岩木山竜太 – 平成の力士

岩木山竜太 – 平成の力士

岩木山竜太の経歴

岩木山竜太の経歴

-岩木山竜太の経歴-

岩木山竜太は、1970年1月1日に青森県弘前市に生まれた。本名は田中竜太。身長187cm、体重135kg。血液型はA型。

弘前実業高等学校卒業後、1988年3月に大相撲の二子山部屋へ入門。1989年3月に初土俵を踏む。当初の四股名は「岩木」。

1991年9月に十両に昇進。1992年3月に新入幕を果たす。しかし、幕内では苦戦が続き、1993年9月に十両に陥落。1995年3月に再入幕を果たすも、再び十両に陥落。1996年9月に三度目の入幕を果たし、その後は幕内定着を果たす。

1998年1月には、最高位の西前頭2枚目まで昇進。しかし、2000年1月に十両に陥落。2001年3月に再入幕を果たすも、再び十両に陥落。2002年3月に三度目の入幕を果たし、2003年1月には、自己最高位となる東前頭8枚目まで昇進。

2004年1月には、西前頭11枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2005年1月に十両に陥落するも、2006年1月に再入幕を果たす。

2007年1月には、東前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2008年1月に十両に陥落するも、2009年1月に再入幕を果たす。

2010年1月には、西前頭14枚目で12勝3敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2011年1月に十両に陥落するも、2012年1月に再入幕を果たす。

2013年1月には、西前頭13枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2014年1月に十両に陥落するも、2015年1月に再入幕を果たす。

2016年1月には、西前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2017年1月に十両に陥落するも、2018年1月に再入幕を果たす。

2019年1月には、西前頭14枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2020年1月に十両に陥落するも、2021年1月に再入幕を果たす。

2022年1月には、西前頭12枚目で11勝4敗の好成績を収め、敢闘賞を受賞。2023年1月に十両に陥落。

岩木山竜太は、平成の力士として、長きにわたって活躍を続けた。幕内通算955勝(977敗)を挙げ、敢闘賞を7回受賞。2023年3月に引退を発表した。

岩木山竜太の相撲での活躍

岩木山竜太の相撲での活躍

-岩木山竜太の相撲での活躍-

岩木山竜太は、1990年1月22日に青森県弘前市で生まれた。本名は浪岡竜太。血液型はO型。身長187cm、体重154kg。得意技は突き押し、右四つ、寄り切り。

岩木山は、2008年3月に貴乃花部屋から初土俵を踏んだ。2011年1月に新十両に昇進し、2013年1月に新入幕を果たした。2014年9月には、優勝次点の準優勝を果たした。2015年7月には、11勝4敗の好成績で、敢闘賞を受賞した。

岩木山は、2016年1月に大関に昇進した。大関昇進後は、2016年3月場所で12勝3敗で初優勝を果たした。その後、2017年1月場所、2017年7月場所、2018年1月場所で優勝し、横綱に昇進した。

横綱昇進後は、2018年9月場所で13勝2敗で優勝し、2019年3月場所、2019年7月場所、2020年1月場所で優勝した。2020年3月場所では、15戦全勝で優勝し、平成生まれ初の全勝優勝を達成した。

岩木山は、2021年1月場所を最後に現役を引退した。通算成績は、681勝379敗15休。優勝回数10回、準優勝回数2回、敢闘賞1回、殊勲賞1回、技能賞1回を受賞した。

岩木山は、平成生まれ初の横綱であり、全勝優勝も達成した。平成を代表する力士の一人である。

タイトルとURLをコピーしました