照国万蔵 – 昭和の伝説的横綱

照国万蔵 – 昭和の伝説的横綱

– 生い立ちと入門

- 生い立ちと入門

— 生い立ちと入門 —

照国万蔵は、1900年6月26日、鹿児島県大隅郡国分町(現・国分市)に生まれた。本名は石倉幸右衛門。父親は刀鍛冶、母親は農家の娘だった。

照国は幼い頃から相撲が好きで、近所の子供たちとよく取っ組み合っていた。12歳のとき、地元の相撲大会に出場し、優勝した。この大会で照国を見た大阪相撲の行司が、大阪相撲への入門を勧めた。

照国は、父親の反対を押し切って、1914年3月に大阪相撲に入門した。入門後は、大阪相撲の力士として活躍し、1920年に横綱に昇進した。

照国は、大阪相撲の横綱として、1920年から1930年まで10年間在位した。在位中は、109回の優勝を果たし、幕内通算1518勝という大記録を打ち立てた。

照国は、1930年に引退したが、その後も相撲界で活躍し、1955年には日本相撲協会の理事長に就任した。1965年には、相撲界の発展に貢献した功績により、国民栄誉賞を受賞した。

照国は、1975年11月22日に死去した。享年75歳だった。

– 快進撃と昇進の記録

- 快進撃と昇進の記録

– 照国万蔵 – 昭和の伝説的横綱

-# – 快進撃と昇進の記録

照国万蔵は、昭和時代に活躍した伝説的な横綱である。1930年に鹿児島県で生まれ、本名は徳永万蔵。

1950年、照国万蔵はプロレスラーとしてデビュー。1954年に大相撲に転向し、翌1955年には十両に昇進。1956年には入幕を果たした。

照国万蔵は、その後も快進撃を続け、1958年には関脇に、1959年には大関に昇進。1961年には横綱に昇進した。

照国万蔵は、横綱として13回の優勝を記録。その強さと人気は、日本中を熱狂させた。

しかし、1969年に引退。その後の照国万蔵は、相撲界を離れ、実業家として活躍した。

2003年、照国万蔵は死去。享年73歳だった。

照国万蔵は、昭和時代を代表する大横綱として、その名を歴史に刻んだ。

– 引退後と功績

- 引退後と功績

-引退後と功績-

照国万蔵は、1939年に引退しました。引退後は、日本相撲協会の理事長や年寄を務め、相撲界の発展に貢献しました。また、相撲に関する著書を執筆したり、講演活動を行ったりして、相撲の普及に努めました。

照国は、大相撲史上初めて横綱昇進を10回以上果たした力士であり、また、横綱在位期間が史上最長の9年3ヶ月であり、その功績は高く評価されています。1954年には、日本相撲協会から功労賞を授与されました。

照国は、1983年に79歳で亡くなりました。しかし、その功績は今もなお語り継がれています。2000年には、鹿児島県霧島市に照国万蔵記念館が開館しました。記念館には、照国の遺品や資料が展示されており、照国の功績を学ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました