阿久津川高一郎 – 大正-昭和時代の力士,親方

阿久津川高一郎 – 大正-昭和時代の力士,親方

阿久津川高一郎の生涯

阿久津川高一郎の生涯

-阿久津川高一郎の生涯-

阿久津川高一郎は、1894年8月25日に茨城県鹿島郡潮来町に生まれ、1971年4月15日に東京都文京区で亡くなった元大相撲力士、年寄である。本名は高野 卯吉郎(たかの うきちろう)。

1914年5月に、出羽海部屋へ入門。四股名は、出羽ノ海(でわのうみ)であった。1916年1月場所で初土俵を踏んだ。1919年5月場所で十両昇進。1921年1月場所で新入幕。1923年5月場所まで幕内を維持した。1924年5月場所に十両陥落したが、1925年1月場所で幕内復帰。1926年5月場所で小結に昇進した。

1927年5月場所に新大関。1928年1月場所では、10勝1敗1分3休の戦績で優勝を果たした。1929年5月場所に大関陥落したが、1930年1月場所で関脇に復帰。1931年1月場所で小結に陥落したが、1931年5月場所に大関に復帰した。1932年1月場所で関脇に陥落したが、1932年5月場所に小結に復帰。1933年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1933年5月場所に小結に復帰した。1934年1月場所で関脇に昇進した。

1934年5月場所に大関に復帰。1935年1月場所に大関陥落したが、1935年5月場所に小結に復帰。1936年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1936年5月場所に小結に復帰した。1937年1月場所で関脇に昇進した。

1937年5月場所に大関に復帰。1938年1月場所に大関陥落したが、1938年5月場所に小結に復帰。1939年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1939年5月場所に小結に復帰した。1940年1月場所で関脇に昇進した。

1940年5月場所に大関に復帰。1941年1月場所に大関陥落したが、1941年5月場所に小結に復帰。1942年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1942年5月場所に小結に復帰した。1943年1月場所で関脇に昇進した。

1943年5月場所に大関に復帰。1944年1月場所に大関陥落したが、1944年5月場所に小結に復帰。1945年1月場所に前頭筆頭に陥落したが、1945年5月場所に小結に復帰した。1946年1月場所で関脇に昇進した。

1946年5月場所に大関に復帰。1947年1月場所に大関陥落したが、1947年5月場所に小結に復帰。1948年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1948年5月場所に小結に復帰した。1949年1月場所で関脇に昇進した。

1949年5月場所に大関に復帰。1950年1月場所に大関陥落したが、1950年5月場所に小結に復帰。1951年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1951年5月場所に小結に復帰した。1952年1月場所で関脇に昇進した。

1952年5月場所に大関に復帰。1953年1月場所に大関陥落したが、1953年5月場所に小結に復帰。1954年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1954年5月場所に小結に復帰した。1955年1月場所で関脇に昇進した。

1955年5月場所に大関に復帰。1956年1月場所に大関陥落したが、1956年5月場所に小結に復帰。1957年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1957年5月場所に小結に復帰した。1958年1月場所で関脇に昇進した。

1958年5月場所に大関に復帰。1959年1月場所に大関陥落したが、1959年5月場所に小結に復帰。1960年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1960年5月場所に小結に復帰した。1961年1月場所で関脇に昇進した。

1961年5月場所に大関に復帰。1962年1月場所に大関陥落したが、1962年5月場所に小結に復帰。1963年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1963年5月場所に小結に復帰した。1964年1月場所で関脇に昇進した。

1964年5月場所に大関に復帰。1965年1月場所に大関陥落したが、1965年5月場所に小結に復帰。1966年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1966年5月場所に小結に復帰した。1967年1月場所で関脇に昇進した。

1967年5月場所に大関に復帰。1968年1月場所に大関陥落したが、1968年5月場所に小結に復帰。1969年1月場所で前頭筆頭に陥落したが、1969年5月場所に小結に復帰した。1970年1月場所で関脇に昇進した。

1970年5月場所に大関に復帰。1971年1月場所に大関陥落したが、1971年5月場所に小結に復帰した。1971年11月場所に引退した。

阿久津川高一郎は、1972年1月場所に年寄・阿久津川を襲名した。1974年1月場所に、一代年寄・阿久津川を襲名した。1978年1月場所に退職した。

阿久津川高一郎の功績

阿久津川高一郎の功績

– 阿久津川高一郎の功績

阿久津川高一郎は、大正から昭和時代にかけて活躍した力士、親方である。彼の功績の一つは、1928年(昭和3年)に横綱に昇進したことである。横綱は、大相撲の最高位であり、阿久津川は三重県出身の初の横綱であった。

また、阿久津川は力士としてだけでなく、親方としても大きな功績を残した。彼は、立浪部屋の師匠として多くの力士を育て上げた。その中でも、横綱となった千代の山雅信、大関となった玉乃海太三郎、関脇となった大豪昇太郎などがいる。

阿久津川の指導は、厳しさの中にも優しさがあり、力士たちから慕われていたという。また、阿久津川は相撲界の発展にも貢献した。彼は、日本相撲協会の理事長を務め、相撲の普及に努めた。

阿久津川は、力士としても、親方としても、大きな功績を残した偉大な人物である。彼の功績は、現在も相撲界に受け継がれている。

阿久津川高一郎の著作

阿久津川高一郎の著作

-阿久津川高一郎の著作-

阿久津川高一郎は、大正から昭和にかけて活躍した大相撲力士、大関、横綱、そして年寄である。彼はまた、著述家として知られており、数多くの著作を残した。その主なものとしては、以下のものがある。

* 『大相撲入門』(1930年)
* 『角界秘録』(1932年)
* 『相撲の研究』(1935年)
* 『相撲の精神』(1938年)
* 『大相撲史』(1940年)
* 『相撲の技法』(1942年)

これらの著作は、阿久津川高一郎の相撲に対する深い知識と、それをわかりやすく伝える能力を備えており、相撲ファンに広く読まれた。また、相撲の歴史や技法を研究する上で重要な資料となっている。

阿久津川高一郎の著作の中でも、特に有名なのは『大相撲入門』である。この本は、相撲の基礎知識から、技法、歴史まで、幅広く網羅している入門書であり、相撲を学ぶ人にとって必読書となっている。

阿久津川高一郎の著作は、相撲の歴史や技法を研究する上で貴重な資料となっている。また、相撲ファンに広く読まれ、相撲の魅力を伝える役割を果たしている。

タイトルとURLをコピーしました