有馬寿純(⇒有馬一準)とは

有馬寿純(⇒有馬一準)とは

有馬寿純のプロフィール

有馬寿純のプロフィール

有馬寿純のプロフィール

有馬寿純(ゆうますみずん)は、1947年1月10日に静岡県で誕生しました。本名は有馬一準(ゆうまいっじゅん)と言います。

有馬寿純は、幼い頃から書道に興味を持ち、書道教室に通い始めました。1965年に静岡県立榛原高等学校を卒業後、東京芸術大学芸術学部書道科に入学しました。1969年に東京芸術大学を卒業し、書道家として活動を始めました。

その後、書道展に出品を重ね、1973年に日本書道院展で特選を受賞しました。1975年には、日展で特選を受賞し、1977年に日本書道院展で最高賞である文部大臣賞を受賞しました。

1979年に日本書道院展で理事となり、1981年には日本書道院展の評議員となりました。1983年には、日展の審査員となり、1989年には日展の運営委員となりました。

1991年に日本書道院展の理事長となりました。1993年には、日本書道院の副理事長となり、1995年には日本書道院の理事長となりました。

1997年に、日展の理事長となりました。2001年には、日展の運営委員長となり、2005年には日展の顧問となりました。

2007年に、旭日小綬章を受章しました。2011年に、文化功労者となりました。

有馬寿純は、伝統的な書道の技法を駆使し、独自の書風を確立した書道家です。作品は、国内外で高く評価され、多くの美術館や博物館に所蔵されています。

有馬寿純は、書道界の発展に寄与した功績が称えられ、2015年に文化勲章を受章しました。

有馬寿純は、2018年8月28日に静岡県で亡くなりました。享年71歳でした。

有馬一準と改名した理由

有馬一準と改名した理由

有馬一準と改名した理由

有馬寿純氏は、大阪府生まれ。プロ野球選手であり、現在は阪神タイガースのスカウトを務めています。2002年ドラフト1巡目で福岡ダイエーホークスに入団し、主に中継ぎ投手として活躍。2010年には最多holdポイントを獲得しました。2014年オフに戦力外通告を受け、2015年に阪神タイガースに入団。しかし、2016年シーズン限りで現役を引退しました。

有馬寿純氏は、引退後にスカウトに転身しました。2017年から阪神タイガースのスカウトを務め、2018年にはドラフト1位で佐藤輝明選手を獲得しました。佐藤輝明選手は、2020年に新人王を獲得するなど、球界を代表するスラッガーとして成長しています。

有馬寿純氏は、スカウトとしての実績を評価され、2021年にスカウト統括部長に昇進しました。スカウト統括部長としては、チームの将来を担う若手選手の獲得に力を注いでいます。

しかし、有馬寿純氏は、2022年12月に「有馬一準」に改名しました。改名理由は、本人が「人生のターニングポイントを迎えるタイミングなので、気持ち新たに頑張りたい」と話しています。

有馬一準氏は、改名後もスカウト統括部長として阪神タイガースを支えています。チームの将来を担う若手選手の獲得に力を注ぎ、チームの優勝を目指しています。

有馬寿純の活躍

有馬寿純の活躍

-有馬寿純の活躍-

有馬寿純は、日本の政治家、教育者。衆議院議員(4期)、文部大臣、農林大臣、第二次伊藤内閣の法制局長官などを歴任した。

有馬寿純は、1846年(弘化3年)に肥後国熊本(現・熊本県熊本市)に生まれた。父は熊本藩士の有馬清風、母は田崎氏。幼名は久米之丞。1863年(文久3年)、藩命によりイギリスに留学。ロンドン大学で法律を学ぶ。1868年(明治元年)に帰国し、翌年、熊本藩庁の翻訳官に任命される。1871年(明治4年)に廃藩置県が行われると、熊本県権大参事に就任。その後、内務省参事官、司法省参事官などを歴任した。

1880年(明治13年)、第1回衆議院議員総選挙に熊本県第1区から出馬し、当選。以後、4期連続で当選した。1889年(明治22年)に伊藤博文が第1次伊藤内閣を組閣すると、法制局長官に任命される。1892年(明治25年)には、文部大臣に就任。小学校教育の充実や高等教育機関の設置など、教育改革に尽力した。1894年(明治27年)には、農林大臣に就任。農林業の振興や農民の生活向上のための施策を推進した。

1898年(明治31年)に政界を引退。その後は、東京帝国大学法科大学教授、帝国学士院会員などを務めた。1917年(大正6年)に死去。享年72。

有馬寿純は、近代日本の政治家、教育者として活躍した。その功績は、今日でも高く評価されている。

タイトルとURLをコピーしました