東屋三郎 – 大正から昭和前期に活躍した舞台俳優

東屋三郎 – 大正から昭和前期に活躍した舞台俳優

東屋三郎の生涯

東屋三郎の生涯

-東屋三郎の生涯-

1892年(明治25年)1月15日、東京府神田区に生まれる。本名は東屋三郎。

1913年(大正2年)、早稲田大学英文科に入学。在学中に演劇部に所属し、舞台俳優としてデビューする。

1915年(大正4年)、早稲田大学を卒業。同年、松竹蒲田撮影所に入社し、映画俳優としてもデビューする。

1923年(大正12年)、関東大震災が発生。松竹蒲田撮影所は焼失し、東屋三郎は映画俳優としての活動を一時休止する。

1924年(大正13年)、東屋三郎は舞台俳優として活動を再開する。1926年(大正15年)には、新劇団「築地小劇場」に入団する。

1928年(昭和3年)、東屋三郎は築地小劇場を退団し、フリーの舞台俳優となる。同年、イプセンの戯曲「人形の家」の日本初演に出演する。

1930年(昭和5年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の日本初演に出演する。

1931年(昭和6年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、チェホフの戯曲「桜の園」の日本初演に出演する。

1932年(昭和7年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、ゴーゴリの戯曲「検察官」の日本初演に出演する。

1933年(昭和8年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、イブセンの戯曲「幽霊」の日本初演に出演する。

1934年(昭和9年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの戯曲「ワーニャ伯父さん」の日本初演に出演する。

1935年(昭和10年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、シェイクスピアの戯曲「マクベス」の日本初演に出演する。

1936年(昭和11年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、イブセンの戯曲「野鴨」の日本初演に出演する。

1937年(昭和12年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、チェホフの戯曲「三人姉妹」の日本初演に出演する。

1938年(昭和13年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、モリエールの戯曲「偽善者」の日本初演に出演する。

1939年(昭和14年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、ゴーゴリの戯曲「死せる魂」の日本初演に出演する。

1940年(昭和15年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「オセロ」の日本初演に出演する。

1941年(昭和16年)、太平洋戦争が勃発。東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、舞台俳優としての活動を休止する。

1945年(昭和20年)、太平洋戦争が終結。東屋三郎は舞台俳優としての活動を再開する。

1946年(昭和21年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの戯曲「桜の園」の再演に出演する。

1947年(昭和22年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、イプセンの戯曲「人形の家」の再演に出演する。

1948年(昭和23年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の再演に出演する。

1949年(昭和24年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、チェホフの戯曲「ワーニャ伯父さん」の再演に出演する。

1950年(昭和25年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、モリエールの戯曲「偽善者」の再演に出演する。

1951年(昭和26年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、ゴーゴリの戯曲「死せる魂」の再演に出演する。

1952年(昭和27年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「オセロ」の再演に出演する。

1953年(昭和28年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、イプセンの戯曲「人形の家」の再演に出演する。

1954年(昭和29年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの戯曲「桜の園」の再演に出演する。

1955年(昭和30年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の再演に出演する。

1956年(昭和31年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの戯曲「ワーニャ伯父さん」の再演に出演する。

1957年(昭和32年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、モリエールの戯曲「偽善者」の再演に出演する。

1958年(昭和33年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、ゴーゴリの戯曲「死せる魂」の再演に出演する。

1959年(昭和34年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、シェイクスピアの戯曲「オセロ」の再演に出演する。

1960年(昭和35年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、イプセンの戯曲「人形の家」の再演に出演する。

1961年(昭和36年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、チェホフの戯曲「桜の園」の再演に出演する。

1962年(昭和37年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の再演に出演する。

1963年(昭和38年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、チェホフの戯曲「ワーニャ伯父さん」の再演に出演する。

1964年(昭和39年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、モリエールの戯曲「偽善者」の再演に出演する。

1965年(昭和40年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、ゴーゴリの戯曲「死せる魂」の再演に出演する。

1966年(昭和41年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、シェイクスピアの戯曲「オセロ」の再演に出演する。

1967年(昭和42年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、イプセンの戯曲「人形の家」の再演に出演する。

1968年(昭和43年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの戯曲「桜の園」の再演に出演する。

1969年(昭和44年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を解散し、再びフリーの舞台俳優となる。同年、シェイクスピアの戯曲「ハムレット」の再演に出演する。

1970年(昭和45年)、東屋三郎は「東屋三郎一座」を再結成する。同年、チェホフの

東屋三郎の演劇活動

東屋三郎の演劇活動

-東屋三郎の演劇活動-

東屋三郎は、大正から昭和前期に活躍した舞台俳優です。彼は、1893年に東京に生まれ、1916年に早稲田大学を卒業後、新劇団「築地小劇場」に入団しました。築地小劇場は、坪内逍遙が創設した劇団で、近代演劇の草分け的存在でした。東屋三郎は、築地小劇場で、イプセンやチェーホフなどの近代劇に出演し、その演技力が評価されました。

1924年、東屋三郎は、築地小劇場を退団し、独立して演劇活動を続けました。彼は、1927年に「東屋三郎劇団」を結成し、全国各地で公演を行いました。東屋三郎劇団は、近代劇だけでなく、歌舞伎や浄瑠璃などの伝統芸能も上演し、幅広い観客に人気を博しました。

1933年、東屋三郎は、映画「忠臣蔵」に出演し、大ヒットしました。この映画をきっかけに、東屋三郎は、映画俳優としても活躍するようになりました。彼は、その後も数多くの映画に出演し、国民的な俳優となりました。

東屋三郎は、1960年に、70歳で亡くなりました。彼は、日本の演劇界に大きな功績を残した偉大な俳優です。

-東屋三郎の代表的な舞台作品-

* イプセン「人形の家」
* チェーホフ「かもめ」
* シェイクスピア「ロミオとジュリエット」
* 歌舞伎「勧進帳」
* 浄瑠璃「義経千本桜」

-東屋三郎の代表的な映画作品-

* 忠臣蔵(1933年)
* 維新の嵐(1934年)
* 次郎長三国志(1936年)
* 伊豆の踊子(1933年)
* 人生劇場(1941年)

東屋三郎の主な出演作品

東屋三郎の主な出演作品

-東屋三郎の主な出演作品-

* -舞台-
* 『血と砂』(1923年)
* 『桜の園』(1924年)
* 『ハムレット』(1925年)
* 『マクベス』(1926年)
* 『リア王』(1927年)
* 『椿姫』(1928年)
* 『人形の家』(1929年)
* 『スペードの女王』(1930年)
* 『アンナ・カレニナ』(1931年)
* 『復活』(1932年)
* -映画-
* 『忠魂義烈 実録忠臣蔵』(1922年)
* 『鞍馬天狗』(1923年)
* 『修羅八荒』(1924年)
* 『荒神山』(1925年)
* 『黒龍丸』(1926年)
* 『地獄の虫』(1927年)
* 『上海の颱風』(1928年)
* 『江戸城決死隊』(1929年)
* 『維新の嵐』(1930年)
* 『天保水滸伝』(1931年)
* -テレビドラマ-
* 『大河ドラマ / 花の生涯』(1963年)
* 『大河ドラマ / 樅ノ木は残った』(1970年)
* 『大河ドラマ / 勝海舟』(1974年)
* 『大河ドラマ / 花神』(1977年)
* 『大河ドラマ / 竜馬がゆく』(1968年)

タイトルとURLをコピーしました