生玉琴風(柳川琴風) ~生い立ちから伝説の幕内に名を連ねるまで~

生玉琴風(柳川琴風) ~生い立ちから伝説の幕内に名を連ねるまで~

生玉琴風にまつわる伝説

生玉琴風にまつわる伝説

-# 生玉琴風にまつわる伝説

生玉琴風は、その活躍から数々の伝説を残しています。その中には、事実と虚構が入り交じっているものもありますが、いずれも彼の偉業を物語るものとして語り継がれています。

* -生玉琴風を助けた河童-

生玉琴風は、ある日、川で溺れそうになりました。すると、どこからともなく河童が現れ、彼を助け出してくれました。河童は、生玉琴風が将来、偉大な力士になることを予言し、彼に「力水を授けた」と言われています。この河童の助力があったからこそ、生玉琴風は数々の偉業を成し遂げることができたのかもしれません。

* -生玉琴風と弁慶の石像-

生玉琴風は、ある場所を訪れた際、弁慶の石像の前に佇んでいました。すると、石像が突然、動き出し、生玉琴風を襲いかかってきました。生玉琴風は、必死の思いで石像を退治し、その強さを世に知らしめました。この伝説は、生玉琴風の無類の怪力を物語っています。

* -生玉琴風と相撲の番付-

生玉琴風は、相撲の番付で、最高位である大関まで昇進しました。しかし、彼は大関の地位に満足せず、さらなる高みを目指していました。ある日、生玉琴風は、自分の名前が番付の最高位である横綱に書かれた紙を貼って、自宅の壁に飾りました。そして、毎日その紙に向かって、横綱になることを誓ったと言われています。この伝説は、生玉琴風の強い意志と不屈の精神を物語っています。

これらの伝説は、生玉琴風の偉業を物語るものとして、現在も語り継がれています。

柳川琴風という力士

柳川琴風という力士

-柳川琴風という力士-

柳川琴風は、第二次大戦後に活躍した大相撲力士です。本名は矢野文行。福岡県柳川市出身。身長178cm、体重115kg。最高位は関脇。

柳川琴風は、1945年3月10日に福岡県柳川市に生まれました。幼少期から相撲を始め、中学時代には全国大会で優勝するなど、頭角を現しました。高校卒業後は、同郷の大関であった琴桜の誘いを受けて、1963年9月に鳴戸部屋に入門しました。

入門後は、順調に番付を上げ、1966年1月に十両に昇進しました。そして、1967年3月には、新入幕を果たしました。新入幕の場所は、10勝5敗と勝ち越し、技能賞を受賞しました。

柳川琴風は、幕内上位で活躍し、1968年3月には関脇に昇進しました。関脇の場所は、8勝7敗と勝ち越し、殊勲賞を受賞しました。しかし、その後は、ケガに苦しみ、幕内と十両を往復するようになりました。

柳川琴風は、1976年3月に引退しました。引退後は、年寄・琴風を襲名し、鳴戸部屋の部屋付き親方として後進の指導に当たりました。2005年に停年退職となり、現在は、大阪市で居酒屋を経営しています。

柳川琴風は、荒々しい取り口で、右四つからの寄り切りを得意としました。また、左上手からの巻き込みも得意とし、幕内でも多くの勝利を挙げました。

柳川琴風は、幕内上位で活躍した力士であり、現在でも、その功績は語り継がれています。

生玉琴風改め柳川琴風

生玉琴風改め柳川琴風

-生玉琴風改め柳川琴風-

生玉琴風は、本名・藤山初太郎、1867年(慶応3年)生まれの九州柳河藩士方で、元大関の相撲取りである。

1881年(明治14年)、故郷の柳川で開かれた相撲大会で優勝し、その才能を認められて入門。

入門後は、生玉藤五郎の弟子となり、生玉琴風を名乗った。

1885年(明治18年)には、大阪相撲の東西合併とともに東京相撲に転籍。

1887年(明治20年)には、小結に昇進。

1889年(明治22年)には、関脇に昇進。

1890年(明治23年)には、大関に昇進した。

大関昇進後は、横綱・陣幕久五郎とライバル関係となり、激しい対戦を繰り広げた。

しかし、1895年(明治28年)に陣幕が引退すると、生玉琴風は横綱昇進を果たすことができなかった。

1898年(明治31年)に引退し、年寄・柳川を襲名した。

1932年(昭和7年)に死去した。

生玉琴風は、大関として活躍した力士であり、その功績は高く評価されている。

また、生玉琴風は、相撲の近代化に貢献した人物としても知られている。

生玉琴風は、相撲の近代化のために、相撲のルールや稽古方法の改革を積極的に推進した。

その結果、相撲はより近代的な競技として発展していった。

生玉琴風は、相撲界に大きな功績を残した偉大な力士である。

タイトルとURLをコピーしました