– 鬼頭数雄

– 鬼頭数雄

鬼頭数雄の生涯

鬼頭数雄の生涯

鬼頭数雄の生涯

新聞記者 鬼頭数雄の生涯

鬼頭数雄は1905年6月15日に、現在の福島県須賀川市に生まれました。鬼頭数雄は 須賀川中学校(現須賀川高校)を卒業後、東京朝日新聞に入社しました。

東京朝日新聞に入社後は、事件記者として活躍しました。1929年には、二・二六事件をスクープして一躍有名になりました。記者生活を送る中、鬼頭数雄はジャーナリズムの重要性を痛感し、1937年に「新聞人協会」を設立しました。

新聞人協会は、新聞の自由と独立を守ることを目的とする団体であり、鬼頭数雄は初代会長に就任しました。新聞人協会の設立は、日本のジャーナリズム史において重要な出来事であり、鬼頭数雄の功績は高く評価されています。

1941年に太平洋戦争が勃発すると、鬼頭数雄は従軍記者として戦地に派遣されました。鬼頭数雄は、戦場で多くの死と破壊を目の当たりにし、戦争の悲惨さを痛感しました。

1945年に太平洋戦争が終結すると、鬼頭数雄は復員して東京朝日新聞に戻りました。復員後は、新聞人協会の会長に再任され、ジャーナリズムの復興に尽力しました。

1955年に鬼頭数雄は、新聞人協会の会長を退任しました。退任後は、日本新聞編集長協議会会長、日本ジャーナリスト会議会長などを歴任し、日本のジャーナリズムの発展に貢献しました。

1977年2月17日に鬼頭数雄は、東京都内で心不全のため亡くなりました。享年71歳でした。鬼頭数雄は、日本のジャーナリズムの発展に多大な貢献をした偉大な新聞人であり、その功績は高く評価されています。

鬼頭数雄の野球キャリア

鬼頭数雄の野球キャリア

-鬼頭数雄の野球キャリア-

鬼頭数雄は、1975年9月25日生まれの元プロ野球選手である。ポジションは内野手。

鬼頭は、愛知県名古屋市出身。小学校から野球を始め、中学時代には全国大会に出場。高校は県内屈指の強豪校である中京高校に進学し、1年次からレギュラーとして活躍。2年次には春の甲子園に出場し、ベスト8入りを果たした。

1994年のドラフトで、鬼頭は地元の中日ドラゴンズから1位指名を受け、入団した。1年目は二軍で過ごしたが、2年目の1996年に一軍初出場を果たした。その後は主に内野のユーティリティプレイヤーとして、チームの勝利に貢献した。

2002年、鬼頭は阪神タイガースに移籍。阪神では主に代打として起用されたが、2003年には自己最多の68試合に出場した。2005年にオリックス・バファローズに移籍した後、2006年に現役を引退した。

鬼頭は、現役生活12年間で通算465試合に出場し、打率.257、7本塁打、104打点を記録した。

鬼頭の引退後は、中日ドラゴンズのスカウトとして活動している。

鬼頭数雄の戦死

鬼頭数雄の戦死

– 鬼頭数雄

-鬼頭数雄の戦死-

鬼頭数雄は、1909年(明治42年)に鹿児島県で生まれた。陸軍士官学校を卒業後、日中戦争に出征。1941年(昭和16年)に太平洋戦争が勃発すると、フィリピンに派遣された。

鬼頭は、フィリピンで第14軍の参謀として戦った。1942年(昭和17年)4月には、バターン半島の攻略作戦に参加。日本軍はアメリカ軍と激戦を交わしたが、最終的には勝利を収めた。

1942年(昭和17年)5月には、コレヒドール島の攻略作戦に参加。日本軍はコレヒドール島を占領し、アメリカ軍を降伏させた。鬼頭は、これらの戦功により、陸軍少佐に昇進した。

1944年(昭和19年)6月、鬼頭はサイパン島の守備隊長に任命された。サイパン島は、アメリカ軍の侵攻を受けており、日本軍は苦戦を強いられていた。鬼頭は、サイパン島でアメリカ軍と激戦を交わしたが、最終的には戦死した。

鬼頭は、35歳の若さで戦死した。彼の死は、日本軍に大きな損失を与えた。鬼頭は、勇敢な軍人として知られており、彼の死は多くの日本人を悲しませた。

タイトルとURLをコピーしました