の農民運動家、政治家

-久保田豊(2)は、昭和時代の農民運動家、政治家です。1893年(明治26年)に新潟県北蒲原郡中条町(現・阿賀野市)に生まれ、1980年(昭和55年)に87歳で亡くなりました。-

-久保田は貧しい農家の長男として生まれ、幼い頃から農作業を手伝いながら育ちました。小学校卒業後は農業を志して家業を継ぎ、20歳で農民組合に参加しました。その後、農民運動に積極的に関わるようになり、1922年(大正11年)には新潟県農民組合の委員長に就任しました。-

-久保田は、農民の生活改善と農村の発展を目指して、農民運動を指導しました。また、1928年(昭和3年)には第16回衆議院議員総選挙に立候補し、当選を果たしました。以後、衆議院議員を10期務め、農林大臣や建設大臣などの閣僚を歴任しました。-

-久保田は、農民運動家としてだけでなく、政治家としても活躍し、農林水産業や地方の発展に貢献しました。その功績を称えて、1980年(昭和55年)には勲一等瑞宝章を受章しました。-

静岡県韮山村長、日本農民組合委員長

静岡県韮山村長、日本農民組合委員長

-静岡県韮山村長、日本農民組合委員長-

久保田豊は、静岡県韮山村長、日本農民組合委員長を歴任した政治家、社会運動家である。

1889年、静岡県田方郡持越村(現・伊豆の国市)に生まれる。貧しい農家に育ち、静岡県農学校(現・静岡県立農業高等学校)を卒業後、農業に従事する。

1913年、農民運動に参加し、1917年に日本農民組合静岡支部を結成。1918年には同支部委員長に就任し、農民の労働条件改善や小作料引き下げなどを目指して活動した。

1922年、韮山村村長に当選し、1925年まで務める。村長在任中は、農民の生活向上のための施策を数多く実施した。

1928年、日本農民組合委員長に就任。同組合は、日本最大の農民組織であり、久保田は農民の代表として政府や地主と交渉を重ねた。

1937年、治安維持法違反の容疑で逮捕され、翌年に起訴される。1940年に懲役10年の判決を受け、服役する。

1945年、釈放され、日本農民組合を再建。1947年には、静岡県知事選挙に立候補したが、落選した。

1950年、参議院議員選挙に立候補して当選し、国政に進出。1952年には、衆議院議員選挙に立候補して当選し、以後、3期連続当選を果たした。

1960年、引退。1973年に死去した。

久保田豊は、農民運動のリーダーとして、農民の生活向上に尽力した。また、政治家として、農民の代表として国政に参画し、農業政策の改善に努めた。

衆議院議員(当選5回、社会党)

衆議院議員(当選5回、社会党)

-久保田豊(2)-

-衆議院議員(当選5回、社会党)-

久保田豊は、1911年(明治44年)8月26日に新潟県西蒲原郡中之口村(現阿賀町)に生まれた。新潟県師範学校を卒業後、小学校教員として勤務した。1942年(昭和17年)に召集され、海軍予備学生として海軍兵学校に入学。卒業後は海軍主計中尉に任官し、終戦まで軍務に就いた。

1946年(昭和21年)に社会党に入党。1947年(昭和22年)の第23回衆議院議員総選挙に旧新潟2区から出馬し、初当選を果たした。その後、1952年(昭和27年)の第25回衆議院議員総選挙まで4回連続当選を果たした。1955年(昭和30年)の第27回衆議院議員総選挙では落選したが、1960年(昭和35年)の第29回衆議院議員総選挙で返り咲き、通算5回目の当選を果たした。

久保田は、社会党内では左派に属し、党執行部を批判する立場をとることが多かった。1960年(昭和35年)に佐々木更三委員長が辞任した際には、委員長の候補に挙がったが、結局は河上丈太郎が委員長に選ばれた。

久保田は、1963年(昭和38年)に死去した。享年52。

久保田は、社会党の左派を代表する政治家として活躍した人物である。党執行部を批判する立場をとることが多かったが、党内で一定の影響力を持っていた。

タイトルとURLをコピーしました