遠藤三郎(2):昭和時代の官僚・政治家

遠藤三郎(2):昭和時代の官僚・政治家

早稲田大学で法律を学ぶ

早稲田大学で法律を学ぶ

-早稲田大学で法律を学ぶ-

1902年、遠藤三郎は早稲田大学の法学科に入学しました。彼はここで、憲法学の権威である美濃部達吉や、民法学者の穂積陳重など、当時の第一線で活躍する法学者たちから学びました。

遠藤三郎は大学在学中に、早稲田雄弁会にも入会し、弁論術を磨きました。また、雑誌『早稲田文学』の発行にも携わり、文学にも親しみました。

1906年に早稲田大学を卒業した遠藤三郎は、国家公務員試験に合格し、大蔵省に入省しました。

農林省に入省し、官僚として活躍

農林省に入省し、官僚として活躍

-農林省に入省し、官僚として活躍-

遠藤三郎は1929年3月、東京帝国大学法学部を卒業後、農林省に入省した。農林省では、農業経済局、食糧庁、林野庁など各局で勤務し、農業政策、食糧政策、林業政策などの政策立案に携わった。1958年には、農林省農産物生産局長に就任し、農業生産の拡大と安定化のための政策を推進した。1963年には、農林省農林次官に就任し、農林水産省のトップとして、農業、林業、水産業の振興を図った。

農林次官在任中、遠藤三郎は、農業基本法の制定(1961年)や、農村地域総合整備事業の創設(1964年)など、日本の農業政策の近代化に大きく貢献した。また、農林省と文部省との連携を強化し、農業教育の振興にも努めた。1966年には、農林大臣に就任し、農業、林業、水産業の振興にさらに力を注いだ。

遠藤三郎は、日本の農業政策の近代化に貢献した功績を認められ、1969年に勲一等瑞宝章を受章した。1972年には、衆議院議員に当選し、政界に進出した。農林水産大臣、内閣官房長官を歴任し、日本の政治の安定と発展に貢献した。1991年に死去した。

政治家として衆議院議員を務める

政治家として衆議院議員を務める

-政治家として衆議院議員を務める-

遠藤三郎の政治家としての経歴は、1952年に衆議院議員選挙に出馬し、当選したことから始まります。彼は自由党の候補者として出馬しましたが、政界に新規参入であり、知名度はあまり高くなかったため、選挙戦は苦戦を強いられました。しかし、彼は粘り強く選挙活動を続け、最終的には対立候補を破って当選を果たしました。

遠藤は衆議院議員に当選後は、自由党の政権を支える立場として活躍しました。1953年には、自由党の総選挙対策本部で選挙運動を担当し、自由党の勝利に貢献しました。また、1954年には、自由党の政調会長として、政策の立案や調整を担当しました。

1955年には、自由党と日本民主党が合併して自由民主党が結成されました。遠藤は自由民主党の結党に参加し、自由民主党の政権を支える立場として引き続き活躍しました。1958年には、自由民主党の総務会長として、党の運営を担当しました。

遠藤は、1959年に衆議院議員を辞職しました。しかし、1960年に再び衆議院議員選挙に出馬し、当選を果たしました。遠藤は衆議院議員に再当選後は、自由民主党の政権を支える立場として引き続き活躍しました。1961年には、自由民主党の総務会長として、党の運営を担当しました。

1962年に遠藤は、自由民主党の幹事長に就任しました。自由民主党の幹事長は、党の最高幹部であり、党の政策決定や選挙運動を統括する重要な役割を担います。遠藤は、幹事長として、自由民主党の政権を支え、党の政策決定や選挙運動を統括しました。

遠藤は、1964年に自由民主党の幹事長を辞任しました。しかし、1965年に再び自由民主党の幹事長に就任しました。遠藤は、幹事長として、自由民主党の政権を支え、党の政策決定や選挙運動を統括しました。

遠藤は、1966年に自由民主党の幹事長を辞任しました。その後は、衆議院議員として、自由民主党の政権を支える立場として活躍しました。1967年に遠藤は、衆議院議員を引退しました。

タイトルとURLをコピーしました