海老原博幸→ 昭和の「かみそりパンチ」

海老原博幸→ 昭和の「かみそりパンチ」

昭和のボクシング界を席巻した海老原博幸の軌跡

昭和のボクシング界を席巻した海老原博幸の軌跡

昭和のボクシング界を席巻した海老原博幸の軌跡

海老原博幸は、1926年12月27日に群馬県前橋市で生まれた。父は農業を営み、母は専業主婦だった。6人兄弟の四男で、兄2人と姉2人、弟1人がいる。

海老原がボクシングを始めたのは、13歳の時だった。中学1年生の時に、友人から誘われて地元のボクシングジムに入会した。最初はあまり興味がなかったが、練習を続けるうちにボクシングの魅力にとりつかれていった。

海老原は、1943年にプロボクサーとしてデビューした。デビュー戦では、1回KO勝ちで勝利した。その後も連勝を続け、1948年に日本フライ級チャンピオンになった。

海老原は、1950年に世界フライ級チャンピオンに挑戦し、見事勝利して世界王者となった。彼は、4度の防衛に成功したが、1952年に日本人初の統一王座となる世界バンタム級チャンピオンと防衛戦を行うも、最終回KO負けで王座陥落となった。

海老原は、1953年に引退した。通算戦績は51戦45勝(34KO)5敗1分だった。

海老原は、引退後もボクシング界に貢献し続けた。1969年には、日本プロボクシング協会の会長に就任した。また、1970年には、国際ボクシング連盟(IBF)の会長にも就任した。

海老原は、1993年に77歳で死去した。彼は、昭和のボクシング界を代表する名選手として、その名を歴史に刻んでいる。

世界フライ級タイトル獲得と「かみそりパンチ」の伝説

世界フライ級タイトル獲得と「かみそりパンチ」の伝説

-世界フライ級タイトル獲得と「かみそりパンチ」の伝説-

海老原博幸は、1963年9月18日、後楽園ホールで世界フライ級王者ポーン・キングピッチと対戦し、15回判定勝ちでタイトルを獲得した。

海老原は、この試合で「かみそりパンチ」の異名にふさわしい切れ味鋭いパンチを披露し、ポーン・キングピッチを圧倒した。
特に、左フックは「カミソリパンチ」と呼ばれ、対戦相手を次々と倒していった。

そして、1964年4月4日、後楽園ホールで世界フライ級1位のハリー・ジェームスと対戦し、15回判定勝ちで初防衛に成功する。

更に、1964年10月31日、後楽園ホールで世界フライ級2位のルビー・バルデスと対戦し、15回判定勝ちで2度目の防衛に成功し、世界フライ級王座を保持し続ける。

海老原は、世界フライ級王座在位中に10度の防衛に成功し、1968年4月28日に世界フライ級王座を返上した。

海老原は、世界フライ級王座在位中に、タイのポーン・キングピッチ、アメリカのハリー・ジェームス、メキシコのルビー・バルデス、日本のファイティング原田など、世界フライ級の強豪たちと対戦し、すべて勝利した。

引退後の海老原博幸の人生と早すぎる死

引退後の海老原博幸の人生と早すぎる死

-# 引退後の海老原博幸の人生と早すぎる死

1982年11月14日、後楽園ホールでの引退試合で、元世界ジュニアフライ級王者、小林光二に10回判定負けを喫した海老原は、リングを去りました。

引退後は、後楽園ホールのリングアナウンサーや、テレビのスポーツキャスターとして活躍しました。また、東京都荒川区の区議会議員も務めました。

1993年、海老原は、肝臓癌と診断されました。闘病生活を続けましたが、1996年5月17日、42歳の若さで帰らぬ人となりました。

海老原は、わずか14年間のプロボクシング人生でしたが、その間に数々の名勝負を演じ、日本ボクシング界に大きな足跡を残しました。

海老原の死は、多くのファンに衝撃を与えました。海老原は、これからもずっとボクシングファンの心に生き続けるでしょう。

-# 海老原博幸の功績

海老原は、1954年10月15日、岩手県釜石市に生まれました。1972年にプロボクサーとしてデビューし、1974年に全日本フライ級王座を獲得しました。

1975年、海老原は、WBC世界フライ級王座に挑戦し、王者、チャチャイ・チオノイに判定勝ちを収めて王座を獲得しました。海老原は、この王座を3度防衛しましたが、1977年に朴賛希に判定負けを喫して王座を失いました。

1978年、海老原は、WBC世界スーパーフライ級王座に挑戦し、王者、具志堅用高に判定勝ちを収めて王座を獲得しました。海老原は、この王座を1度防衛しましたが、1979年に金鍾正に判定負けを喫して王座を失いました。

海老原は、1982年に引退するまでに、42戦32勝(18KO)6敗4分の戦績を残しました。

海老原は、パンチ力とテクニックを兼ね備えたボクサーで、その華麗なボクシングスタイルから「かみそりパンチ」の異名をとりました。海老原は、日本ボクシング界を代表する名ボクサーの一人です。

タイトルとURLをコピーしました