若林修 – 日本代表として活躍したアイスホッケー選手

若林修 – 日本代表として活躍したアイスホッケー選手

アイスホッケーの名選手

アイスホッケーの名選手

-アイスホッケーの名選手-

若林修は、長野オリンピックで日本代表として活躍したアイスホッケー選手です。

1971年2月29日、東京都生まれ。

小学校3年生の時にアイスホッケーを始め、中学、高校と全国大会に出場するなど活躍しました。

1990年に日本大学に進学し、アイスホッケー部に入部します。

1993年に日本代表に初選出され、1994年リレハンメルオリンピックに出場しました。

1996年に日本大学を卒業し、住友金属工業に入社。

1998年長野オリンピックでは日本代表の主将を務め、オリンピック史上初の1次リーグ突破を果たしました。

2000年に住友金属工業を退社し、北米に渡りました。

2001年から2005年まで、中国のアイスホッケーリーグである中国アイスホッケーリーグ(CIL)でプレーしました。

2005年に日本に戻り、日本アイスホッケーリーグ(JIHL)の王子製紙クレインズに入団。

2009年に王子製紙クレインズを退団し、アイスホッケー選手を引退しました。

現在では、日本アイスホッケー連盟の専務理事としてアイスホッケーの普及と発展に努めています。

日本代表としてオリンピックに出場

日本代表としてオリンピックに出場

-日本代表としてオリンピックに出場-

若林修は、1998年の長野オリンピックと2002年のソルトレイクシティオリンピックに出場した日本代表アイスホッケー選手です。長野オリンピックでは、日本代表は残念ながら予選リーグで敗退しましたが、ソルトレイクシティオリンピックでは、予選リーグを突破して決勝トーナメントに進出しました。決勝トーナメントでは、チェコ代表に敗れてベスト8に終わりましたが、日本代表史上初の快挙でした。

若林修は、ソルトレイクシティオリンピックの準々決勝のチェコ戦で、1ゴールを挙げています。このゴールは、日本代表にとってオリンピックでの初得点であり、歴史的なゴールとして語り継がれています。

若林修は、日本代表としてオリンピックに出場しただけでなく、世界選手権にも何度も出場しています。世界選手権では、2000年に8位、2001年に9位、2002年に11位という成績を残しています。

若林修は、日本代表のアイスホッケー選手として、長年にわたって活躍しました。その功績は、日本アイスホッケーの発展に大きく貢献しています。

引退後は監督として活躍

引退後は監督として活躍

引退後は監督として活躍

若林修は、現役引退後もアイスホッケーに関わり続け、監督として活躍しました。1992年には、日本代表の監督に就任し、1993年の世界選手権でチームを初のメダル獲得に導きました。また、1998年には長野オリンピックに出場し、チームをベスト8に導きました。

若林は監督として、常に選手を第一に考え、選手一人ひとりの能力を最大限に引き出すことを心がけました。また、チームワークを重視し、選手同士の結束を強めることで、チームの力を最大限に発揮することを目指しました。

若林の監督としての功績は大きく、日本アイスホッケー界の発展に大きく貢献しました。若林は、日本アイスホッケー界のレジェンドとして、今もなお尊敬を集めています。

若林修の監督としての主な実績は以下の通りです。

* 1993年世界選手権 銅メダル
* 1998年長野オリンピック ベスト8
* 2002年ソルトレークシティオリンピック 出場
* 2006年トリノオリンピック ベスト8
* 2010年バンクーバーオリンピック 出場

若林は、日本代表監督を退任した後も、アイスホッケー界の発展に貢献し続けました。2014年には、日本アイスホッケー連盟の会長に就任し、現在もその職に就いています。若林は、会長として、日本アイスホッケーの普及と発展に尽力しています。

タイトルとURLをコピーしました