青木竜山:陶芸の巨匠の生涯と作品

青木竜山:陶芸の巨匠の生涯と作品

陶芸界の巨匠:青木竜山の生涯

陶芸界の巨匠:青木竜山の生涯

-陶芸界の巨匠青木竜山の生涯-

青木竜山は、1898年に福岡県で生まれました。幼い頃から陶芸に興味があり、1915年に上京して陶芸を学び始めました。その後、京都に移り住み、陶芸家として活動を始めました。

青木竜山は、独自の作風で知られており、その作品は国内外で高く評価されています。彼の作品は、伝統的な技法をベースにしながらも、現代的な感覚を取り入れた斬新なデザインが多く、陶芸界に大きな影響を与えました。

青木竜山の代表作の一つは、「青磁花瓶」です。この作品は、青磁釉薬を用いて作られた花瓶で、その美しい青色は多くの人を魅了しました。また、青木竜山は、陶芸だけでなく、書道や絵画にも才能を示し、その多才ぶりでも知られています。

青木竜山は、陶芸界に多大な貢献をした功績が認められ、1970年に文化功労者に選出されました。また、1976年には、日本芸術院会員に推挙されました。青木竜山は、1980年に82歳で亡くなりましたが、彼の作品は現在でも多くの人々に愛され続けています。

青木竜山の生涯は、陶芸に対する情熱と、それを追求する不屈の精神に満ちたものでした。彼の作品は、その卓越した技術と美意識を今なお私たちに伝えてくれています。

黒天目作品で知られる青木竜山

黒天目作品で知られる青木竜山

-青木竜山陶芸の巨匠の生涯と作品-

-黒天目作品で知られる青木竜山-

青木竜山は、1891年(明治24年)に石川県金沢市に生まれた陶芸家です。本名は青木文吾。幼少期から絵画や彫刻を学び、1913年(大正2年)に東京美術学校(現東京藝術大学)彫刻科に入学します。しかし、すぐに陶芸科に転科し、1916年(大正5年)に卒業します。

卒業後は、京都で陶芸家を志し、陶芸家・板谷波山の門下生となります。板谷波山の元で、竜山は黒天目釉薬の技法を学び、独自の作風を確立します。1922年(大正11年)には、帝国美術院展に初入選を果たし、その後も数々の展覧会に出品を重ねます。

1936年(昭和11年)には、日本工芸会会員に推挙され、1940年(昭和15年)には、東京美術学校教授に就任します。戦後も、精力的に作陶を続け、1959年(昭和34年)には、日本芸術院会員に選出されます。1962年(昭和37年)には、文化勲章を受章し、1975年(昭和50年)に死去しました。

青木竜山の作品は、黒天目釉薬を用いたものが多く、その深みのある黒色は「竜山黒」と呼ばれ、高い評価を得ています。また、陶器や磁器だけでなく、ガラスや金属などの異素材を組み合わせた作品も制作しています。

青木竜山の作品は、国内外の美術館や博物館に所蔵されており、その芸術性は高く評価されています。陶芸の巨匠として、日本の陶芸界に大きな足跡を残しました。

-青木竜山の黒天目作品-

青木竜山の黒天目作品は、その深みのある黒色が特徴です。黒天目釉薬は、鉄分を多く含んだ釉薬で、焼成すると黒色になります。竜山は、この黒天目釉薬を巧みに使い、独特の作風を確立しました。

竜山の黒天目作品は、シンプルな形のものが多いです。しかし、そのシンプルな形の中に、竜山の深い芸術性が込められています。竜山の黒天目作品は、見る人に静寂さと安らぎを与えます。

竜山の黒天目作品は、国内外の美術館や博物館に所蔵されており、その芸術性は高く評価されています。竜山の黒天目作品は、日本の陶芸界に大きな足跡を残しました。

芸術院賞を受賞した「胡沙の舞」

芸術院賞を受賞した「胡沙の舞」

-芸術院賞を受賞した「胡沙の舞」-

青木竜山の代表作のひとつに、1972年に芸術院賞を受賞した「胡沙の舞」がある。この作品は、高さ約1メートル、幅約2メートルの大きな陶板で、胡沙の舞を踊る4人の女性の姿が描かれている。

胡沙の舞は、奈良県の吉野地方に伝わる伝統芸能で、豊作や厄除けを祈願して奉納される。4人の踊り手が、胡沙という楽器に合わせて踊るもので、優雅で美しい舞踊である。

青木竜山は、この胡沙の舞に魅せられ、その姿を陶板に表現した。胡沙の舞を踊る4人の女性の姿は、躍動感あふれる筆致で描かれており、その表情には生き生きとした生命感が感じられる。

また、陶板の色使いも絶妙で、胡沙の舞の華やかな雰囲気を巧みに表現している。この作品は、青木竜山の高い技術と芸術性が遺憾なく発揮された傑作であり、現在では東京国立近代美術館に所蔵されている。

「胡沙の舞」は、青木竜山の代表作のひとつであり、彼の芸術性を象徴する作品である。この作品は、現在でも多くの人々に愛されており、青木竜山の功績を伝える貴重な作品となっている。

タイトルとURLをコピーしました