「秋田明大」

「秋田明大」

昭和時代後期の学生運動家

昭和時代後期の学生運動家

-「秋田明大」-

-昭和時代後期の学生運動家-

秋田明大は、1947年11月29日に秋田県大館市に生まれた。父は東北電力社員、母は専業主婦だった。秋田は、幼い頃から勉強熱心で成績優秀だったが、学生時代は、学生運動に熱中し、秋田大学では全共闘運動に参加した。卒業後は、東京大学大学院に進学し、社会学を専攻した。

秋田は、大学院在学中に、日本共産党の党員となり、党の活動に積極的に参加した。1970年代には、反戦運動や反原発運動に参加し、逮捕されることもあった。1980年代には、日本共産党の党員を辞め、市民運動団体を設立して活動した。

秋田は、2011年3月11日に発生した東日本大震災では、被災者の支援活動に奔走した。また、原発反対運動にも積極的に参加し、2012年には、福島県知事選に立候補して落選した。

秋田は、2016年11月29日に、肺癌のため、東京都内の病院で死去した。享年69歳だった。

秋田は、昭和時代後期の学生運動を代表する人物の一人であり、その生涯は、日本の社会運動史の縮図である。秋田の死は、日本の社会運動にとって大きな損失である。

日大全学共闘会議議長として大衆団交を指導

日大全学共闘会議議長として大衆団交を指導

-「秋田明大」-

-日大全学共闘会議議長として大衆団交を指導-

秋田明大は、1938年生まれ。高校時代は日大全学共闘会議の議長を務め、大衆団交を指導。その後、大学入学後は政治経済学部に進学。大学でも学生運動に参加し、1960年の安保闘争では全学共闘会議議長を務めた。

秋田明大の学生運動の原点は、高校時代の日大全学共闘会議議長としての活動である。当時、日本大学は学費値上げ問題や学生自治をめぐって大学当局と学生が対立しており、日大全学共闘会議は大学当局に抗議する運動を展開していた。秋田明大は、日大全学共闘会議の議長として大学当局との大衆団交を指導し、学生の要求を勝ち取った。

大学入学後は、政治経済学部に進学。大学でも学生運動に参加し、1960年の安保闘争では全学共闘会議議長を務めた。安保闘争は、日米安全保障条約の改定に反対する運動で、全国各地で学生や労働者、市民が参加した大規模な運動となった。秋田明大は、全学共闘会議議長として安保闘争を指導し、日米安全保障条約の改定を阻止するのに貢献した。

秋田明大は、学生運動を通して社会問題への関心を高め、社会正義の実現を目指すようになった。大学卒業後は、ジャーナリストとして活動し、社会問題をテーマとした多くの記事や書籍を発表した。また、社会運動にも参加し、市民運動や労働運動を支援した。

秋田明大は、2021年に83歳で亡くなった。しかし、彼の社会問題への関心と社会正義の実現を目指す精神は、今も多くの人々に受け継がれている。

獄中で全国全共闘副議長に選出

獄中で全国全共闘副議長に選出

「獄中で全国全共闘副議長に選出」

秋田県・明桜高校全共闘議長、秋田大学全学共闘議長を務め、秋田全共闘のリーダーとして街頭に出続けた故・佐々木茂尚氏は、1969年12月6日、全国全共闘の結成大会が開かれた時、裁判所から勾留中の獄舎の中で、副議長に選出されました。

1949年に山梨県大月市で生まれた佐々木氏は、1967年に秋田高校に入学。翌68年には明桜高校に転校し、全共闘を結成。学生だけでなく、一般市民も参加する「市民連合共闘会議」を立ち上げました。68年10月には秋田大の入試を阻止し、大学は実質的に封鎖状態に陥りました。大学側は11月に休校を決定。12月には佐々木氏を含む4人が逮捕されて収監されました。高校卒業後に秋田大学経済学部に入学しましたが、すぐに休学して闘争にのめり込むことになったのです。

全国全共闘は1968年12月に結成された連合組織。全国で大学封鎖やバリケード闘争を展開する全共闘や学生自治会連合会などが参加しました。佐々木氏は、秋田県唯一の参加者でした。獄中で副議長に選出された佐々木氏は、秋田の闘争状況を仲間たちに報告しています。それに対し、仲間たちは「出所したらすぐに闘争に復帰させよう」と決意を新たにしました。

佐々木氏は1970年1月20日に釈放されました。釈放後は秋田大に復学しましたが、すぐに再び闘争に身を投じます。そして、1971年4月に開催された「第3回全国全共闘代表者会議」に出席しました。この会議で佐々木氏は、警察の弾圧が強化されている中で、「鉄パイプも茶筒も、それはもう関係ない、肉体で闘う」と訴えました。しかし、佐々木氏は同年6月に逮捕され、再び収監されました。佐々木氏は出所後も闘争を続けましたが、1974年に24歳の若さで亡くなりました。

佐々木氏の闘いは、学生運動にとどまらず、社会運動全体に大きな影響を与えました。佐々木氏の獄中から副議長に選出されたことは、秋田の闘争が全国全共闘の闘いに大きな影響を与えたことを示しています。

タイトルとURLをコピーしました