木山捷平 – 昭和時代の詩人と小説家

木山捷平 – 昭和時代の詩人と小説家

木山捷平の生涯

木山捷平の生涯

-木山捷平の生涯-

木山捷平は、1904年(明治37年)11月22日に、香川県高松市に生まれました。旧高松藩士である父・木山捷吉と、母・リウの長男として生まれました。捷平という名前は、捷吉が日露戦争の際に旅順で戦死した同僚の息子にちなんで名付けられたものです。

捷平は、幼少期から文学に興味を持っていました。高松中学校(現・香川県立高松高等学校)では、文学部に所属し、詩や小説を書き始めました。早稲田大学に進学後も、文学活動を続け、同人誌に詩や小説を発表しました。1927年(昭和2年)には、第一詩集『鉄輪』を発表し、詩人としてデビューしました。

大学卒業後は、新聞記者として働きながら、文学活動を続けました。1932年(昭和7年)には、詩集『火の島』で、第1回日本プロレタリア詩人同盟賞を受賞しました。しかし、1933年(昭和8年)に治安維持法違反で逮捕され、1935年(昭和10年)まで投獄されました。

出所後は、詩や小説を発表し続けましたが、1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、兵役に就きました。1945年(昭和20年)に除隊した後、香川県に戻り、詩や小説の執筆を続けました。

1963年(昭和38年)には、詩集『定本木山捷平詩集』で、第1回日本詩人クラブ賞を受賞しました。1965年(昭和40年)には、小説『火の島』で、第1回香川県文学賞を受賞しました。

1975年(昭和50年)11月26日に、71歳で死去しました。

木山捷平の功績

木山捷平の功績

-木山捷平の功績-

木山捷平は、昭和時代の詩人と小説家として、多くの功績を残しました。その中でも代表的なものは、以下の通りです。

-1. 詩壇への新風-

木山捷平は、1920年代に詩壇にデビューしました。当時、詩壇は象徴主義と浪漫主義が主流でしたが、木山捷平はそれらの潮流に反発し、リアリズムと社会派の詩を発表しました。木山捷平の詩は、社会の矛盾や人間の苦しみをリアルに描き出し、当時の読者に大きな衝撃を与えました。

-2. 小説での社会的諸問題の描写-

木山捷平は、1930年代から小説を書き始めました。木山捷平の小説は、社会の矛盾や人間の苦しみをリアルに描いたもので、当時の読者に大きな反響を呼びました。代表作としては、『蟹工船』、『工場生活者』などがあります。

-3. 左翼運動への参加-

木山捷平は、1930年代後半から左翼運動に参加しました。木山捷平は、左翼運動の機関誌に詩や小説を寄稿し、労働者の権利を訴えました。木山捷平は、1941年に治安維持法違反で逮捕され、投獄されました。木山捷平は、1944年に獄中で病死しました。

-4. 木山捷平文学の評価-

木山捷平の文学は、リアリズムと社会派の文学として高く評価されています。木山捷平の詩や小説は、社会の矛盾や人間の苦しみをリアルに描き出し、当時の読者に大きな衝撃を与えました。木山捷平の文学は、現在でも多くの読者に愛読されています。

タイトルとURLをコピーしました