芥田武夫→ 野球選手、監督、全国中等学校野球連盟の功労者

芥田武夫→ 野球選手、監督、全国中等学校野球連盟の功労者

野球選手としての活躍

野球選手としての活躍

-# 野球選手としての活躍

芥田武夫は、1911年(明治44年)に福岡県で生まれ、地元の旧制福岡県立中学(現・福岡県立福岡高等学校)に入学しました。中学時代から野球を始め、主に外野手として活躍しました。1925年(大正14年)には、全国中等学校野球大会(現・全国高等学校野球選手権大会)に出場し、ベスト8に進出しました。

卒業後は、東京帝国大学(現・東京大学)に進学しましたが、野球部には所属せず、学業に専念しました。しかし、大学在学中に、東京六大学野球リーグの早稲田大学と慶應大学の試合を観戦し、野球への情熱を再燃させました。

大学卒業後は、社会人野球の東京倶楽部に入団し、外野手として活躍しました。1934年(昭和9年)には、全国野球選手権大会(現・都市対抗野球大会)に出場し、準優勝に貢献しました。

1935年(昭和10年)には、名古屋軍(現・中日ドラゴンズ)に入団し、プロ野球選手となりました。1936年(昭和11年)には、チームの初優勝に貢献し、自身もベストナインに選ばれました。1938年(昭和13年)には、全日本選抜チームの一員として、アメリカ遠征に参加しました。

1940年(昭和15年)には、召集を受けて兵役に就き、中国戦線に出征しました。1945年(昭和20年)に復員した後、名古屋軍に復帰し、1947年(昭和22年)まで選手として活躍しました。

全国中等学校野球連盟の結成

全国中等学校野球連盟の結成

-# 全国中等学校野球連盟の結成

1915年(大正4年)8月17日、甲子園球場が完成。全国中等学校野球選手権大会が開催され、歴史の幕が開きました。この大会は大成功を収め、全国の学校から絶賛されました。

この成功を受けて、翌1916年(大正5年)8月、全国中等学校野球連盟が設立されました。連盟の目的は、全国の中等学校における野球の普及発展を図ることで、加盟校は全国の中等学校でした。

連盟の初代会長には、甲子園球場の建設に尽力した芥田武夫氏が就任しました。芥田氏は、全国中等学校野球選手権大会の開催を強く推進し、その実現に貢献した人物です。

連盟の設立により、全国の中等学校における野球の普及発展がさらに加速しました。各地で野球部が創設され、野球は全国の学校に広がっていきました。

連盟はまた、全国中等学校野球選手権大会の運営にも携わりました。大会は当初、東京で行われていましたが、1924年(大正13年)からは甲子園球場を会場として開催されるようになりました。甲子園球場は、全国中等学校野球選手権大会の聖地として、多くの名勝負が繰り広げられてきました。

連盟は、全国中等学校野球選手権大会の開催や、全国の中等学校における野球の普及発展に貢献した功績が認められ、1965年(昭和40年)には紫綬褒章を授与されました。

連盟は、現在でも全国の中等学校における野球の普及発展を図るために活動しています。全国中等学校野球選手権大会の開催や、全国の中等学校野球部の指導者に対する研修会の実施など、さまざまな事業を行っています。

近鉄監督としての功績

近鉄監督としての功績

-近鉄監督としての功績-

芥田武夫氏は、1948年に近鉄バファローズの監督に就任しました。当時の近鉄は、1937年の球団創設以来、一度も優勝したことがない弱小球団でした。しかし、芥田監督の下、近鉄は1949年に球団創設以来初の優勝を果たし、1950年には2連覇を達成しました。

芥田監督は、近鉄に多くの新戦力を導入しました。その中でも、大活躍したのが西本幸雄選手です。西本選手は、1949年に近鉄に入団し、打者としても投手としても活躍しました。西本選手は芥田監督の指導の下、1950年に三冠王を獲得し、近鉄の優勝に大きく貢献しました。

芥田監督は、近鉄の選手たちに厳しい練習と規律を課しました。芥田監督は、練習中に選手が手を抜くと、容赦なく怒鳴りました。また、芥田監督は、選手たちが野球以外のことでトラブルを起こすと、厳しく処分しました。芥田監督の厳しい指導により、近鉄の選手たちは、強い精神力とチームワークを身につけることができました。

芥田監督が率いる近鉄は、1950年から1952年まで3連覇を達成し、1953年には日本シリーズにも出場しました。芥田監督は、近鉄を弱小球団から強豪球団へと押し上げ、日本のプロ野球界に大きな功績を残しました。

1954年、芥田監督は近鉄を退任し、その後は、南海ホークスの監督や、全国中等学校野球連盟の会長などを歴任しました。芥田監督は、日本のプロ野球界とアマチュア野球界の発展に大きく貢献し、日本の野球界のレジェンドとして語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました