御木徳近→ 大いなる信仰と挑戦の人

御木徳近→ 大いなる信仰と挑戦の人

御木徳近の人生と功績

御木徳近の人生と功績

-御木徳近の人生と功績-

御木徳近は、1883年(明治16年)8月25日に富山県南砺市に生まれました。幼い頃から仏教に親しみ、1904年(明治37年)に東京仏教大学に入学しました。卒業後は、曹洞宗の僧侶となり、各地で布教活動を行いました。

1917年(大正6年)、御木徳近は曹洞宗の管長に就任しました。管長在任中には、曹洞宗の近代化を推進し、宗門の運営を改革しました。また、仏教の海外布教にも力を入れ、1925年(大正14年)には、アメリカ合衆国に曹洞宗の布教所を開設しました。

1945年(昭和20年)、御木徳近は曹洞宗の管長を退任しました。退任後は、曹洞宗の総本山である永平寺に住み、仏教の研究や執筆活動に専念しました。1963年(昭和38年)11月20日に永平寺で遷化しました。

御木徳近は、曹洞宗の近代化に努め、仏教の海外布教にも力を入れました。また、仏教の研究や執筆活動にも熱心に取り組みました。その功績を称え、1964年(昭和39年)には、勲一等瑞宝章が贈られました。

-御木徳近の主な業績-

* 曹洞宗の近代化を推進
* 仏教の海外布教に力を入れ、アメリカ合衆国に曹洞宗の布教所を開設
* 仏教の研究や執筆活動に熱心に取り組む
* 1964年(昭和39年)に勲一等瑞宝章を受章

ひとのみち教団からPL教団への変遷

ひとのみち教団からPL教団への変遷

– 御木徳近→ 大いなる信仰と挑戦の人
-# ひとのみち教団からPL教団への変遷
御木徳近は、大阪府に生まれ、25歳の時に「ひとのみち教団」を創始しました。同教団は、神道と仏教を融合した独自の教義を持ち、短期間のうちに多くの人々を集めました。しかし、1939年に宗教団体法が施行されると、ひとのみち教団は解散を余儀なくされました。

御木徳近は、解散後もひそかに教団の活動を続け、1946年にPL教団を創設しました。PL教団は、ひとのみち教団の教義を継承しつつ、より大衆的な教団を目指しました。そして、全国各地に多くの教会を設立し、短期間のうちに多くの信者を集めました。

御木徳近は、PL教団の教主として、社会福祉事業や教育事業など、様々な事業を展開しました。また、海外にも積極的に布教を行い、世界中にPL教団の信者が生まれました。

御木徳近は、1972年に亡くなりましたが、現在もPL教団は、日本国内外に多くの信者を有する大規模な宗教団体として活動を続けています。

御木徳近の生涯は、大いなる信仰と挑戦に満ちたものでした。彼は、挫折を乗り越えて、PL教団という大規模な宗教団体を築き上げました。また、社会福祉事業や教育事業など、様々な事業を展開し、社会に貢献しました。御木徳近は、20世紀の日本を代表する宗教家の一人として、今日でも多くの人々に敬愛されています。

新日本宗教団体連合会の設立と活動

新日本宗教団体連合会の設立と活動

-大見出し御木徳近→ 大いなる信仰と挑戦の人-

-小見出し新日本宗教団体連合会の設立と活動-

御木徳近は、戦後日本の新宗教界において、大きな影響力を与えた宗教指導者の一人である。彼は、1901年に北海道に生まれ、1926年に宗教団体「大日本妙法蓮華会」を設立した。その後、1952年に「新日本宗教団体連合会」(以下、新宗連)を設立し、会長に就任した。

新宗連は、戦後日本の新宗教界の復興と発展に尽力した組織である。新宗連は、1952年に、御木徳近の呼びかけによって設立された。新宗連の目的は、新宗教団体の地位向上、相互扶助、社会貢献活動の推進などである。新宗連は、設立以来、新宗教団体の発展に貢献してきた。

新宗連は、御木徳近の指導のもと、積極的な活動を行った。新宗連は、毎年、総会を開催し、新宗教団体の代表者が集まって、意見交換を行った。新宗連は、また、機関誌「新宗連」を発行し、新宗教団体の活動や社会問題について、情報を提供した。新宗連は、さらに、社会貢献活動にも積極的に取り組み、災害救助活動や福祉活動などを行った。

新宗連は、御木徳近の指導のもと、戦後日本の新宗教界の復興と発展に貢献した組織である。新宗連は、新宗教団体の地位向上、相互扶助、社会貢献活動の推進などを行い、新宗教団体の発展に寄与した。

タイトルとURLをコピーしました