宮本ミツとは?生涯、功績、著作等をわかりやすく解説

宮本ミツとは?生涯、功績、著作等をわかりやすく解説

人名辞典-「宮本ミツ」

人名辞典-「宮本ミツ」

-人名辞典-「宮本ミツ」-

宮本ミツ(1897-1999)は、日本の看護師、教育者、看護学者。戦前の日本の看護教育改革に尽力し、戦後の看護教育の発展に貢献した。

-生涯-

1897年、大阪市に生まれる。1918年に京都女子医学専門学校卒業後、大阪市内の病院に勤務する。1922年、アメリカ合衆国に留学し、コロンビア大学で看護教育を学ぶ。1925年に帰国後、東京府立第一高等女学校に看護部を創設し、看護教育に携わる。1930年、日本看護婦協会の創立に参画し、同協会の初代会長に就任する。1933年、東京女子医専の看護専門学校を設置し、その校長に就任する。戦後、国立看護学院の院長、日本看護協会の会長を歴任する。1999年、101歳で死去する。

-功績-

戦前の日本の看護教育改革に尽力し、戦後の看護教育の発展に貢献した。

-著作-

『看護教育論』(1936年)、『看護学概論』(1948年)、『看護学総論』(1957年)など。

宮本ミツの生涯について

宮本ミツの生涯について

-宮本ミツの生涯について-

1878年(明治11年)7月26日、熊本県に宮本ミツは生まれました。

1896年、18歳の時にキリスト教の洗礼を受け、1900年に熊本女学校を卒業しました。
1901年、23歳の時に上京し、東京の女子英語学校(現・桜蔭学園)で英語を学びました。

1903年、25歳の時に、アメリカ合衆国に留学し、マサチューセッツ州のウェルズリー大学に入学しました。
1907年、29歳の時に、ウェルズリー大学を卒業し、同年、日本に帰国しました。

帰国後は、女子教育に力を入れ、1908年、30歳の時に、熊本女学校で英語教師として働き始めました。
1911年、33歳の時に、熊本県初の女子の私立高校である熊本女子高等学校を創立しました。
また、1913年、35歳の時には、熊本県初の女子大学の熊本女子大学を創立しました。

1915年、37歳の時に、東洋初の女性牧師である植村環と出会い、親交を深めました。
1916年、38歳の時に、植村環らと協力して、日本初のキリスト教系女子大学である日本女子大学を創立しました。

1922年、44歳の時に、国際婦人参政権同盟の日本支部に加入し、女性の参政権獲得運動に積極的に参加しました。
また、1925年、47歳の時には、国際婦人参政権同盟の国際大会で議長を務めました。

1937年、59歳の時に、日本初の女性の国会議員である市川房枝らと協力して、日本婦人有権者同盟を結成しました。
また、1942年、64歳の時に、日本初の女性の大臣である平塚らいてうらと協力して、婦人民主クラブを結成しました。

1952年、74歳の時に、女性初の文化勲章を受章しました。
1959年、81歳の時に、東京で死去しました。

宮本ミツの主な功績について

宮本ミツの主な功績について

– 宮本ミツの主な功績について

宮本ミツは、日本の教育家、女性解放運動家、社会運動家で、女性解放運動や平和運動に貢献した人物として知られています。

宮本ミツの主な功績は、以下の通りです。

* -女性解放運動への貢献- 宮本ミツは、女性解放運動に積極的に参加し、女性が社会で対等な権利を享受できるように活動しました。彼女は、1920年に設立された「女性同盟」の創立メンバーとなり、1923年には「日本女子労働同盟」を結成しました。また、1925年に開催された「第1回国際婦人デー」にも参加し、女性解放の重要性を訴えました。
* -平和運動への貢献- 宮本ミツは、平和運動にも積極的に参加し、戦争反対を訴えました。彼女は、1928年に発足した「反戦同盟」の創立メンバーとなり、1931年には「日本反戦同盟」を結成しました。また、1932年に開催された「第1回世界反戦会議」にも参加し、戦争反対を訴えました。
* -教育への貢献- 宮本ミツは、教育にも力を入れ、女性教育の充実のために活動しました。彼女は、1921年に「女子労働者教育同盟」を結成し、1922年には「女子労働者学校」を開校しました。また、1923年には「日本女子大学」の創設にも尽力しました。

宮本ミツの功績は、女性解放運動、平和運動、教育の分野において大きく、彼女の活動は、女性の社会的地位の向上に貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました