榎倉省吾-日本洋画家

榎倉省吾-日本洋画家

榎倉省吾の生涯と功績

榎倉省吾の生涯と功績

-榎倉省吾の生涯と功績-

榎倉省吾は、1898年1月1日に北海道札幌市に生まれました。幼い頃から絵を描くことが好きで、1918年に東京美術学校に入学しました。在学中に、白馬会展に出品した作品が特選となり、注目を集めました。1922年に卒業後は、フランスに留学し、パリの私立美術学校で学びました。1927年に帰国後は、白馬会展や二科展に出品を続け、1935年に白馬会会員に推挙されました。

1940年、榎倉省吾は太平洋戦争に出兵し、満州で兵役に就きました。1945年に復員後は、制作活動を再開し、1946年に文化勲章を受章しました。1955年には、日本美術院の会員に推挙され、1960年には芸術院会員に任命されました。

榎倉省吾の作品は、主に風景画で、フランスの印象派の影響を受けています。しかし、日本の伝統的な絵画の技法も取り入れており、独自の世界観を築き上げました。彼の作品は、日本の洋画界に大きな影響を与え、多くの画家たちに尊敬されました。

榎倉省吾は、1970年11月19日に東京で亡くなりました。享年72歳でした。彼の作品は、現在も多くの美術館やギャラリーで所蔵されており、今もなお多くの人々に愛されています。

榎倉省吾の主な作品としては、以下のものがあります。

* 「白馬会展出品作」(1922年)
* 「パリの風景」(1926年)
* 「帰郷」(1946年)
* 「山陰の風景」(1955年)
* 「瀬戸内海の風景」(1960年)

これらの作品は、榎倉省吾の画風の変遷や、彼を取り巻く時代の様子を垣間見ることができます。

榎倉省吾の作風と特徴

榎倉省吾の作風と特徴

-榎倉省吾の作風と特徴-

榎倉省吾は、日本洋画家であり、1891年に北海道函館市に生まれ、1957年に東京都で亡くなりました。榎倉省吾の作風は、ヨーロッパの印象派の影響を受け、柔らかな光と色を駆使した風景画が特徴でした。また、静物画や人物画も描きました。

榎倉省吾は、1915年に東京美術学校を卒業し、その後、ヨーロッパに留学します。ヨーロッパでは、フランスの画家であるクロード・モネやピエール=オーギュスト・ルノワールの作品に影響を受け、印象派の技法を学びました。そして、1921年に帰国し、東京で洋画の制作を始めます。

榎倉省吾の作品は、日本の風景や風物を描いたものが多く、その中でも、北海道の風景を描いた作品が特に有名です。榎倉省吾の北海道の風景画は、柔らかな光と色で描かれており、北海道の雄大な自然の美しさを表現しています。また、榎倉省吾は、静物画や人物画も描きましたが、それらの作品でも、柔らかな光と色が特徴的です。

榎倉省吾の作品は、日本の近代洋画史において重要な位置を占めています。榎倉省吾は、ヨーロッパの印象派の技法を日本に導入し、日本の洋画の発展に貢献しました。また、榎倉省吾の作品は、日本の風景や風物を描いたものが多く、日本の近代洋画史において重要な位置を占めています。

榎倉省吾は、1930年に帝国美術院の会員に、1954年に日本芸術院の会員に選ばれました。また、榎倉省吾の功績を称えて、1959年に函館市に榎倉省吾美術館が開館しました。榎倉省吾美術館には、榎倉省吾の作品約500点が収蔵されており、その作品を鑑賞することができます。

榎倉省吾の代表作

榎倉省吾の代表作

– 榎倉省吾の代表作

榎倉省吾は、日本の洋画家。1879年、東京都に生まれる。東京美術学校を卒業後、1912年に渡仏し、パリのアカデミー・ジュリアンで学ぶ。その後、フランス各地を旅し、1920年に帰国。1922年、二科会に出品し、特選を受賞。以降、二科展に積極的に出品し、1936年には二科会の運営委員となる。1946年、日本美術院に加入し、1952年には日本美術院の運営委員となる。1956年、文化勲章を受章。1963年、東京都で死去。

榎倉省吾は、主に風景画を描いた画家である。彼の作品は、柔らかな色使いと、詩情溢れる描写が特徴である。代表作には、「桜島」(1920年)、「日光」(1924年)、「有明山」(1927年)、「大雪渓」(1930年)、「富士」(1934年)、「神代」(1936年)などがある。

「桜島」は、鹿児島県の桜島を描いた作品である。桜島の雄大な姿が、柔らかい色使いで描かれている。この作品は、二科展に出品され、特選を受賞した。

「日光」は、栃木県の日光を描いた作品である。日光の美しい自然が、詩情溢れる描写で描かれている。この作品は、二科展に出品され、特選を受賞した。

「有明山」は、兵庫県の有明山を描いた作品である。有明山の雄大な姿が、柔らかい色使いで描かれている。この作品は、二科展に出品され、特選を受賞した。

「大雪渓」は、長野県の奥穂高岳の大雪渓を描いた作品である。大雪渓の雄大な姿が、柔らかい色使いで描かれている。この作品は、二科展に出品され、特選を受賞した。

「富士」は、静岡県の富士山を描いた作品である。富士山の雄大な姿が、柔らかい色使いで描かれている。この作品は、二科展に出品され、特選を受賞した。

「神代」は、日本の太古の時代を描いた作品である。美しい自然と、その中で暮らす人々が、詩情溢れる描写で描かれている。この作品は、日本美術院に出品され、特選を受賞した。

榎倉省吾の代表作は、どれもが彼の柔らかな色使いと、詩情溢れる描写が特徴である。彼の作品は、日本の洋画界に大きな影響を与えた。

タイトルとURLをコピーしました