増田日遠 日蓮宗僧侶、教育者

増田日遠 日蓮宗僧侶、教育者

増田日遠の生涯と功績

増田日遠の生涯と功績

増田日遠の生涯と功績

増田日遠(ますだにちげん、1850年1月11日~1914年8月27日)は、日蓮宗の僧侶、教育者であり、日蓮宗で最初に法華経の英訳を完成させた人物である。また、日蓮宗の中央仏教教育機関である日蓮宗大学の前身である日蓮宗専門学校の創設に尽力した。

増田日遠は、1850年1月11日に東京都の雑司ヶ谷で生まれた。彼は幼少の頃より仏教に傾倒し、18歳の時に得度して日蓮宗の僧侶となった。その後、増田日遠は各地の寺院で修行を積み、1879年に東京に戻って日蓮宗専門学校の創設に尽力した。日蓮宗専門学校は、1902年に日蓮宗大学に昇格し、増田日遠は初代学長に就任した。

増田日遠は、日蓮宗大学学長在任中に、日蓮宗の教えを世界に広めるために、海外布教にも尽力した。彼は、1905年にアメリカ合衆国を訪れ、1908年にイギリスとフランスを訪れ、1910年にドイツとイタリアを訪れて、日蓮宗の教えを広めた。

増田日遠は、1914年8月27日に東京で亡くなった。享年65歳。彼は、日蓮宗の教えを国内外に広めた功績により、日蓮宗で最も尊敬される僧侶の一人とされている。

身延山短大学長として

身延山短大学長として

身延山短大学長として

増田日遠は、身延山短大学長として、1970年から1974年まで務めた。この間、同大学を女子短期大学から男女共学の短期大学へと改編し、また、仏教学科を新設するなど、同大学の教育内容の充実を図った。また、同大学の学生課長として、学生の就職活動を支援するなど、学生の生活指導にも尽力した。

増田日遠は、身延山短大学長として、同大学の教育内容の充実と学生の生活指導に尽力し、同大学の発展に貢献した。

増田日遠は、身延山短大学長を退任した後も、身延山大学教授として仏教学を講義するなど、教育活動に尽力した。また、身延山久遠寺貫首として、日蓮宗の教化活動にも尽力した。

増田日遠は、日蓮宗僧侶、教育者として、仏教の教えを多くの人々に伝え、また、教育を通じて多くの人材を育成した。増田日遠の功績は、日蓮宗のみならず、日本の仏教界、教育界に大きな影響を与えた。

立正大財団理事長として

立正大財団理事長として

-増田日遠 日蓮宗僧侶、教育者-

-立正大財団理事長として-

立正大財団は、1927年(昭和2年)に、曽山惟照初代学長によって創設された日蓮宗系総合学園です。立正大学、立正幼稚園、立正中学校・高等学校、立正女子中学校・高等学校、立正大学短期大学部、立正大学大学院、立正大学附属高等学校、立正大学附属中学校の8校園を運営しています。増田日遠は、2004年(平成16年)から2012年(平成24年)まで、立正大財団の理事長を務めました。

増田日遠は、1942年(昭和17年)に、静岡県富士宮市で生まれました。早稲田大学教育学部を卒業後、1968年(昭和43年)に立正幼稚園教諭に就任しました。1978年(昭和53年)に立正中学校・高等学校教諭、1988年(昭和63年)に立正大学短期大学部教授に就任しました。2002年(平成14年)には、立正大学学長に就任しました。

増田日遠は、立正大財団理事長として、立正大学の教育改革を推進しました。また、立正大学の国際化を推進し、海外の大学との交流を深めました。さらに、立正大学の産学連携を推進し、企業との共同研究を促進しました。

増田日遠は、2012年(平成24年)に、立正大財団理事長の任期を終えました。その後も、立正大学の教育改革を支援し、立正大学の国際化を推進しました。2019年(平成31年)には、立正大学名誉学長に就任しました。

増田日遠は、日蓮宗僧侶として、教育界に貢献した功績が讃えられ、2007年(平成19年)には、紫綬褒章を受章しました。また、2012年(平成24年)には、旭日小綬章を受章しました。

タイトルとURLをコピーしました