大原清之助 – 細菌学者、小児科学者

大原清之助 – 細菌学者、小児科学者

疫痢病原菌の発見と論争

疫痢病原菌の発見と論争

-疫痢病原菌の発見と論争-

大原清之助は、1897年に志賀潔とともに赤痢菌を発見したことで知られている。赤痢菌は、赤痢を引き起こす細菌である。赤痢は、世界中で下痢による死亡の主要な原因である。

大原清之助は、1865年に熊本県で生まれた。1890年に東京帝国大学を卒業し、細菌学を研究し始めた。1894年に志賀潔とともに赤痢菌を発見した。赤痢菌の発見は、赤痢の治療法の開発に大きく貢献した。

しかし、赤痢菌の発見は、論争を引き起こした。志賀潔と大原清之助は、赤痢菌が赤痢を引き起こす原因であると主張したが、他の科学者たちは、赤痢菌は赤痢を引き起こさない単なる常在細菌であると主張した。この論争は、1900年に志賀潔と大原清之助が赤痢菌の純粋培養に成功するまで続いた。

赤痢菌の純粋培養の成功は、赤痢の治療法の開発に大きく貢献した。1901年に志賀潔は、赤痢菌に対する血清療法を開発した。血清療法は、赤痢の死亡率を大幅に低下させた。1920年には、赤痢菌に対するワクチンが開発され、赤痢の予防に大きな効果があった。

大原清之助は、赤痢菌の発見と論争に大きく貢献し、赤痢の治療法の開発に大きな役割を果たした。

小児科部長および大学教授への就任

小児科部長および大学教授への就任

-小児科部長および大学教授への就任-

大原清之助は1900年、東京帝国大学医学部を卒業し、同大学医学部の小児科に入局しました。1903年には、同大学の小児科助教授に任命されました。1907年、東京帝国大学医学部教授に就任し、1910年、東京帝国大学医学部附属小児病院の院長に就任しました。

大原清之助は、小児科部長および大学教授として、小児医学の発展に大きく貢献しました。彼は、小児科の臨床と研究を積極的に行い、多くの業績を残しました。また、彼は、小児科の専門医の養成にも尽力し、多くの医師を育成しました。

大原清之助は、小児科学の発展に貢献した功績が認められ、1917年、東京帝国大学総長に就任しました。また、彼は、1920年、日本医師会の会長に就任し、日本の医師会の発展にも貢献しました。

大原清之助は、1926年に死去しましたが、彼の業績は現在でも高く評価されています。彼は、日本の小児科学の父と呼ばれており、小児医学の発展に大きく貢献した功績が称えられています。

顕彰と死

顕彰と死

顕彰と死

大原清之助の学説や研究成果は、国内外で高く評価されました。1950年、日本医師会の最高栄誉である「日本医師会最高優功賞」を受賞し、1958年には、世界保健機関(WHO)の「小児保健世界表彰賞」を受賞しました。また、1961年には、日本学士院会員に選出されました。

大原清之助は、1962年4月17日、東京都渋谷区の自宅で死去しました。79歳でした。その死は、医学界のみならず、広く国民に大きな衝撃を与えました。大原の死後、彼の功績を称えるために、多くの顕彰が行われました。

1964年、大原清之助の出身地である和歌山県有田郡湯浅町に、大原清之助記念館が設立されました。記念館には、大原の遺品や業績に関する資料が展示されています。また、大原清之助の顕彰碑が、東京大学の医学部構内や、和歌山県有田郡湯浅町の湯浅城址公園などに建立されています。

大原清之助は、細菌学者として、小児科学者として、偉大な功績を残した人物です。彼の功績は、今日でもなお、多くの人々に敬意を持って受け継がれています。

タイトルとURLをコピーしました