衣笠祥雄 – 偉大なる「鉄人」

衣笠祥雄 – 偉大なる「鉄人」

連続出場記録の世界記録樹立

連続出場記録の世界記録樹立

連続出場記録の世界記録樹立

衣笠祥雄は、1970年4月12日のアトムズ戦で一軍デビューし、1987年10月18日のヤクルト戦まで、2215試合連続出場を果たした。これは、アメリカのカル・リプケン・ジュニアの2632試合に次いで、世界歴代2位の記録である。

衣笠の連続出場記録は、その頑丈な身体と不屈の精神の賜物である。彼は、試合中に何度も死球を受けたり、激しく転倒したりしたが、決して試合を休むことはなかった。また、彼は常にチームの勝利を第一に考え、自分の身体を犠牲にしてでもプレーを続けた。

1987年10月18日のヤクルト戦で、衣笠は連続出場記録を2215試合でストップさせた。この試合は、衣笠にとって最後の試合となり、彼の現役生活は幕を閉じた。しかし、衣笠の連続出場記録は、今もなお語り継がれている。

衣笠の連続出場記録は、彼の偉大な功績のひとつである。彼は、その頑丈な身体と不屈の精神で、チームの勝利に貢献し、多くのファンに感動を与えた。衣笠の連続出場記録は、これからも語り継がれ、野球ファンに勇気を与え続けるだろう。

広島カープ黄金時代を支えた中心打者

広島カープ黄金時代を支えた中心打者

衣笠祥雄 – 偉大なる「鉄人」

広島カープ黄金時代を支えた中心打者

衣笠祥雄は、1947年に広島県尾道市で生まれました。1965年に広島カープに入団し、1988年に引退するまで23年間カープ一筋でプレーしました。

衣笠は、1970年代から1980年代にかけて、広島カープの黄金時代を支えた中心打者でした。1975年に打率.319、38本塁打、116打点を記録して、初の打撃タイトルとなる本塁打王を獲得しました。1976年には、打率.332、36本塁打、113打点を記録し、2年連続の本塁打王を獲得しました。また、1979年には、打率.350、22本塁打、81打点を記録し、打率王を獲得しました。

衣笠は、長打力のある打者でしたが、走攻守の三拍子そろった選手でした。1975年から1980年まで6年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、1979年にはダイヤモンドグラブ賞を受賞しました。また、1975年から1977年まで3年連続でオールスターゲームに出場しました。

衣笠は、1988年に引退しましたが、通算2137安打、471本塁打、1488打点を記録しました。また、3671試合に出場し、これはNPB史上最多記録です。

衣笠の功績は、広島カープの黄金時代を支えた中心打者としてだけでなく、NPB史上最高の選手の一人としても認められています。1996年に野球殿堂入りを果たし、2010年には広島カープの永久欠番に指定されました。

タイトルとURLをコピーしました