– 小原直

– 小原直

大正-昭和時代の司法官・政治家

大正-昭和時代の司法官・政治家

-小原直-

-大正-昭和時代の司法官・政治家-

小原直(おばら ただし、1880年(明治13年)11月30日 – 1946年(昭和21年)4月10日)は大正から昭和時代にかけての司法官、政治家、枢密院議長。

-経歴-

1880年(明治13年)11月30日、栃木県に生まれる。旧制栃木県立栃木中学校(現・栃木県立栃木高等学校)卒業後、第一高等学校を経て東京帝国大学法科大学卒業後、司法官となる。1913年(大正2年)には検事正に昇進した。

1914年(大正3年)、衆議院議員に当選、政界入りする。1918年(大正7年)には司法大臣に就任、1920年(大正9年)には内務大臣に転任した。その後、1924年(大正13年)には再び Justizminister になり、1927年(昭和2年)には貴族院議員に勅選された。

1937年(昭和12年)、枢密院議長に就任。1945年(昭和20年)まで務めた。1946年(昭和21年)4月10日、死去した。

-功績-

小原直は、司法界と政界の両方で活躍した人物である。司法界では、検察官として活躍し、司法大臣を2度務めた。政界では、衆議院議員と貴族院議員を歴任し、内務大臣も務めた。

枢密院議長としては、第二次世界大戦の終戦に尽力した。1945年(昭和20年)8月14日には、御前会議でポツダム宣言受諾を主張し、終戦に導いた。

小原直は、日本の近代化に貢献した人物の一人である。

法務大臣・内務大臣・厚生大臣を歴任

法務大臣・内務大臣・厚生大臣を歴任

-法務大臣・内務大臣・厚生大臣を歴任-

小原直は、1887年(明治20年)に広島県安芸郡海田市町(現・広島市安芸区海田町)に生まれた。1913年(大正2年)に東京帝国大学法科大学を卒業し、内務省に入省した。内務省では、地方官として各地を歴任し、1924年(大正13年)には警視総監に就任した。1927年(昭和2年)には、原敬内閣で法務大臣に就任し、1929年(昭和4年)には、濱口雄幸内閣で内務大臣に就任した。1931年(昭和6年)には、犬養毅内閣で厚生大臣に就任した。

法務大臣としては、治安維持法の制定に尽力し、内務大臣としては、地方自治制度の改革を推進した。厚生大臣としては、国民健康保険法の制定に尽力した。小原は、1945年(昭和20年)に死去した。

小原は、日本の近代化に貢献した人物の一人である。法務大臣、内務大臣、厚生大臣を歴任し、治安維持法の制定、地方自治制度の改革、国民健康保険法の制定など、数多くの功績を残した。小原の功績は、今日でも高く評価されている。

新潟県出身、東京帝国大学卒業

新潟県出身、東京帝国大学卒業

-新潟県出身、東京帝国大学卒業-

小原直は、1879年3月2日に新潟県中蒲原郡東関屋村(現・新潟市)に生まれました。家は代々医者をしており、父親は外科医でした。小原直も幼い頃から医学に興味を持ち、新潟中学を卒業後、東京帝国大学医科大学に入学しました。

東京帝国大学では、内科を専攻し、1905年に卒業しました。その後、新潟県立病院に勤務し、1907年にはドイツに留学しました。ドイツでは、ベルリン大学で病理学を学び、1909年に帰国しました。

帰国後は、新潟県立病院に戻り、1912年に教授に就任しました。その後、東京帝国大学医科大学の内科学講座の主任教授に就任し、1920年には帝国学士院会員に選ばれました。

小原直は、内科学の分野で多くの業績を残しました。特に、消化器系の疾患に関する研究で知られており、1925年には「消化器病学」という本を出版しました。この本は、消化器系の疾患に関する最初の日本語の教科書であり、多くの医師に影響を与えました。

小原直は、1943年に64歳で亡くなりました。しかし、彼の業績は今もなお高く評価されており、日本の内科学の父と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました