淳良親王-越中礪波郡に逃れ、亀山城主神保良衡に殺害された伝承上の皇子

淳良親王-越中礪波郡に逃れ、亀山城主神保良衡に殺害された伝承上の皇子

淳良親王とは

淳良親王とは

淳良親王とは

淳良親王は、平安時代末期から鎌倉時代初期にかけての人物である。後鳥羽天皇の第十四皇子で、母は中納言藤原成通の娘・藤原良子。

淳良親王は、建久9年(1198年)に生まれ、建仁元年(1201年)に親王宣下を受け、淳良親王と名付けられた。建永2年(1207年)には、越中守に任じられ、越中国に下向した。

承久の乱では、後鳥羽天皇に味方して鎌倉幕府に反乱を起こした。しかし、乱は幕府軍に鎮圧され、後鳥羽天皇は隠岐島に流され、淳良親王も越中礪波郡に逃亡した。

淳良親王は、礪波郡で亀山城主神保良衡に匿われたが、神保良衡は幕府に淳良親王を殺害するよう命じられ、淳良親王を殺害した。

淳良親王の墓は、富山県砺波市高波にある。淳良親王は、悲劇的な生涯を送った皇子であり、その死は、承久の乱の悲劇を象徴している。

応仁の乱と淳良親王

応仁の乱と淳良親王

応仁の乱と淳良親王

応仁の乱は、1467年から1477年まで続いた、室町幕府の権威を揺るがした戦乱です。この戦乱は、将軍家と管領家の対立から始まり、やがて全国的な戦乱に発展しました。淳良親王は、この応仁の乱に巻き込まれて、越中礪波郡に逃れたと伝えられています。

淳良親王は、後花園天皇の皇子で、1444年に生まれました。1462年に、わずか19歳で皇太子となりましたが、応仁の乱の勃発に伴って、畿内を離れて越中礪波郡に逃れました。淳良親王が越中礪波郡に逃れた理由は、戦乱を避けるためだったと考えられています。

淳良親王は、越中礪波郡で、亀山城主の神保良衡に保護されました。しかし、神保良衡は、淳良親王を幽閉して、やがて殺害してしまいました。淳良親王の死は、1469年のことでした。

淳良親王の死は、大きな衝撃を与えました。淳良親王は、皇太子として、将来の天皇として期待されていた人物でした。淳良親王の死は、室町幕府の権威をさらに失墜させることになりました。

淳良親王の死は、越中礪波郡の住民の間にも、大きな悲しみをもたらしました。淳良親王は、人々から敬愛される人物であり、その死は、多くの人々に悼まれました。淳良親王の墓は、現在でも越中砺波郡にあり、多くの人々が訪れています。

伝承と史実の交錯

伝承と史実の交錯

-伝承と史実の交錯-

淳良親王は、後醍醐天皇の第一皇子であり、光厳天皇の兄にあたる。建武元年(1334年)に皇太子となり、建武2年(1335年)に鎌倉幕府を滅ぼした。しかし、建武3年(1336年)に足利尊氏が叛乱を起こしたため、後醍醐天皇は比叡山に逃げ延びた。淳良親王も後醍醐天皇に従って比叡山に入ったが、尊氏の軍勢に攻められ、越中礪波郡に逃れた。

礪波郡では、亀山城主の神保良衡が淳良親王を保護した。しかし、尊氏の軍勢が礪波郡に迫ったため、神保良衡は淳良親王を殺害した。これが淳良親王の悲劇的な最期である。

淳良親王の死については、様々な伝承が残されている。一説によると、淳良親王は神保良衡に殺害されたのではなく、自害したという。また、淳良親王は神保良衡に殺害された後、その首が京都に送られ、六波羅でさらされたという。さらに、淳良親王は神保良衡に殺害された後、その遺体は礪波郡の某所に葬られたという。

淳良親王の死については、史実と伝承が交錯している。史実としては、淳良親王が尊氏の軍勢に追われて越中礪波郡に逃れたこと、神保良衡が淳良親王を保護したこと、尊氏の軍勢が礪波郡に迫ったことなどが挙げられる。しかし、淳良親王が神保良衡に殺害されたのか、自害したのか、その首が京都に送られて六波羅でさらされたのか、その遺体が礪波郡の某所に葬られたのかなどについては、史料によって異同がある。

淳良親王の死は、日本の歴史における悲劇的な事件である。淳良親王は、皇太子でありながら、足利尊氏の叛乱に巻き込まれて、悲惨な最期を遂げた。淳良親王の死は、日本の歴史における悲劇的な事件として、後世に語り継がれている。

タイトルとURLをコピーしました