– 青田昇 – 戦後のプロ野球を代表する強打者

– 青田昇 – 戦後のプロ野球を代表する強打者

滝川中学時代 – 別所毅彦との甲子園出場

滝川中学時代 - 別所毅彦との甲子園出場

滝川中学時代 – 別所毅彦との甲子園出場

青田昇は、1920年(大正9年)12月9日に北海道札幌市に生まれた。幼い頃から野球に親しみ、小学校時代には投手として活躍していた。中学は地元の滝川中学に進学し、ここで後にプロ野球で活躍する別所毅彦と出会う。

滝川中学は、青田と別所の2人を中心に1937年(昭和12年)の夏の甲子園大会に出場した。青田は4番打者として別所と共にチームの主軸を打ち、1回戦で平安中学(京都府)に勝利した。しかし、2回戦で中京商業学校(愛知県)に敗れ、ベスト16で大会を後にした。

甲子園出場は、青田にとって大きな経験となった。全国の強豪校と対戦し、そのレベルの高さを実感した。また、別所とはこの大会でさらに親交を深め、プロ野球入り後も長く親友として付き合い続けた。

滝川中学卒業後は、青田は北海道鉄道管理局に入社し、野球部の選手としてプレーを続けた。1941年(昭和16年)には別所と共にプロ野球の南海軍に入団し、プロ野球入りを果たした。

青田はプロ野球でもその長打力を発揮し、1944年(昭和19年)には打率.321、22本塁打、87打点の好成績を残し、首位打者と本塁打王のタイトルを獲得した。また、1946年(昭和21年)にはチームの日本一に貢献し、MVPに輝いた。

青田は1950年(昭和25年)に現役を引退し、その後はコーチや監督としてプロ野球界で活躍した。1974年(昭和49年)には野球殿堂入りを果たし、その功績を称えられた。

青田昇は、戦後のプロ野球を代表する強打者の一人であり、その活躍は多くのファンを魅了した。滝川中学時代に出場した甲子園大会は、青田にとって大きな経験となり、その後のプロ野球での活躍の礎となった。

巨人軍・阪急ブレーブスでの活躍

巨人軍・阪急ブレーブスでの活躍

-巨人軍・阪急ブレーブスでの活躍-

青田昇は、1948年に巨人軍に入団しました。1年目は主に控えとして出場していましたが、1949年には外野手のレギュラーに定着します。青田は長打力が魅力の打者で、1950年には30本塁打を放ち、本塁打王を獲得しました。また、1951年には打率.330を記録し、首位打者にも輝きました。

青田は巨人軍で4度のリーグ優勝と3度の日本一を経験しました。しかし、1955年に阪急ブレーブスに移籍します。青田は阪急でも中心打者として活躍し、1957年には打率.341を記録し、2度目の首位打者を獲得しました。また、1959年には29本塁打を放ち、本塁打王にも輝いています。

青田は阪急でも2度のリーグ優勝と1度の日本一を経験しました。1961年に現役を引退するまで、青田はプロ野球を代表する強打者として活躍しました。

青田は通算1581安打、209本塁打、857打点、打率.290の成績を残しています。2001年には野球殿堂入りを果たしました。

青田は、長打力と打率の高さで、プロ野球を代表する強打者として活躍しました。巨人軍と阪急ブレーブスで、多くのタイトルを獲得し、リーグ優勝と日本一にも貢献しました。青田は、野球殿堂入りを果たした名選手です。

大洋ホエールズで監督に就任

大洋ホエールズで監督に就任

大洋ホエールズで監督に就任

1969年、青田昇は監督として復帰し、大洋ホエールズを率いることとなった。青田は、それまでの4年間、近鉄バファローズの監督を務めており、1967年にはチームを2位に導くなど、一定の成功を収めていた。青田は、大洋ホエールズでも、その強打を活かした攻撃的な野球を展開し、チームを1970年には2位に導いた。しかし、翌1971年には4位に終わり、監督を辞任した。

青田の監督としての実績は、決して華々しいものではなかったが、若手の選手を積極的に起用し、チームの活性化を図った。また、相手の弱点を突く戦術を駆使し、チームの勝利に貢献した。青田は、監督としての手腕を十分に発揮することができなかったが、その功績は決して忘れられるものではない。

青田は、監督を辞任した後も、大洋ホエールズのフロント入りし、チームの運営に携わった。青田は、大洋ホエールズの生え抜き選手として、チームに貢献し、監督としてチームを率いた。青田は、まさに、大洋ホエールズの歴史を代表する人物である。

青田昇は、1934年、神奈川県横浜市に生まれた。青田は、小、中学時代から野球を始め、横浜高校に進学した。横浜高校では、1年生からレギュラーとして活躍し、3年生の時には、チームを夏の甲子園大会に出場させた。青田は、高校卒業後、大洋ホエールズに入団した。青田は、入団1年目からレギュラーとして活躍し、1956年には、首位打者を獲得した。青田は、その後も大洋ホエールズの中心打者として活躍し、1965年には、チームを日本シリーズ初優勝に導いた。

青田は、1967年に現役を引退し、その後は近鉄バファローズの監督を務めた。青田は、1969年に大洋ホエールズの監督に就任し、1970年にはチームを2位に導いた。しかし、翌1971年には4位に終わり、監督を辞任した。青田は、その後も大洋ホエールズのフロント入りし、チームの運営に携わった。青田は、1999年に逝去した。

タイトルとURLをコピーしました