戸塚文卿 – 大正・昭和時代前期のカトリック司祭、医師

戸塚文卿 – 大正・昭和時代前期のカトリック司祭、医師

戸塚文卿の生涯と功績

戸塚文卿の生涯と功績

-戸塚文卿の生涯と功績-

戸塚文卿は、1886年(明治19年)1月27日、長崎県西彼杵郡琴海村(現在の長崎市琴海町)に生まれた。1902年(明治35年)に長崎県立長崎中学校(現在の長崎県立長崎東高等学校)を卒業後、1906年(明治39年)に東京帝国大学医科大学に入学した。1912年(大正元年)に卒業後、東京帝国大学伝染病研究所(現在の国立感染症研究所)に入所した。

1915年(大正4年)に、戸塚はカトリック教会に入信した。1917年(大正6年)に東京帝国大学医学部助手となり、1918年(大正7年)にカトリック東京教区司祭に叙階された。1919年(大正8年)には、東京府南葛飾郡亀有村(現在の東京都葛飾区亀有)に亀有カトリック教会を設立した。

1922年(大正11年)に、戸塚はローマ教皇庁立グレゴリアン大学に留学し、1925年(大正14年)に神学博士号を取得した。帰国後は、東京帝国大学医学部助教授となり、1928年(昭和3年)にカトリック東京教区司教に任命された。

戸塚は、カトリック東京教区司教として、東京大司教区の設立に尽力した。1937年(昭和12年)に東京大司教区が設立されると、戸塚は初代大司教に就任した。また、戸塚は、カトリック教会の社会事業にも尽力し、1938年(昭和13年)にカトリック社会事業連盟を設立した。

1945年(昭和20年)8月15日、戸塚は原爆投下の影響を受けて被爆した。戸塚は、被爆後もカトリック東京教区司教として、東京大司教区の復興に尽力した。1958年(昭和33年)1月27日、戸塚は東京で死去した。

戸塚は、カトリック教会の指導者として、日本のカトリック教会の発展に貢献した。また、戸塚は、カトリック教会の社会事業にも尽力し、日本の社会福祉の発展に貢献した。

ナザレト・ハウスと聖ヨハネ医院の開設

ナザレト・ハウスと聖ヨハネ医院の開設

-ナザレト・ハウスと聖ヨハネ医院の開設-

戸塚文卿は、明治8年(1875年)長崎県生まれのカトリック司祭、医師です。カトリックの司祭として活動する一方で、医師として社会に貢献しました。

大正11年(1922年)、戸塚文卿は東京の牛込に、清貧と慈善を旨とするナザレト・ハウスを設立しました。ナザレト・ハウスは、貧しい人々や病人を収容する施設として開設されました。戸塚文卿は、ナザレト・ハウスで、人々のために献身的に奉仕しました。

昭和11年(1936年)、戸塚文卿は、東京の九段坂に、聖ヨハネ医院を設立しました。聖ヨハネ医院は、カトリック系の総合病院として開設されました。戸塚文卿は、聖ヨハネ医院の院長として、人々の健康に尽くしました。

戸塚文卿は、昭和22年(1947年)に亡くなりましたが、彼の功績は今もなお語り継がれています。ナザレト・ハウスと聖ヨハネ医院は、戸塚文卿の遺志を引き継いで、人々に奉仕する施設として現在も運営されています。

医療福祉と結核予防事業への貢献

医療福祉と結核予防事業への貢献

医療福祉と結核予防事業への貢献

戸塚文卿は、大正・昭和時代前期に活躍したカトリック司祭であり、医師でもありました。彼は、医療福祉と結核予防事業に大きな貢献をしました。

戸塚文卿は、1873年(明治6年)に長崎県に生まれました。彼は、幼い頃からキリスト教に興味を持ち、1894年(明治27年)にカトリックの洗礼を受けました。その後、彼は司祭になることを志し、1901年(明治34年)に東京の聖ヨゼフ神学校に入学しました。1905年(明治38年)に司祭に叙階され、長崎県の五島列島にある福江教会に赴任しました。

五島列島は、当時、結核が蔓延しており、多くの人がこの病気で亡くなっていました。戸塚文卿は、この状況を改善するため、1909年(明治42年)に五島列島初の結核療養所である「五島慈恵病院」を創設しました。この病院は、結核患者の治療や予防に努め、五島列島の結核死亡率を大幅に低下させることに成功しました。

また、戸塚文卿は、五島列島の医療福祉の向上にも尽力しました。彼は、1912年(大正元年)に五島列島初の私立診療所である「五島診療所」を創設し、1916年(大正5年)には五島列島初の私立病院である「五島病院」を創設しました。これらの医療施設は、五島列島の医療福祉の向上に大きく貢献しました。

戸塚文卿は、1949年(昭和24年)に76歳で亡くなりました。彼は、医療福祉と結核予防事業に生涯を捧げた偉大な司祭でした。

タイトルとURLをコピーしました