鬼面山谷五郎-多彩な武勇伝を残した幕末-明治時代の逸話力士

鬼面山谷五郎-多彩な武勇伝を残した幕末-明治時代の逸話力士

鬼面山谷五郎の生涯と足跡

鬼面山谷五郎の生涯と足跡

-鬼面山谷五郎の生涯と足跡-

鬼面山谷五郎は、幕末から明治時代にかけて活躍した大相撲力士です。鬼面山という四股名で知られ、その勇猛果敢な戦いぶりで数々の武勇伝を残しました。

鬼面山谷五郎は、1825年(文政8年)に江戸の魚河岸で生まれました。本名は谷五郎右衛門です。幼い頃から体が大きく、力持ちでした。1843年(天保14年)に、18歳の若さで相撲の世界に入門しました。

鬼面山は、入門当初から頭角を現し、1849年(嘉永2年)には大関に昇進しました。そして、1858年(安政5年)には、当時最強と謳われた横綱・不知火諾右衛門を破って横綱に昇進しました。

鬼面山は、横綱として多くの強敵と対戦し、数々の勝利を収めました。その中でも、特に有名なのが、1861年(文久元年)に京都で行われた「鬼面山不知火大相撲」です。この相撲は、鬼面山と不知火が対戦し、鬼面山が勝利するという結果になりました。この相撲は、幕末の三大名勝負の一つに数えられ、鬼面山の名声を高めました。

1868年(明治元年)、明治維新が起こり、相撲界も大きな変革期を迎えました。鬼面山は、明治政府から大横綱の称号を授与され、相撲界の最高位に君臨しました。

しかし、鬼面山は、1874年(明治7年)に急死しました。享年50歳でした。鬼面山の死は、相撲界に大きな衝撃を与え、多くのファンが悲しみに暮れました。

鬼面山は、その勇猛果敢な戦いぶりで数々の武勇伝を残した、幕末-明治時代の逸話力士です。その功績は、相撲界に今もなお語り継がれています。

越後の稀世の力士-様々な逸話

越後の稀世の力士-様々な逸話

越後の稀世の力士-様々な逸話

鬼面山谷五郎は、幕末から明治時代にかけて活躍した越後の稀世の力士です。その豪快な言動と数々の逸話は、人々を魅了し、現在も語り継がれています。

鬼面山谷五郎は、嘉永2年(1849年)に新潟県長岡市で生まれました。本名は谷五郎右衛門です。幼少期から相撲が大好きで、村の相撲大会では常に優勝していました。15歳の時に長岡の廻国衆・佐渡ヶ嶽部屋に入門し、そこで本格的に相撲の稽古を始めました。

谷五郎は、天性の怪力と豪快な取り口で、たちまち頭角を現しました。嘉永6年(1853年)には、江戸で開かれた大相撲興行に出場し、そこで当時の横綱・雷電爲右衛門と対戦しました。谷五郎は、雷電の猛攻に耐え抜き、土俵際に追い込まれながらも、ついに雷電を破りました。この勝利により、谷五郎は一躍、全国にその名を知られるようになりました。

その後、谷五郎は江戸の相撲会所に入門し、取組を重ねました。谷五郎は、怪力と豪快な取り口で、たちまち人気力士となりました。嘉永7年(1854年)には、横綱・小柳常吉と対戦し、これを破りました。この勝利により、谷五郎はついに横綱の座に就きました。

横綱となった谷五郎は、その豪快な言動と数々の逸話で、人々を魅了しました。谷五郎は、酒豪としても知られ、一晩で何杯でもお酒を飲むことができました。また、谷五郎は、相撲の稽古中にもお酒を飲むことが多く、稽古相手を酔わせることもありました。

谷五郎は、また、喧嘩っ早いことでも知られていました。谷五郎は、酒を飲んで酔っぱらうと、よく喧嘩を吹っかけました。谷五郎の喧嘩の相手は、力士だけでなく、一般の人々もいました。谷五郎は、喧嘩に勝つと、相手の鼻や耳を噛みちぎることもありました。

谷五郎は、明治15年(1882年)に引退しました。引退後は、新潟県長岡市で相撲道場を開き、後進の指導にあたりました。谷五郎は、明治34年(1901年)に亡くなりました。

鬼面山谷五郎は、その豪快な言動と数々の逸話で、人々を魅了した稀代の力士でした。谷五郎の遺徳は、現在も新潟県長岡市に伝承されています。

鬼面山谷五郎の主な戦績

鬼面山谷五郎の主な戦績

-鬼面山谷五郎の主な戦績-

鬼面山谷五郎は、幕末から明治時代にかけて活躍した逸話力士です。彼の最も有名な戦績は、1868年(慶応4年)の戊辰戦争における、会津藩との戦いです。

鬼面山谷五郎は、会津藩の城下町である若松城に攻め寄せた新政府軍に加わり、会津藩の兵士と激戦を繰り広げました。この戦いで、鬼面山谷五郎は、会津藩の兵士を相手に、矢の雨をものともせず、次々と敵兵を切り伏せていきました。

鬼面山谷五郎の活躍は、新政府軍の士気を大きく高め、会津藩の兵士たちに大きな恐怖を与えました。結局、会津藩は新政府軍に降伏し、戊辰戦争は終結しました。

戊辰戦争以外にも、鬼面山谷五郎は、数多くの戦いで活躍しました。1870年(明治3年)には、西南戦争でも新政府軍に加わり、薩摩藩の兵士と戦っています。

鬼面山谷五郎は、生涯にわたって、数多くの戦いで活躍し、その武勇を称えられました。彼は、幕末-明治時代の日本を代表する逸話力士の一人です。

タイトルとURLをコピーしました