天埜良吉:昭和の官僚と政治家

天埜良吉:昭和の官僚と政治家

天埜良吉の経歴

天埜良吉の経歴

-天埜良吉の経歴-

天埜良吉(あまの よしきち、1896年(明治29年)8月18日 – 1973年(昭和48年)10月14日)は、昭和期の日本の官僚、政治家。文部次官、衆議院議員、内閣官房長官、内務大臣、法務大臣、農林大臣、国務大臣を務めた。

天埜良吉は1896年(明治29年)8月18日に、福岡県嘉穂郡碓井村(現・嘉麻市)に生まれた。1918年(大正7年)3月に東京帝国大学法学部を卒業し、逓信省に入省した。1921年(大正10年)に内務省に移り、主に地方行政を担当した。1939年(昭和14年)に文部次官に就任した。

1946年(昭和21年)に貴族院議員に勅選され、同年5月22日には貴族院議員を辞職。同年8月28日、第22回衆議院議員総選挙に福岡県第1区から立候補して、当選した。天埜は衆議院議員に連続4回当選し、岸内閣と池田内閣で内閣官房長官を務めた。

1960年(昭和35年)7月19日、第2次池田内閣で内務大臣に就任した。天埜は内務大臣時代に、地方自治法の改正や、警察法の改正を実施した。1961年(昭和36年)7月18日、第2次池田改造内閣で法務大臣に就任した。天埜は法務大臣時代に、刑事裁判の迅速化や、死刑制度の存廃問題に取り組んだ。

1962年(昭和37年)7月10日、第2次池田第2次改造内閣で農林大臣に就任した。天埜は農林大臣時代に、農業基本法の改正や、米価政策の改正を実施した。1963年(昭和38年)12月9日、第3次池田内閣で国務大臣(行政管理庁長官、北海道開発庁長官)に就任した。天埜は国務大臣時代に、行政改革や、北海道開発に取り組んだ。

1967年(昭和42年)1月14日、第1次佐藤内閣で国務大臣(行政管理庁長官、北海道開発庁長官)に再任された。天埜は国務大臣時代に、行政改革や、北海道開発に取り組んだ。1968年(昭和43年)11月30日、第2次佐藤内閣で国務大臣(北海道開発庁長官)に再任された。天埜は国務大臣時代に、北海道開発に取り組んだ。

天埜良吉は1973年(昭和48年)10月14日に死去した。享年77歳。

天埜良吉の政治活動

天埜良吉の政治活動

天埜良吉の政治活動

天埜良吉は、昭和期に活躍した官僚であり、政治家でした。1888年に三重県に生まれ、1912年に東京帝国大学を卒業後、内務省に入省しました。その後、大臣秘書官、京都府知事、内務次官などの要職を歴任しました。

天埜良吉は、政治家として、1932年に衆議院議員に当選し、1939年に文部大臣に任命されました。文部大臣として、教育制度の改革や、国防教育の強化などに尽力しました。

また、天埜良吉は、1940年に大政翼賛会副総裁に就任し、大政翼賛運動を推進しました。大政翼賛運動は、戦時体制下において、国民の思想と行動を統合し、戦争遂行のための総力を結集することを目的としたものでした。

天埜良吉は、1945年に文部大臣を辞任し、1946年に公職追放となりました。戦後は、大学の教授として教鞭を執り、1973年に死去しました。

天埜良吉は、昭和期の政治において重要な役割を果たした人物でした。彼は、文部大臣として教育制度の改革や、国防教育の強化に尽力し、大政翼賛会副総裁として大政翼賛運動を推進しました。

天埜良吉の業績

天埜良吉の業績

-天埜良吉の業績-

天埜良吉は、昭和の時代を代表する官僚であり政治家です。

彼は、1884年に東京で生まれ、東京帝国大学法学部を卒業後、司法省に入省しました。

その後、内務省に転じ、1924年に警視総監に就任しました。

1928年には、貴族院議員に勅選され、1930年には内務次官に昇進しました。

1931年には、犬養内閣で文部大臣に就任し、1932年には、斎藤内閣で内務大臣に就任しました。

1934年には、広田内閣で文部大臣に再任され、1936年には、林内閣で内務大臣に再任されました。

1937年には、近衛内閣で文部大臣に三度就任し、1938年には、平沼内閣で内務大臣に三度就任しました。

1939年には、阿部内閣で文部大臣に四度就任しましたが、すぐに総辞職しました。

その後、天埜良吉は、貴族院議長に就任し、1945年までその職にありました。

戦後は、公職追放となり、1948年に死去しました。

天埜良吉の業績は、大きく分けて二つあります。

第一は、警視総監としての業績です。

天埜良吉は、警視総監に就任すると、まず、警察の組織と人員を拡充しました。

また、犯罪捜査の強化を図り、犯罪率を低下させることに成功しました。

さらに、天埜良吉は、交通安全対策にも力を入れ、交通事故を減少させることに成功しました。

第二は、文部大臣としての業績です。

天埜良吉は、文部大臣に就任すると、まず、教育制度の改革に着手しました。

彼は、小学校の義務教育年限を8年に延長し、中等教育を拡充しました。

また、天埜良吉は、大学教育の充実にも力を入れ、多くの大学を設立しました。

さらに、彼は、科学研究の振興を図り、多くの科学者を育成しました。

天埜良吉の業績は、日本の近代化に大きく貢献したと言えます。

彼は、警察の近代化、教育制度の改革、科学研究の振興など、多くの分野で功績を残しました。

彼の功績は、今日でも高く評価されています。

タイトルとURLをコピーしました