永瀬貴規

永瀬貴規

永瀬貴規の経歴

永瀬貴規の経歴

永瀬貴規の経歴

永瀬貴規は、1998年9月29日に東京都で生まれたプロ野球選手です。ポジションは内野手です。

永瀬貴規は、小学校1年生から野球を始めました。中学時代は、軟式野球部に所属し、主将を務めました。高校は、日大三高に進学し、3年春には選抜高校野球大会に出場しました。高校卒業後は、中央大学に進学し、4年春には首都大学野球連盟ベストナインに選ばれました。

大学卒業後は、社会人野球のNTT東日本に入団しました。NTT東日本では、2年間プレーし、2021年のドラフト会議で、千葉ロッテマリーンズから3位指名を受けました。

千葉ロッテマリーンズに入団後は、1年目から一軍で活躍しました。2022年には、打率.292、15本塁打、56打点の成績を残し、千葉ロッテマリーンズの優勝に貢献しました。また、新人王にも輝きました。

永瀬貴規は、長打力と俊足を兼ね備えた内野手です。また、守備力も高く、将来は千葉ロッテマリーンズの主力選手として活躍することが期待されています。

永瀬貴規の主な戦績

永瀬貴規の主な戦績

-永瀬貴規の主な戦績-

永瀬貴規は、日本の将棋棋士であり、棋聖位、王座位、叡王位を保持している。2010年にプロ棋士となった永瀬は、2016年に棋聖位を獲得し、史上最年少の棋聖となった。2017年には王座位を獲得し、2018年には叡王位を獲得した。永瀬は、2019年にも棋聖位と王座位を防衛しており、現在もタイトルを保持している。

永瀬の主な戦績は以下の通りである。

・2010年プロデビュー
・2016年棋聖位獲得、史上最年少の棋聖となる
・2017年王座位獲得
・2018年叡王位獲得
・2019年棋聖位と王座位を防衛

永瀬は、史上最年少の棋聖となっただけでなく、最速でタイトルを3冠獲得した棋士でもある。永瀬は、現在も将棋界の第一線で活躍しており、今後の活躍にも期待がかかる。

永瀬貴規の得意技

永瀬貴規の得意技

# 永瀬貴規の得意技

-永瀬貴規-は、大相撲の力士で、東京都出身。所属する相撲部屋は、放駒部屋である。最高位は、西前頭13枚目。

永瀬貴規の得意技は、右四つ、上手投げ、押しである。

右四つは、相撲の基本的な組み手で、右手を相手の左上腕に、左手を相手の右上腕に組んで、相手の左腕を自分の右脇に挟む組み手である。永瀬貴規は、右四つから相手を押し込んで、上手投げで決めることが多い。

上手投げは、相撲の基本的な投げ技で、右四つの組み手から、相手の右上腕を自分の右前腕で押さえつけて、相手の右手を自分の左腋の下に潜らせて、相手の右肩口に自分の左手を、相手の左肩口に自分の右手を当てて、相手を自分の左側に倒す投げ技である。永瀬貴規は、上手投げで多くの勝利を収めている。

押しは、相撲の基本的な攻め手で、相手を自分の力を使って押し出すことである。永瀬貴規は、右四つの組み手から、相手を押し込んで、相手が土俵際に追い込んだところで、上手投げで決めることが多い。

永瀬貴規は、これらの得意技を駆使して、数多くの勝利を収めている。今後も、永瀬貴規の活躍に期待したい。

タイトルとURLをコピーしました