瓜生重 – 鎌倉・南北朝時代の武将

瓜生重 – 鎌倉・南北朝時代の武将

概要

概要

-瓜生重 – 鎌倉・南北朝時代の武将-

-概要-

瓜生重(うりゅう しげ、1302年? – 1353年6月26日)は、鎌倉時代末期から南北朝時代の武将。南北朝初期に活躍した鎌倉幕府の有力御家人。尊氏・直義兄弟の宿老。諱は重(しげ)、通称は次郎(じろう)。号は九郎兵衛(くろうべえ)。

瓜生氏は、近江国野洲郡瓜生(滋賀県野洲市)を本貫とする。代々鎌倉幕府に仕え、鎌倉時代には引付衆や常陸常陸守などを歴任。瓜生重も承久の乱後に幕府に仕え、嘉暦2年(1327年)に豊前守になる。

元弘元年(1331年)、鎌倉幕府が倒れると、瓜生重は足利尊氏に従って上洛。建武の新政に参加する。建武3年(1336年)、尊氏が鎌倉で反乱を起こすと(中先代の乱)、瓜生重もこれに従う。尊氏・直義兄弟の宿老として、各地を転戦して武功を挙げる。

建武4年(1337年)、尊氏が京都に室町幕府を開くと、瓜生重は幕府の評定衆に任命される。その後も、尊氏・直義兄弟の信頼を得て、幕府の重臣として活躍。正平8年(1353年)、「観応の擾乱」で尊氏と直義が分裂すると、瓜生重は尊氏方に付き、九州で直義方の軍勢と戦う。

正平8年(1353年)6月26日、九州征伐中の豊前国に於いて、元寇で新羅勢の捕虜となった高麗人達が、瓜生重を襲撃し殺す。享年52。高麗人による襲撃理由は定かではないが、元寇の高麗の人的被害を巻き込んだ形になり、複雑な感情が絡み合ったとされる。

瓜生重の死後、嫡男・瓜生重継は室町幕府に仕え、赤松円心に従って九州で戦う。その後、瓜生氏は備前国に土着し、戦国大名となり、備前瓜生庄を領して、備前国の戦国大名として活躍したが、浦上氏に滅ぼされた。

南朝方に付き挙兵

南朝方に付き挙兵

-南朝方に付き挙兵-

瓜生重は、鎌倉・南北朝時代の武将です。本姓は源氏、清和源氏頼光流を出自とします。瓜生氏は、近江国(滋賀県)出身の氏族で、重は瓜生保(現在の滋賀県東近江市瓜生地区)の領主でした。

重は、初めは鎌倉幕府に仕えていました。しかし、1331年(正慶2年)に後醍醐天皇が倒幕の兵を挙げると、重は南朝方に付き、挙兵しました。重は、近江国で挙兵し、幕府軍と戦いましたが、敗れて九州に逃れました。

1333年(元弘3年)に、後醍醐天皇が京都に帰還すると、重も京都に戻り、南朝の武将として活躍しました。重は、1336年(建武3年)に北朝方の足利尊氏の軍と戦い、討ち死にしました。

重は、南朝方の武将として最後まで戦い抜いた忠義の武将でした。重の死後、瓜生氏は衰退しましたが、江戸時代には旗本として存続しました。

-重の挙兵の背景-

重が南朝方に付き、挙兵した背景には、鎌倉幕府に対する不満がありました。鎌倉幕府は、1192年(建久3年)に源頼朝が鎌倉に幕府を開いて以来、1333年(元弘3年)まで続きましたが、重の時代には幕府の権力は衰えていました。

幕府の権力が衰えた原因の一つは、御家人の離反でした。御家人は、幕府に仕える武士のことですが、鎌倉時代後期には、御家人の多くが幕府に対して不満を抱いていました。御家人の不満は、幕府の政策や幕府の権力者の横暴が原因でした。

重も、幕府の政策や幕府の権力者の横暴に不満を抱いていました。重は、幕府の政策によって、瓜生氏の領地が没収されることを恐れていました。また、重は、幕府の権力者が横暴を働いていることを知り、幕府に対して怒りを感じていました。

重は、幕府に対する不満を募らせ、1331年(正慶2年)に南朝方に付き、挙兵しました。重の挙兵は、鎌倉幕府に対する御家人の不満の高まりを象徴するものでした。

義貞のもとで戦い、その後消息不明に

義貞のもとで戦い、その後消息不明に

– 義貞のもとで戦い、その後消息不明に

瓜生重は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将である。播磨国佐用郡(現在の兵庫県佐用町)に生まれ、若い頃から武術を学び、弓馬の達人として知られた。

正中の変で後醍醐天皇が倒された後、瓜生重は楠木正成に従って挙兵し、各地を転戦した。元弘3年(1333年)、後醍醐天皇が鎌倉を攻略した際には、瓜生重もその軍に加わり、鎌倉幕府を滅亡に追い込んだ。

建武の新政が始まると、瓜生重は後醍醐天皇から播磨国の守護に任命された。しかし、建武2年(1334年)に足利尊氏が後醍醐天皇に反旗を翻したため、瓜生重も尊氏に味方した。尊氏が京都を攻略した後は、瓜生重も尊氏に従って各地を転戦し、功績を挙げた。

南北朝が分立した後は、瓜生重は南朝方に属し、後醍醐天皇の皇子である護良親王に従って戦った。しかし、延元4年/建武5年(1338年)、尊氏が九州を攻略した際に、瓜生重は捕らえられ、鎌倉に送られて処刑された。

瓜生重は、鎌倉時代末期から南北朝時代にかけて活躍した武将であり、その武勇は広く知られていた。しかし、尊氏に捕らえられて処刑されたため、その後消息不明となっている。

タイトルとURLをコピーしました