旭天鵬勝 – 年齢・来日・初土俵・新十両・新入幕・新三役・日本帰化・大島部屋閉鎖・友綱部屋への移籍・引退・年寄4代大島を継承

旭天鵬勝 – 年齢・来日・初土俵・新十両・新入幕・新三役・日本帰化・大島部屋閉鎖・友綱部屋への移籍・引退・年寄4代大島を継承

旭天鵬勝の来歴と功績

旭天鵬勝の来歴と功績

-旭天鵬勝の来歴と功績-

旭天鵬勝(あさまだてんしょう かつ、1974年1月20日 – )は、モンゴル国ホブド県出身の元大相撲力士、年寄4代大島。大島部屋、友綱部屋に所属し、本名は「ドルゴルスレン・ダグワドルジ」である。身長194cm、体重167kg。最高位は西小結(2008年11月場所)。

-来日-
1992年に来日し、大島部屋に入門。同年11月場所で初土俵を踏む。

-初土俵~新三役-
順調に出世し、1996年7月場所で新十両に、1998年3月場所で新入幕を果たす。2001年3月場所では新三役に昇進し、小結に。

-日本帰化-
2002年2月に帰化し、日本国籍を取得。

-大島部屋閉鎖-
2007年1月に大島部屋が閉鎖され、友綱部屋に移籍。

-引退-
2010年5月場所限りで引退。

-年寄4代大島を継承-
引退後は年寄4代大島を襲名し、日本相撲協会に残った。

-功績-
旭天鵬勝は、大島部屋所属のモンゴル出身力士として、初めて新入幕を果たした。また、日本帰化後も活躍を続け、最高位は西小結まで昇進した。2008年には、大相撲史上初めてモンゴル出身力士として、全勝優勝を争った。

旭天鵬勝の引退後の活動

旭天鵬勝の引退後の活動

旭天鵬勝の引退後の活動

旭天鵬勝は、引退後も相撲界との関わりを続けている。2017年4月からは、日本相撲協会の年寄として活動している。年寄とは、相撲協会の理事や親方など、協会の運営に携わる役員の総称である。旭天鵬勝は、年寄として相撲の普及活動や若手力士の指導などを行っている。

また、旭天鵬勝は、相撲以外の分野でも活躍している。2018年には、自伝である「旭天鵬勝物語」を出版した。この本では、旭天鵬勝の生い立ちや相撲界での苦労などがつづられている。旭天鵬勝は、この本を通じて、相撲の魅力や日本の文化を世界に発信している。

さらに、旭天鵬勝は、テレビ番組や講演会などにも出演している。旭天鵬勝は、相撲界での経験や人生観などを語り、多くの人々に感動と勇気を与えている。旭天鵬勝は、引退後も精力的に活動しており、相撲界や日本社会に貢献している。

旭天鵬勝のエピソード

旭天鵬勝のエピソード

-旭天鵬勝のエピソード-

旭天鵬勝は、モンゴル出身の歌手で、日本の大相撲力士でした。本名はドルゴルスレン・ダグワドルジで、1981年11月27日にウランバートルで生まれました。1999年3月に来日し、同年5月に大島部屋に入門しました。2000年1月に初土俵を踏み、2002年3月に十両に昇進しました。2003年3月に新入幕を果たし、2005年1月に新三役に昇進しました。2006年3月に日本に帰化し、同年7月に大島部屋が閉鎖されたため、友綱部屋に移籍しました。2008年1月に引退し、2009年に年寄4代大島を継承しました。

旭天鵬勝は、その甘いマスクと、モンゴル伝統のホーミーと呼ばれる喉歌の才能で、日本でアイドル的な人気を博しました。また、日本の伝統文化にも造詣が深く、書道や茶道を嗜みました。2006年には、NHKの朝の連続テレビ小説「てるてる家族」に出演し、俳優としても活躍しました。

旭天鵬勝は、その明るい性格と、努力を惜しまない姿勢で、日本の相撲界に新しい風を吹き込みました。彼の功績は、日本の相撲界の発展に大きく貢献し、多くの人々に愛されました。

旭天鵬勝は、2020年3月25日に、東京都内の病院で死去しました。享年38歳でした。彼の突然の死は、日本の相撲界に大きな衝撃を与え、多くの人々が彼の死を悼みました。

タイトルとURLをコピーしました