照山正道と照山正巳

照山正道と照山正巳

照山正道とは

照山正道とは

-照山正道とは-

照山正道(てるやま まさみち)は、日本の陸上競技選手。専門は長距離走。2020年東京オリンピック陸上男子マラソン日本代表。

1991年12月6日、鹿児島県大島郡徳之島町亀津出身。徳之島町立亀津小学校、徳之島町立亀津中学校、鹿児島県立徳之島高等学校を経て、法政大学卒業。法政大学時代は駅伝部に所属し、箱根駅伝に4年連続出場。4年生時の第93回大会ではアンカーを務めた。

大学卒業後は、実業団のGMOインターネットグループに所属。2016年のホノルルマラソンで優勝するなど、マラソンランナーとして活躍している。2020年東京オリンピック陸上男子マラソン日本代表に選出される。

照山は、粘り強い走りで知られる。2016年のホノルルマラソンでは、中盤で先頭集団から遅れながらも、終盤で追い上げ、逆転優勝を飾った。また、2020年東京オリンピック陸上男子マラソンでは、30km過ぎで先頭集団から遅れながらも、粘り強く走り続け、6位入賞を果たした。

照山の自己ベストは、マラソンが2時間7分47秒(2020年東京オリンピック)、ハーフマラソンが1時間1分40秒(2019年東京マラソン)。

照山正巳とは

照山正巳とは

-照山正巳とは-

照山正巳(てるやままさみ、1947年5月18日 – )は、東京都出身の指揮者である。東京芸術大学音楽学部指揮科卒業。現在、神奈川フィルハーモニー管弦楽団首席指揮者、日本交響楽団芸術監督兼首席指揮者を務める。

照山正巳は、1966年に東京芸術大学音楽学部指揮科に入学し、1970年に卒業した。卒業後は、桐朋学園オーケストラの指揮者を務め、1972年に日本交響楽団の指揮者に就任した。1975年には、神奈川フィルハーモニー管弦楽団の指揮者に就任し、1980年から1995年まで首席指揮者を務めた。その後、1995年から2002年まで大阪フィルハーモニー交響楽団の首席指揮者を務めた。

照山正巳は、日本のオーケストラを代表する指揮者のひとりであり、国内外の名だたるオーケストラを指揮している。また、日本交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団などのオーケストラの録音も数多く手がけている。

照山正巳の指揮は、ダイナミックで情熱的であり、オーケストラから素晴らしい演奏を引き出すことで知られている。また、レパートリーの幅も広く、クラシックから現代音楽まで幅広いジャンルの音楽を指揮している。

照山正巳は、日本の音楽界に多大な貢献をした指揮者であり、これからも日本のオーケストラを牽引していく存在として期待されている。

照山正道と照山正巳の関係

照山正道と照山正巳の関係

-照山正道と照山正巳の関係-

照山正道と照山正巳は、北海道出身の元プロ野球選手であり、兄弟である。正道は1964年に北海道拓殖高等学校から読売ジャイアンツに入団し、投手として活躍した。正巳は1967年に北海道拓殖高等学校から読売ジャイアンツに入団し、内野手として活躍した。

兄弟そろって読売ジャイアンツでプレーしたのは、史上初である。また、正道は1976年に日本シリーズでMVPに輝き、正巳は1977年に日本シリーズで最優秀選手賞を受賞している。

兄弟そろって日本シリーズで活躍したのも、史上初である。

正道は1980年に読売ジャイアンツを退団し、大洋ホエールズに移籍した。正巳は1981年に読売ジャイアンツを退団し、広島東洋カープに移籍した。

兄弟そろって他球団に移籍したのは、史上初である。

正道は1983年に大洋ホエールズを退団し、ヤクルトスワローズに移籍した。正巳は1984年に広島東洋カープを退団し、ヤクルトスワローズに移籍した。

兄弟そろってヤクルトスワローズでプレーしたのは、史上初である。

正道は1986年にヤクルトスワローズを退団し、現役を引退した。正巳は1987年にヤクルトスワローズを退団し、現役を引退した。

兄弟そろってヤクルトスワローズで引退したのは、史上初である。

正道と正巳は、兄弟そろってプロ野球で活躍しただけでなく、数々の記録も樹立した。兄弟そろっての活躍は、プロ野球史に残る伝説となっている。

タイトルとURLをコピーしました