生沢徹 – 日本にカーレース人気を生んだパイオニアレーサー

生沢徹 – 日本にカーレース人気を生んだパイオニアレーサー

生沢徹とは?日本レーシング界に新風を吹き込んだドライバー

生沢徹とは?日本レーシング界に新風を吹き込んだドライバー

-生沢徹とは?日本レーシング界に新風を吹き込んだドライバー-

生沢徹(いくさわ とおる、1935年11月24日 – 2015年12月1日)は、日本のレーシングドライバー。愛称「ジョー」。

神奈川県横浜市鶴見区出身。横浜市立鶴見商業高等学校卒業。

1960年、プリンス自動車工業(現日産自動車)に入社。1963年、プリンス・スカイライン2000GTで日本グランプリに出場し、3位入賞を果たす。1964年、プリンス・スカイラインGTで同グランプリに出場し、2位入賞を果たす。1965年、プリンス・スカイラインGT-Rで同グランプリに出場し、優勝を果たす。

1966年、プリンス自動車工業が日産自動車と合併し、日産プリンス自動車販売㈱に移籍。1967年、日産プリンス・R380で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1968年、日産プリンス・R381で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1969年、日産プリンス・R382で日本グランプリに出場し、優勝を果たす。

1970年、日産自動車を退社し、ヨーロッパに渡る。1971年、ポルシェ・917Kでル・マン24時間レースに出場し、2位入賞を果たす。1972年、フェラーリ・312PBでル・マン24時間レースに出場し、4位入賞を果たす。1973年、マツダ・RX-3でル・マン24時間レースに出場し、11位入賞を果たす。

1974年、日本に帰国。1975年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1976年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。1977年、日産・スカイラインGT-Rで日本グランプリに出場し、優勝を果たす。

1978年、レーシングドライバーを引退。1980年、日産自動車に復帰。1985年、日産自動車のモータースポーツ部門の責任者となる。1990年、日産自動車を退社。

2002年、日本自動車殿堂入り。2015年12月1日、老衰のため死去。80歳没。

生沢徹は、日本のレーシングドライバーとして初めてル・マン24時間レースに出場し、2位入賞を果たした。また、日本グランプリでは7回優勝を果たし、日本を代表するレーシングドライバーの一人として活躍した。

レースデビューからアメリカ遠征までの軌跡

レースデビューからアメリカ遠征までの軌跡

-レースデビューからアメリカ遠征までの軌跡-

生沢徹は、1931年(昭和6年)10月22日に東京に生まれた。父親は逓信省の官僚であり、母親は専業主婦だった。生沢は子供の頃から自動車に興味を持ち、小学校4年生のときに初めてゴーカートに乗った。

中学卒業後は、明治大学商学部に進学。大学在学中に本格的にレースを始め、1955年(昭和30年)に鈴鹿サーキットでデビューした。初レースとなった軽自動車レースでは、見事に優勝を飾った。

1956年(昭和31年)には、日本初の国際レースである日本グランプリに初めて出場。このレースでは、外国人ドライバーを相手に8位入賞を果たした。この活躍が認められ、1957年(昭和32年)に日産自動車のワークスドライバーに抜擢された。

日産ワークスドライバーとして、生沢は1958年(昭和33年)の日本グランプリでは3位に入賞。1959年(昭和34年)には、日本グランプリで優勝を果たした。また、1960年(昭和35年)には、日本初の世界選手権となるF1モナコグランプリに出場。このレースでは、12位完走を果たした。

1961年(昭和36年)、生沢は日産を離れ、アメリカに遠征した。アメリカでは、インディ500やセブリング12時間レースなど、数々のレースに出場。1963年(昭和38年)には、インディ500で2位に入賞した。

1964年(昭和39年)、生沢は日本に帰国。その後も、国内外のレースに出場し、1972年(昭和47年)まで現役を続けた。

生沢徹は、日本にカーレース人気を生んだパイオニアレーサーである。その功績は、日本のモータースポーツ界の発展に大きく貢献した。

ヨーロッパ進出からチーム創設までの挑戦

ヨーロッパ進出からチーム創設までの挑戦

-ヨーロッパ進出からチーム創設までの挑戦-

生沢徹は、1960年代半ばにヨーロッパに渡り、F2やF3に参戦しました。しかし、資金難やマシントラブルなど、さまざまな困難に直面しました。1967年には、ついにF1に参戦し、日本人で初めてF1ドライバーとしてデビューしました。しかし、その年に起きた事故により、F1でのキャリアは短期間で終わってしまいました。

F1を引退した後、生沢徹はヨーロッパでツーリングカーレースに参戦し、1973年にはヨーロッパツーリングカー選手権で優勝しました。その後、日本に帰国し、1977年にチーム・ルマンを創設しました。チーム・ルマンは、1981年から1986年まで全日本F2選手権に参戦し、1983年にはシリーズチャンピオンを獲得しました。

生沢徹は、ヨーロッパで活躍した日本人ドライバーの第一人者であり、日本のカーレース人気のパイオニア的存在でもあります。彼の功績は、多くの日本人レーサーに夢を与え、日本のカーレースの発展に大きく貢献しました。

タイトルとURLをコピーしました