【人物辞典】江橋慎四郎について

【人物辞典】江橋慎四郎について

江橋慎四郎の経歴と功績

江橋慎四郎の経歴と功績

江橋慎四郎の経歴と功績

江橋慎四郎は、1887年(明治20年)に香川県に生まれ、1973年(昭和48年)に東京都で亡くなった日本の経済学者です。専門は金融論であり、日本における金融理論の確立に大きく貢献した功績で知られています。

江橋は、1910年(明治43年)に東京帝国大学経済学部を卒業し、1912年(明治45年)に同大学院を修了しました。その後、アメリカに留学し、コロンビア大学で学びました。1917年(大正6年)に帰国後、東京帝国大学経済学部助教授に就任し、1920年(大正9年)に同大学教授に昇進しました。

江橋は、1923年(大正12年)に刊行した『金融論』で、金融理論の体系的な解説を行いました。この著作は、日本の金融論の発展に大きな影響を与え、江橋は「日本の金融理論の父」と呼ばれるようになりました。

江橋は、1938年(昭和13年)に東京帝国大学総長に就任しました。総長在任中は、大学の自治権を強化し、学問の自由を擁護するなどの功績を残しました。江橋は、1945年(昭和20年)に総長を辞任し、その後は日本銀行総裁や経済安定本部総務長官などの要職を歴任しました。

江橋は、金融理論の確立に大きく貢献した功績で、1960年(昭和35年)に文化勲章を受章しました。また、1967年(昭和42年)には日本学士院会員に選出されました。

江橋慎四郎の専門分野

江橋慎四郎の専門分野

-江橋慎四郎の専門分野-

江橋慎四郎の専門分野は社会学である。社会学とは、人間社会を科学的に研究する学問であり、社会の構造や機能、変化などを分析する。江橋慎四郎は、社会学の中で特に、社会階層や社会移動、社会変動などの問題に関心を持っていた。

江橋慎四郎が社会学に興味を持ったのは、学生時代のことである。当時、江橋慎四郎は東京帝国大学で経済学を専攻しており、その中で社会学の講義を受講した。その講義で、江橋慎四郎は社会学の面白さに魅了され、社会学の研究を志すようになった。

江橋慎四郎は、社会学の研究において、実証的な調査方法を重視した。江橋慎四郎は、社会調査を積極的に行い、その結果を基に社会学の理論を構築した。また、江橋慎四郎は、社会学の研究において、国際的な視野を重視した。江橋慎四郎は、海外の社会学者と積極的に交流を持ち、その研究成果を日本の社会学に紹介した。

江橋慎四郎の社会学の研究は、日本の社会学の発展に大きな貢献をした。江橋慎四郎の研究成果は、日本の社会学の基礎を確立し、日本の社会学の発展に大きな影響を与えた。また、江橋慎四郎は、日本の社会学の国際化に貢献した。江橋慎四郎の研究成果は、海外の社会学者からも高く評価されており、江橋慎四郎は、日本の社会学を世界に発信した。

江橋慎四郎とレジャー・レクリエーション

江橋慎四郎とレジャー・レクリエーション

江橋慎四郎とレジャー・レクリエーション

江橋慎四郎は、日本のレジャー・レクリエーション研究の第一人者である。1928年に東京生まれ。1952年に東京大学教育学部を卒業し、1959年に同大学院博士課程を修了した。1960年に東京大学社会学部助教授となり、1968年に教授に昇進した。1992年に定年退職し、名誉教授となった。

江橋は、レジャー・レクリエーションの社会学的研究を専門とした。レジャー・レクリエーションの概念を明らかにし、その社会的な意味を分析した。また、レジャー・レクリエーションの政策や計画についても研究した。

江橋の研究は、レジャー・レクリエーション研究の発展に大きな貢献をした。レジャー・レクリエーションの社会学的研究の基礎を築き、レジャー・レクリエーションの政策や計画の立案に役立つ理論や方法を提供した。

江橋の主な著書には、以下のものがある。

* 『レジャー社会の研究』(1963年)
* 『レジャーと社会変動』(1972年)
* 『レジャー・レクリエーションの政策と計画』(1979年)
* 『レジャーと人生』(1986年)
* 『レジャー社会のゆくえ』(1991年)

江橋は、1997年に逝去した。享年69歳。

タイトルとURLをコピーしました