– 久慈次郎:大正・昭和時代の野球選手

– 久慈次郎:大正・昭和時代の野球選手

早稲田大学野球部での活躍

早稲田大学野球部での活躍

早稲田大学野球部での活躍

久慈次郎は、早稲田大学に進学後、野球部に所属。1913年に東京六大学野球の秋季リーグ戦に初出場し、デビュー戦では専修大学を相手に、ノーヒットノーランを達成した。翌1914年には、早稲田大学が東京六大学野球の春季リーグ戦と秋季リーグ戦の2連覇を達成した。久慈は、この2連覇の立役者として、東京六大学野球のベストナインに選出された。また、1915年には、早稲田大学が明治神宮野球大会で優勝し、久慈は、この大会でもベストナインに選出された。

久慈は、早稲田大学野球部在籍中に、通算41勝12敗、防御率1.03の成績を収めた。また、打者としても、打率.289、本塁打25本、打点123を記録した。久慈は、早稲田大学野球部の黄金期を支えた名投手として、今もなお語り継がれている。

函館大洋倶楽部でのプレー

函館大洋倶楽部でのプレー

函館大洋倶楽部でのプレー

久慈次郎は、1935年(昭和10年)に函館大洋倶楽部に入団した。函館大洋倶楽部は、1934年(昭和9年)に結成されたばかりの球団で、この年が2年目のシーズンだった。久慈次郎は、入団1年目からレギュラーに抜擢され、主に投手として活躍した。

1935年(昭和10年)のシーズン、函館大洋倶楽部は、24勝31敗1分の成績で、8チーム中5位の成績を残した。久慈次郎は、このシーズン、14勝9敗の成績を収め、チームの投手陣を牽引した。

1936年(昭和11年)のシーズン、函館大洋倶楽部は、29勝26敗2分の成績で、8チーム中4位の成績を残した。久慈次郎は、このシーズン、11勝10敗の成績を収め、前年よりもさらに好成績を残した。

1937年(昭和12年)のシーズン、函館大洋倶楽部は、32勝23敗3分の成績で、8チーム中2位の成績を残した。久慈次郎は、このシーズン、13勝7敗の成績を収め、チームの投手陣を牽引した。

1938年(昭和13年)のシーズン、函館大洋倶楽部は、26勝29敗3分の成績で、8チーム中5位の成績を残した。久慈次郎は、このシーズン、10勝11敗の成績を収めた。

1939年(昭和14年)のシーズン、函館大洋倶楽部は、25勝30敗2分の成績で、8チーム中6位の成績を残した。久慈次郎は、このシーズン、8勝10敗の成績を収めた。

久慈次郎は、函館大洋倶楽部で5年間プレーし、通算81勝67敗の成績を残した。久慈次郎は、函館大洋倶楽部の主力投手として活躍し、チームの躍進に貢献した。

全日本の主将としての日米野球

全日本の主将としての日米野球

– 久慈次郎大正・昭和時代の野球選手

-# 全日本の主将としての日米野球

1934年、日米野球大会が開催されました。この大会は、アメリカ合衆国と日本の野球チームが対戦するもので、今回が2回目でした。日本チームは、全日本選抜チームとして出場し、久慈次郎が主将を務めました。

全日本選抜チームは、大会初戦でアメリカ合衆国チームに敗北しましたが、その後は連勝し、決勝戦まで進出しました。決勝戦では、再びアメリカ合衆国チームと対戦し、延長14回の激闘の末、2-1で勝利しました。

久慈次郎は、全日本選抜チームの主将として、チームを優勝に導きました。この大会での活躍は、久慈次郎の野球選手としての才能を証明するものでした。

久慈次郎は、日米野球大会での活躍以外にも、多くの功績を残しました。1936年に開催されたベルリンオリンピックでは、野球日本代表チームの一員として金メダルを獲得しました。また、1937年には、アメリカのメジャーリーグベースボールに挑戦しました。メジャーリーグでは、ニューヨーク・ジャイアンツとブрукリン・ドジャースでプレーしました。

久慈次郎は、1959年に野球殿堂入りを果たしました。また、1964年には、勲五等双光旭日章を受章しました。久慈次郎は、日本の野球界の発展に貢献した偉大な野球選手の一人です。

タイトルとURLをコピーしました