大橋宗与(4)→ 江戸時代後期の将棋棋士

大橋宗与(4)→ 江戸時代後期の将棋棋士

大橋宗与(4)の生涯と経歴

大橋宗与(4)の生涯と経歴

大橋宗与(4)の生涯と経歴

大橋宗与(4)は、江戸時代後期の将棋棋士です。法印宗雪の門人であり、名人位を2度獲得しています。

宗与(4)は、宝暦6年(1756年)に江戸に生まれました。幼い頃から将棋を学び、10代の時に法印宗雪に入門しました。宗雪は、名人位を5度獲得した名棋士で、宗与(4)は宗雪から将棋のいろはを学びました。

宗与(4)は、安永8年(1779年)に初段を取得し、天明2年(1782年)に四段に昇段しました。天明7年(1787年)に五段に昇段し、寛政2年(1790年)に六段に昇段しました。寛政5年(1793年)に七段に昇段し、寛政7年(1795年)に八段に昇段しました。

寛政8年(1796年)に、宗与(4)は名人位を初めて獲得しました。しかし、寛政10年(1798年)に大橋分柳に名人位を奪われました。文化元年(1804年)に、宗与(4)は再び名人位を獲得しました。しかし、文化3年(1806年)に伊藤宗看に名人位を奪われました。

文政2年(1819年)に、宗与(4)は名人位を3度目獲得しました。しかし、文政3年(1820年)に伊藤看寿に名人位を奪われました。文政8年(1825年)に、宗与(4)は名人位を4度目獲得しました。しかし、文政11年(1828年)に大橋分柳に名人位を奪われました。

天保3年(1832年)、宗与(4)は77歳で亡くなりました。宗与(4)は、名人位を4度獲得した名棋士で、江戸時代後期を代表する棋士の一人です。

大橋宗与(4)の将棋棋士としての活躍

大橋宗与(4)の将棋棋士としての活躍

大橋宗与(4)は、江戸時代後期の将棋棋士です。大橋分家の宗英で、宗与(3)の実子です。1819年に生まれ、1880年に亡くなりました。

宗与(4)は、7歳の時に将棋を学び始め、12歳で初段を取得しました。15歳で二段、18歳で三段、21歳で四段に昇段しました。25歳で五段、30歳で六段、35歳で七段に昇段しました。40歳で八段、45歳で九段に昇段しました。

宗与(4)は、江戸時代後期を代表する棋士の1人です。数々のタイトルを獲得し、多くの弟子を育て上げました。宗与(4)の将棋は、力強い攻めと堅固な守備が特徴です。また、様々な戦法を駆使することができ、対戦相手によって戦法を変えることができました。

宗与(4)は、将棋棋士としてだけでなく、将棋界の発展にも大きく貢献しました。宗与(4)は、1858年に将棋連盟を設立し、将棋棋士の地位向上に努めました。また、将棋の普及にも努め、各地で将棋大会を開催しました。

宗与(4)は、江戸時代後期を代表する棋士の1人として、将棋界の発展に大きく貢献した人物です。宗与(4)の将棋は、力強く堅固で、様々な戦法を駆使することができました。宗与(4)は、将棋連盟を設立し、将棋棋士の地位向上に努めました。また、将棋の普及にも努め、各地で将棋大会を開催しました。

大橋宗与(4)の業績と評価

大橋宗与(4)の業績と評価

大橋宗与(4)の業績と評価

大橋宗与(4)は、江戸時代後期の将棋棋士であり、名人の称号を2回獲得した強豪棋士でした。また、棋書「将棋発陽」を著しており、その将棋理論は後の棋士に大きな影響を与えました。

宗与(4)は、1786年に江戸に生まれ、幼い頃から将棋に親しみました。19歳の時には、名人位を保持していた大橋宗与(3)に挑戦し、勝利を収めて名人位を奪取しました。その後、宗与(4)は名人位を2度防衛し、1822年に引退するまで名人位の座に君臨し続けました。

宗与(4)は、優れた将棋技術に加えて、棋書「将棋発陽」を著したことで知られています。この棋書は、将棋の定跡や戦法を解説したもので、後の棋士に大きな影響を与えました。宗与(4)の将棋理論は、現代でも通用する部分が多く、彼の業績は将棋界に多大な貢献をしたと評価されています。

宗与(4)は、1822年に67歳で亡くなりました。彼の死後、名人位は弟子の伊藤宗印が継承しました。宗与(4)は、江戸時代後期を代表する棋士の一人であり、彼の業績は将棋界に多大な影響を与えました。

タイトルとURLをコピーしました