青木新兵衛 – 織豊と江戸の変わり目生きた武人

青木新兵衛 – 織豊と江戸の変わり目生きた武人

戦で活躍した青木新兵衛

戦で活躍した青木新兵衛

青木新兵衛は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武将です。青木新兵衛は、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕え、数々の戦いで功績をあげました。

青木新兵衛は永禄2年(1559)、美濃の斎藤氏に仕えていた青木一矩の三男として生まれました。青木一矩は斎藤道三の重臣として活躍していたため、青木新兵衛も斎藤氏の家臣として育ちました。

元亀元年(1570)、斎藤氏は織田信長に滅ぼされ、青木新兵衛は織田信長に仕えることになりました。青木新兵衛は、本能寺の変後、豊臣秀吉に仕え、九州平定や朝鮮出兵で功績をあげました。

関ヶ原の戦いでは、青木新兵衛は徳川家康に味方し、東軍として参戦しました。関ヶ原の戦いで青木新兵衛は、福島正則隊と戦って大いに功績を上げました。

関ヶ原の戦い後、青木新兵衛は徳川家康から信濃飯田藩2万石を与えられ、譜代大名として仕えました。青木新兵衛は寛永元年(1624)まで飯田藩主を務め、その後、隠居して江戸で余生を送りました。

青木新兵衛は、戦国時代から江戸時代初期にかけて活躍した武人であり、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康の三英傑に仕えて数々の戦いで功績をあげました。青木新兵衛は、武勇に優れていただけではなく、人柄も良く、領民からも慕われていました。

結城秀康との出会い

結城秀康との出会い

結城秀康との出会い

青木新兵衛と結城秀康の出会いは、豊臣秀吉の天下統一の過程で起こりました。1590年、秀吉は小田原城を攻略するために大軍を動かしました。この時、青木新兵衛は秀吉の直轄軍に属しており、小田原城攻めに参加しました。一方、結城秀康は徳川家康の養子となっており、家康の軍勢に加わっていました。小田原城攻めは秀吉の勝利に終わり、徳川家康は関東地方に移封されることになりました。結城秀康も家康に従って関東に移り、結城藩の藩主となりました。

青木新兵衛と結城秀康は、関東に移封された後も親交を深めました。秀康は、新兵衛の武勇と智謀を高く評価し、新兵衛を重臣として登用しました。新兵衛も秀康に忠誠を誓い、秀康の領国経営を支えました。秀康は、新兵衛の活躍によって領国を安定させ、関東地方で勢力を拡大しました。

青木新兵衛と結城秀康の出会いは、新兵衛の武功と秀康の英明さを物語るエピソードです。新兵衛と秀康は、豊臣秀吉の天下統一の過程で出会い、その後も親交を深めました。新兵衛は秀康の重臣として活躍し、秀康は新兵衛の働きによって領国を安定させました。新兵衛と秀康の出会いは、織豊と江戸の変わり目生きた武人の姿を示すものです。

金沢での晩年

金沢での晩年

金沢での晩年

青木新兵衛は、天正13年(1585年)に豊臣秀吉の九州平定に参陣した際に、黒田如水の先鋒として活躍し、彼の手柄により豊臣秀吉は青木新兵衛を気に入り、500石の加増を命じ、石川県にある加賀国江沼郡御馬に城を築城し、御馬城主となった。

新兵衛は、その城を拠点に、加賀藩主である前田利家や、その嫡男である前田利長とも親しく交流し、茶道を嗜み、書画にも長けていた。新兵衛は、茶人として、前田利家や前田利長と茶会を催し、また、書画にも長けており、その作品は、前田家や九谷藩主である青木家などに現存している。

新兵衛は、その生涯において、豊臣秀吉、徳川家康、そして前田利家や前田利長など、戦国時代から江戸時代初期にかけての政権や武将たちと親しく交流し、茶道や書画などの文化にも造詣が深く、その功績は、歴史において高く評価されている。

新兵衛の最期は、享保13年(1728年)12月20日に、金沢の浅野氏邸にて亡くなった。享年94歳であった。新兵衛の墓は、金沢市の宝円寺にあり、その遺徳を偲ぶ人々によって、今も大切に祀られている。

タイトルとURLをコピーしました