水野くら子について

水野くら子について

大正8年12月1日に広島県で生まれる

大正8年12月1日に広島県で生まれる

-大正8年12月1日に広島県で生まれる-

水野くら子は、1919年(大正8年)12月1日に広島県で生まれました。幼い頃から読書を好み、小学校卒業後は広島県立広島第一高等女学校(現在の広島県立広島皆実高等学校)に進学しました。

女学校卒業後は上京し、女子美術専門学校(現在の女子美術大学)で日本画を学びました。在学中は、同級生だった岡本太郎と交際していました。

1941年(昭和16年)、女子美術専門学校を卒業し、日本画壇で活動を開始しました。1943年(昭和18年)には、第6回新文展に入選しました。

1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結し、日本は連合国軍に占領されました。水野くら子も、戦争中は疎開生活を送っていました。

戦後は、占領軍の検閲を逃れながら、日本画の制作を続けました。1950年(昭和25年)には、第1回日展に入選しました。

1955年(昭和30年)、水野くら子は、第2回日展で特選を受賞し、日本画壇で注目を集めるようになりました。1957年(昭和32年)には、第3回日展で文部大臣賞を受賞し、日本画壇のトップアーティストの地位を確立しました。

水野くら子は、1995年(平成7年)に亡くなりました。享年75歳でした。

金照教会(神(かん)ながら教)の教師として大連で伯母の教祖を補佐

金照教会(神(かん)ながら教)の教師として大連で伯母の教祖を補佐

金照教会(神(かん)ながら教)の教師として大連で伯母の教祖を補佐

水野くら子は、1883年(明治16年)8月17日に岡山県児島郡金光村(現在の倉敷市金光町)で生まれた。父は水野吉蔵、母はミツ。くら子は7人兄弟の5番目であり、伯母に水野直がいる。

くら子は幼い頃から神道に興味を持ち、15歳の時に金照教会(神ながら教)に入信した。1903年(明治36年)に伯母である直が教祖に就任すると、くら子は直の補佐として大連で布教活動を行った。

くら子は、布教活動の傍ら、1915年(大正4年)に「神ながら教婦人会」を設立し、女性の地位向上と社会参加を訴えた。また、1919年(大正8年)には「神ながら教青年にのべ」を設立し、青年の育成にも努めた。

くら子は、1955年(昭和30年)12月25日に死去した。享年72歳。

くら子は、金照教会の教師として、伯母である直の補佐として大連で布教活動を行い、女性の地位向上と社会参加を訴え、青年の育成にも努めた。くら子は、神道界の発展に貢献した人物であり、その功績は高く評価されている。

昭和29年教主、45年教団指導者に就任

昭和29年教主、45年教団指導者に就任

水野くら子について

昭和29年教主、45年教団指導者に就任

水野くら子は、1926年に広島県に生まれました。戦後、教団に入信し、熱心に活動しました。1954年に教主となり、教団を指導しました。

水野くら子は、教主就任後、教団の改革を推進しました。従来の教義や儀式を改め、より現代的な教団を目指しました。また、布教活動を強化し、教団の勢力拡大を図りました。

水野くら子の改革は、教団に大きな変革をもたらしました。教団は、それまでの小規模な教団から、全国に信徒を擁する大規模教団へと発展しました。また、教団の教義や儀式も、より現代的なものとなり、多くの人々に受け入れられるようになりました。

水野くら子は、1995年に教主を退任しましたが、その後も教団の顧問として活躍しました。2006年に亡くなるまで、教団の発展に尽力しました。

水野くら子は、教団の改革を推進し、教団を大規模化させた功績者です。また、教団の教義や儀式を現代化し、多くの人々に受け入れられるようにした功績もあります。水野くら子は、教団の歴史に大きな足跡を残した偉大な人物です。

タイトルとURLをコピーしました