出羽ケ岳文治郎 – 大正昭和の巨漢力士

出羽ケ岳文治郎 – 大正昭和の巨漢力士

出羽ケ岳文治郎の生涯

出羽ケ岳文治郎の生涯

-出羽ケ岳文治郎の生涯-

出羽ケ岳文治郎は、1891年(明治24年)10月25日に山形県東置賜郡で生まれた。本名は佐藤文治郎。父は佐藤又吉、母はトヨ。兄弟には兄の庄太郎、姉のフサ、妹のキヨがいた。

文治郎は子供の頃から体が大きく、10歳の頃には身長180cm、体重100kgを超えていた。そのため、地元では「大男」と呼ばれ、恐れられていたという。

1906年(明治39年)、15歳の時に上京して角界入りし、出羽海部屋に入門した。入門時の体重は130kg以上あり、史上最重量の新弟子として話題となった。

1909年(明治42年)に初土俵を踏み、1914年(大正3年)に十両に昇進した。そして、1917年(大正6年)に新入幕を果たした。

幕内在位中は、その巨体と怪力を生かした相撲で活躍した。1920年(大正9年)には、史上初めて幕内全勝優勝を果たした。その後も、1922年(大正11年)と1923年(大正12年)に2連覇を達成した。

1924年(大正13年)に引退するまで、幕内で通算108勝46敗51休の成績を残した。また、横綱に3勝13敗1分、大関に22勝10敗10分と、上位陣にも強さを見せた。

引退後は、年寄・出羽ケ岳を襲名して後進の指導に当たった。また、日本相撲協会の役員も歴任した。

1959年(昭和34年)に脳溢血で倒れ、1960年(昭和35年)1月24日に68歳で死去した。

出羽ケ岳文治郎の相撲人生

出羽ケ岳文治郎の相撲人生

出羽ケ岳文治郎の相撲人生

出羽ケ岳文治郎は、宮城県出身の大正昭和の巨漢力士です。幼い頃から相撲が好きで、16歳のときに出羽海部屋に入門しました。1909年に初土俵を踏み、1914年に新入幕を果たしました。1918年には大関に昇進し、1920年には横綱に昇進しました。

出羽ケ岳文治郎は、身長185cm、体重150kgの大柄な体格で、その巨体を生かした豪快な相撲を得意としました。得意技は突き、押し、投げなど、多種多様でした。また、勝負に強い精神力も持ち合わせており、数々の名勝負を演じました。

出羽ケ岳文治郎は、横綱として活躍した期間は短く、1923年に引退しましたが、その相撲人生は多くのファンに感動を与えました。引退後は、年寄・出羽海を襲名し、相撲界の発展に尽力しました。1963年に死去しましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

出羽ケ岳文治郎の相撲人生は、一人の力士の努力と栄光を物語るものです。彼の活躍は、多くの後輩力士に勇気を与え、相撲界の発展に貢献しました。

出羽ケ岳文治郎の「さば折り」

出羽ケ岳文治郎の「さば折り」

出羽ケ岳文治郎の「さば折り」

出羽ケ岳文治郎の得意技の1つに「さば折り」がある。これは、相手の首をひねって折るという、非常に危険な技である。出羽ケ岳は、この技を使って多くの力士を倒し、その名を轟かせた。

さば折りの極意は、相手の首を正確に捕らえることにある。出羽ケ岳は、相手の動きを巧みに見切り、一瞬の隙を突いて首を捕らえた。そして、相手の首をひねり上げ、そのまま折ってしまうのだ。

さば折りは、非常に危険な技であるため、禁止されている。しかし、出羽ケ岳は、この技を使って多くの力士を倒し、その名を轟かせた。出羽ケ岳のさば折りは、まさに「必殺技」であった。

あるとき、出羽ケ岳は、当時横綱だった大木戸森衛と対戦した。大木戸は、出羽ケ岳よりもはるかに体が大きく、力も強かった。しかし、出羽ケ岳は、さば折りで一気に大木戸を倒した。この勝利で、出羽ケ岳は一気に大関に昇進し、その後、横綱にまで上り詰めた。

出羽ケ岳のさば折りは、その危険性から禁止されているが、その威力は折り紙付きである。出羽ケ岳のさば折りは、まさに「必殺技」であった。

タイトルとURLをコピーしました