光子女王 – 江戸後期の女性

光子女王 – 江戸後期の女性

光子女王の生い立ちと経歴

光子女王の生い立ちと経歴

光子女王の生い立ちと経歴

光子女王は、1779年10月25日、江戸の麹町に、旗本・日野重雄の娘として生まれました。幼名は千枝子。光子という名は、剃髪後の法号であり、一般には通称である「光子女王」の呼称で知られています。

光子女王は、幼い頃から聡明で、漢学や和歌、茶道や華道を学び、12歳の頃には、和歌の会で上覧を賜り、その才能を高く評価されました。また、光子女王は、容姿端麗で、品格があり、人柄も優れていたことから、江戸城の大奥に出仕し、19歳の頃に、第11代将軍・徳川家斉の側室となりました。

光子女王は、家斉の寵愛を受け、1810年に、長女の亀姫を出産しました。亀姫は、後に第12代将軍・徳川家慶の正室となり、光子女王は、将軍家慶の母として、幕府の権勢を握りました。

光子女王は、家斉の死後も、大奥で隠居生活を送りました。そして、1843年に、64歳で逝去しました。光子女王は、その生涯を通じて、幕府の権力の中枢にあり、江戸時代の歴史に大きな影響を与えた女性の一人として知られています。

光子女王と田安慶頼の結婚

光子女王と田安慶頼の結婚

-光子女王と田安慶頼の結婚-

光子女王は、江戸時代後期の女性で、1780年(安永9年)に生まれました。父は閑院宮典仁親王、母は家女房の柳原良子を母に持つ、明治維新期の青蓮院門跡です。光子女王は、1795年(寛政7年)に16歳で当時の田安徳川家当主だった田安慶頼と結婚しました。田安慶頼は、徳川将軍家の分家で、徳川家斉の異母弟でした。

光子女王は、田安家の中で「御台所(おかみさん)」と呼ばれ、慶頼との間に8人の子をもうけました。光子女王は、田安家の中で非常に尊敬されており、慶頼の死後も田安家の当主として家政を執りました。光子女王は、1858年(安政5年)に79歳で亡くなりました。

光子女王と田安慶頼の結婚は、江戸時代後期の政情に大きな影響を与えました。光子女王は、徳川将軍家の分家である田安家と、皇室である閑院宮家の橋渡しとなり、徳川将軍家と皇室の融和を促しました。また、光子女王は、田安家の当主として、幕末の政局にも大きな影響力を持ちました。

光子女王は、江戸時代後期の女性の中で最も重要な人物の一人です。光子女王は、徳川将軍家と皇室の融和を促し、幕末の政局にも大きな影響力を持ちました。光子女王の生涯は、江戸時代後期の政情を知る上で欠かせない存在です。

光子女王の最期と享年

光子女王の最期と享年

-光子女王の最期と享年-

光子女王は、1861年に54歳で亡くなりました。彼女の死因は、乳がんであるとされています。

彼女は、江戸時代後期の女性であり、徳川家定の正室でした。家定が将軍に就任すると、光子女王は御台所となり、江戸城で大奥を治めました。

彼女は、聡明で知られ、家定の政治を支えました。また、大奥の改革も行い、家定の死後も、大奥を取り仕切りました。

しかし、彼女の晩年は、乳がんで苦しめられました。彼女は、病床に伏しつつも、大奥の仕事に尽力しましたが、1861年に亡くなりました。

光子女王の享年は、54歳でした。彼女の死は、江戸幕府に大きな衝撃を与え、多くの国民が悲しみました。

光子女王は、江戸時代後期の女性であり、徳川家定の正室でした。彼女は、聡明で知られ、家定の政治を支えました。また、大奥の改革も行い、家定の死後も、大奥を取り仕切りました。

しかし、彼女の晩年は、乳がんで苦しめられました。彼女は、病床に伏しつつも、大奥の仕事に尽力しましたが、1861年に亡くなりました。

光子女王の享年は、54歳でした。彼女の死は、江戸幕府に大きな衝撃を与え、多くの国民が悲しみました。

タイトルとURLをコピーしました