前田山英五郎 – 日本横綱伝

前田山英五郎 – 日本横綱伝

前田山英五郎の生涯と功績

前田山英五郎の生涯と功績

-前田山英五郎の生涯と功績-

前田山英五郎は、1895年(明治28年)1月10日に福岡県小郡市に生まれました。幼名は、松之助。本名は、田中松之助です。前田山は、1914年(大正3年)に高砂部屋に入門し、1918年(大正7年)に初土俵を踏みました。

前田山は、1921年(大正10年)に新入幕を果たし、翌1922年(大正11年)に優勝しました。1923年(大正12年)に関脇に昇進し、1924年(大正13年)には大関に昇進しました。

1925年(大正14年)に横綱に昇進し、1926年(昭和元年)には二度目の優勝を果たしました。1928年(昭和3年)には三度目の優勝を果たし、1930年(昭和5年)には四度目の優勝を果たしました。

前田山は、1931年(昭和6年)に引退し、年寄・伊勢ヶ濱を襲名しました。1932年(昭和7年)に日本相撲協会の理事長に就任し、1945年(昭和20年)まで務めました。

前田山は、1973年(昭和48年)1月27日に死去しました。享年77。

前田山は、大柄で力強い相撲で、相手を圧倒する土俵さばきを身上としました。また、性格は温厚で、人望が厚い人物でした。

前田山は、日本相撲協会の理事長として、相撲道の発展に尽力しました。また、相撲の普及と発展に貢献した功績により、1964年(昭和39年)に文化功労者に選ばれました。

前田山は、日本相撲界の偉大な功労者の一人であり、その功績は今もなお称えられています。

前田山英五郎の横綱昇進

前田山英五郎の横綱昇進

-前田山英五郎の横綱昇進-

前田山英五郎は、1935年(昭和10年)に大関に昇進し、1938年(昭和13年)に横綱に昇進しました。横綱昇進の決め手となったのは、1938年(昭和13年)1月場所での13勝2敗の成績でした。この場所では、横綱双葉山定次と優勝を争い、最終的には優勝決定戦で敗れましたが、横綱昇進に十分な成績を残しました。

前田山英五郎は、横綱昇進後も活躍を続け、1940年(昭和15年)1月場所では14勝1敗で優勝しました。また、1941年(昭和16年)1月場所では13勝2敗で優勝し、2度目の優勝を果たしました。しかし、太平洋戦争が激化すると、前田山英五郎は応召され、1943年(昭和18年)1月場所を最後に現役を引退しました。

前田山英五郎は、横綱として在位した期間は短かったですが、その功績は大きく、日本の相撲界に大きな足跡を残しました。前田山英五郎の横綱昇進は、日本相撲界にとって大きな出来事であり、多くの相撲ファンを歓喜させました。

前田山英五郎のハワイ巡業と高見山の養成

前田山英五郎のハワイ巡業と高見山の養成

前田山英五郎のハワイ巡業と高見山の養成

前田山英五郎は、昭和30年代に活躍した横綱です。彼は、ハワイ巡業で高見山を養成し、日本の相撲界に大きな功績を残しました。

前田山は、昭和28年にハワイに巡業に行きました。その際、彼はハワイの相撲クラブで稽古をしていた高見山と出会いました。高見山は、身長198cm、体重160kgの巨漢で、相撲の才能を持っていました。前田山は、高見山を日本に連れて帰り、自分の部屋で稽古をつけました。

高見山は、前田山の指導の下で急速に成長し、昭和32年に新入幕を果たしました。そして、昭和36年に横綱に昇進しました。高見山は、横綱として10年間活躍し、数々の優勝を果たしました。

前田山は、高見山の養成に成功し、日本の相撲界に大きな功績を残しました。彼は、日本の相撲界の発展に貢献した偉大な横綱です。

前田山と高見山の関係は、師弟関係を超えたものでした。前田山は、高見山を自分の息子のように可愛がり、高見山も前田山を父親のように慕っていました。前田山が亡くなったとき、高見山は号泣して悲しみ、彼の死を悼みました。

前田山と高見山の関係は、日本の相撲界の歴史に残る名コンビとして語り継がれています。

タイトルとURLをコピーしました