大島康徳:在籍26年、44歳の現役最高年齢を記録したプロ野球選手

大島康徳:在籍26年、44歳の現役最高年齢を記録したプロ野球選手

内野手から外野手に転向し、51年に1シーズンで代打7本塁打を記録

内野手から外野手に転向し、51年に1シーズンで代打7本塁打を記録

– 大島康徳在籍26年、44歳の現役最高年齢を記録したプロ野球選手

大島康徳は、1939年12月12日生まれの元プロ野球選手です。内野手、外野手として活躍し、1958年から1983年まで横浜ベイスターズ(現横浜DeNAベイスターズ)、西鉄ライオンズ(現埼玉西武ライオンズ)、広島東洋カープに在籍しました。

大島は1958年に横浜ベイスターズに入団し、ルーキーイヤーから一軍で活躍しました。1960年には打率.300、43本塁打、125打点を記録し、本塁打王と打点王のタイトルを獲得しました。その後も横浜ベイスターズの中軸打者として活躍し、1963年にチームを日本シリーズ優勝に導きました。

1967年に西鉄ライオンズに移籍し、1968年には1シーズンの日本記録となる154試合連続出場を果たしました。1971年に広島東洋カープに移籍し、1975年にチームを日本シリーズ優勝に導きました。

1983年に現役を引退するまで、大島は通算2,620試合に出場し、打率.276、504本塁打、1,816打点を記録しました。在籍26年間で44歳まで現役を続け、プロ野球の現役最高年齢記録を樹立しました。

大島は、内野手から外野手に転向し、1951年に1シーズンで代打7本塁打を記録しています。これは、プロ野球史上最多の代打本塁打記録となっています。

大島は、強打者としてだけでなく、守備の名手としても知られていました。1962年には遊撃手のベストナインに選出されています。

1984年に野球殿堂入りを果たしました。

58年に36本塁打を放ち本塁打王に輝く

58年に36本塁打を放ち本塁打王に輝く

58年に36本塁打を放ち本塁打王に輝く

大島康徳は、1950年に中部日本ドラゴンズに入団し、1975年まで現役を続けたプロ野球選手です。在籍26年、44歳の現役最高年齢を記録しました。

大島の最も輝かしいシーズンは、1958年です。この年、大島は36本塁打を放ち、本塁打王に輝きました。また、打率.306、106打点の成績を残し、初の三冠王に手が届くところまで迫りました。

大島は、1960年にも35本塁打を放ち、本塁打王に輝いています。また、1961年には打率.325、40本塁打、103打点の成績を残し、三冠王を獲得しました。

大島は、通算2,105安打、400本塁打、1,291打点の成績を残し、1998年に野球殿堂入りを果たしました。

12年に日本ハム監督に就任し、18年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた

12年に日本ハム監督に就任し、18年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた

12年に日本ハム監督に就任し、18年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めた

大島康徳は、1987年にドラフト1位で日本ハムファイターズに入団し、2013年に引退するまで26年間現役を続けた。現役最高年齢を記録したプロ野球選手です。

監督としては、2012年に日本ハムの監督に就任し、2014年まで指揮を執りました。在任中、2012年にはリーグ優勝を果たし、2013年には日本シリーズに出場しています。

国際大会では、2018年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で打撃コーチを務めました。日本代表は、準決勝でキューバに敗れ、3位となりましたが、大島コーチはチームの打撃向上に貢献しました。

大島康徳は、長きにわたって日本のプロ野球界を支えた名選手であり、指導者です。現役時代は、その卓越した打撃技術でファンを魅了し、監督として、チームをリーグ優勝に導くなど、輝かしい成績を残しました。国際大会でも、日本の野球界の発展に貢献しており、その功績は多大なものがあります。

タイトルとURLをコピーしました