女子サッカー選手・山根恵里奈

女子サッカー選手・山根恵里奈

少女サッカープロジェクトの逸材

少女サッカープロジェクトの逸材

-少女サッカープロジェクトの逸材-

山根恵里奈は、1997年12月21日生まれの女子サッカー選手です。ポジションはMFで、なでしこジャパンにも選出されています。

山根は、小学3年生の時にサッカーを始めました。地元のクラブチームでプレーし、中学時代には静岡県選抜にも選ばれました。高校は静岡県立浜松商業高等学校に進学し、全国高等学校女子サッカー選手権大会に出場しました。

高校卒業後は、日テレ・東京ヴェルディベレーザに入団しました。2016年にはなでしこジャパンに初選出され、同年10月の国際親善試合で国際Aマッチデビューを果たしました。

2018年には、なでしこジャパンのメンバーとしてAFC女子アジアカップに出場し、準優勝に貢献しました。また、同年のなでしこリーグでは、ベストイレブンに選出されました。

2019年には、なでしこジャパンのメンバーとしてFIFA女子ワールドカップに出場し、史上初のベスト8進出に貢献しました。

山根は、少女サッカープロジェクトの逸材として注目されています。スピードとドリブル技術に優れており、決定的なパスやシュートを放つことができます。また、守備でも献身的にプレーする姿が印象的です。

山根は、なでしこジャパンの次世代を担う選手として期待されています。今後の活躍に注目が集まります。

なでしこジャパンの中心的GK

なでしこジャパンの中心的GK

-なでしこジャパンの中心的GK-

山根恵里奈選手は、なでしこジャパンの中心的GKとして活躍しています。2013年に代表デビューを果たした彼女は、ここまで通算32試合に出場しています。その間、2015年のワールドカップと2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、いずれもベスト8進出を果たしています。

山根選手は、1990年10月28日生まれの29歳。身長は170cmで、体重は63kgです。所属チームは、INAC神戸レオネッサです。

山根選手は、優れた反射神経と足元の技術を兼ね備えたGKです。また、落ち着き払った性格で、試合中は常に冷静さを失わずにプレーしています。

山根選手は、なでしこジャパンの守護神として、チームの勝利に貢献しています。今後の活躍にも期待がかかります。

-山根恵里奈選手の経歴-

山根選手は、大阪府出身です。小学校からサッカーを始め、中学時代にはセレッソ大阪レディースのジュニアユースチームに所属していました。高校は藤枝順心高校に進学し、全国高等学校女子サッカー選手権大会で優勝を経験しています。

大学は日本体育大学に進学し、2013年にINAC神戸レオネッサに入団しました。入団後はすぐにレギュラーの座を掴み、チームの主力選手として活躍しています。

山根選手は、2013年に代表デビューを果たしました。2015年のワールドカップと2016年のリオデジャネイロオリンピックに出場し、いずれもベスト8進出を果たしています。

山根選手は、なでしこジャパンの守護神として、チームの勝利に貢献しています。今後の活躍にも期待がかかります。

FIFAワールドカップ準優勝の立役者

FIFAワールドカップ準優勝の立役者

大見出し 女子サッカー選手・山根恵里奈

小見出し FIFAワールドカップ準優勝の立役者

オリンピック金メダル、FIFAワールドカップ優勝、日本の女子サッカーは世界のトップに君臨したが、山根恵里奈は、そのどちらにも出場したことがない。しかし、この2つの大会でチームが成功を収めた最大の立役者の一人である。

山根が日本代表でデビューしたのは2010年、彼女はまだ19歳だった。その年のうちに、ワールドカップとアジア大会に出場し、両大会で優勝を果たした。この活躍から、彼女は2011年のFIFAワールドカップの登録メンバーに選出されたが、大会では出場機会がなかった。

しかし、2012年のロンドンオリンピックでは、山根はスタメンの座を確保した。彼女はグループリーグ3試合すべてに先発出場し、チームのベスト4進出に貢献した。準決勝ではアメリカに敗れたが、3位決定戦ではフランスを破り、銅メダルを獲得した。

2015年のワールドカップでは、山根は再び全試合に先発出場した。彼女はグループリーグで2ゴールを挙げ、チームのベスト16進出に貢献した。しかし、ベスト16でイングランドに敗れ、チームは8強止まりとなった。

2019年のワールドカップでは、山根は再び全試合に先発出場した。彼女はグループリーグで1ゴールを挙げ、チームのベスト8進出に貢献した。ベスト8ではオランダに敗れたが、チームは準優勝を果たし、銀メダルを獲得した。

山根は、日本の女子サッカーの黄金期を支えたレジェンドである。彼女は、オリンピック金メダル、ワールドカップ優勝、アジア大会優勝を経験し、数々のタイトルを獲得した。また、彼女は、世界のトップクラスのディフェンダーとして知られ、その活躍は世界中からリスペクトされている。

タイトルとURLをコピーしました