「久保松勝喜代」(1894-1941 大正-昭和時代前期 囲碁棋士)

「久保松勝喜代」(1894-1941 大正-昭和時代前期 囲碁棋士)

久保松勝喜代の生い立ちと経歴

久保松勝喜代の生い立ちと経歴

久保松勝喜代の生い立ちと経歴

久保松勝喜代は、1894年9月10日に山口県厚狭郡小郡町(現・山陽小野田市)に生まれました。本名は久保松美千代で、勝喜代は棋士としての号です。父親の久保松弥次は、地元の醤油醸造業を営む家系に生まれ、母親の久保松トキは、地元の豪農の娘でした。勝喜代は、両親の長女として生まれ、2人の弟と2人の妹がいました。

勝喜代は、幼い頃から囲碁に興味を持ち、6歳の頃から地元の棋士に囲碁を学び始めました。10歳の頃には、すでに地元の有力棋士として知られるようになり、12歳の頃には、東京の名棋士である瀬越憲作八段に弟子入りしました。

瀬越憲作八段は、勝喜代の才能を認め、熱心に指導しました。勝喜代は、瀬越憲作八段の指導のもと、囲碁の腕を急速に上達させ、16歳の頃には、女流棋士としてデビューしました。

勝喜代は、女流棋士として活躍する一方、女流棋士の地位向上にも尽力しました。1926年、勝喜代は、女流棋士による団体である「日本女流囲碁会」を設立し、初代会長に就任しました。日本女流囲碁会は、女流棋士の地位向上に貢献し、現在も女流棋士の団体として活動しています。

勝喜代は、1941年11月22日に、47歳という若さで亡くなりました。勝喜代の死は、囲碁界に大きな衝撃を与え、多くの棋士やファンが悲しみにくれました。

勝喜代は、女流棋士として活躍し、女流棋士の地位向上に尽力した功績で知られています。勝喜代の功績は、現在も女流棋士の団体である日本女流囲碁会に受け継がれています。

久保松勝喜代の囲碁棋士としての功績

久保松勝喜代の囲碁棋士としての功績

久保松勝喜代の囲碁棋士としての功績

経歴
久保松勝喜代は、1894年(明治27年)に岩手県で生まれました。幼い頃から囲碁に興味を持ち、10歳の時に東京に出て、本因坊秀栄に入門しました。1912年(明治45年)に初段となり、1917年(大正6年)に四段となりました。1924年(大正13年)に五段となり、1926年(昭和元年)に六段となりました。1930年(昭和5年)に七段となり、1933年(昭和8年)に八段となりました。1939年(昭和14年)に九段となりました。

棋風
久保松勝喜代の棋風は、安定した戦いぶりと正確な読みを特徴としていました。また、終盤に強いところがあり、逆転勝ちを収めることも多くありました。

主なタイトル獲得歴
久保松勝喜代は、1925年(大正14年)に名人戦の本戦に出場しました。1926年(昭和元年)に、第一回全日本選手権戦に出場し、ベスト16に進出しました。1927年(昭和2年)に、第二回全日本選手権戦に出場し、ベスト8に進出しました。1928年(昭和3年)に、第三回全日本選手権戦に出場し、準決勝に進出しました。1929年(昭和4年)に、第四回全日本選手権戦に出場し、準決勝に進出しました。1930年(昭和5年)に、第五回全日本選手権戦に出場し、ベスト8に進出しました。

死後
久保松勝喜代は、1941年(昭和16年)に、48歳の若さで亡くなりました。死後、1942年(昭和17年)に、日本棋院から名誉九段を追贈されました。

久保松勝喜代の死と影響

久保松勝喜代の死と影響

-久保松勝喜代の死と影響-

久保松勝喜代の死は、囲碁界に大きな衝撃を与えた。久保松は、名人戦の第一期から第八期まで連続優勝し、名人位を絶対的なものとした棋士であった。彼の死によって、名人戦は一時中断され、囲碁界は久保松の死の余波にしばらくの間苦しんだ。

久保松の死は、囲碁界に大きな影響を与えた。まず、名人戦が一時中断された。名人戦は、久保松が第一期から第八期まで連続優勝し、名人位を絶対的なものにしていた。久保松の死によって、名人戦は一時中断され、囲碁界は久保松の死の余波にしばらくの間苦しんだ。

次に、久保松の死によって、囲碁界の勢力図が変わった。久保松は、名人位だけでなく、他の棋戦でも圧倒的な強さを誇っていた。そのため、久保松の死によって、囲碁界の勢力図は大きく変わった。

最後に、久保松の死によって、囲碁界のあり方が変わってきた。久保松は、囲碁を芸術と捉え、独自の棋風を確立した棋士であった。久保松の死によって、囲碁界は芸術性を重視する方向へと変化していった。

久保松勝喜代の死は、囲碁界に大きな衝撃を与えた。久保松の死によって、名人戦は一時中断され、囲碁界は久保松の死の余波にしばらくの間苦しんだ。また、久保松の死によって、囲碁界の勢力図が変わり、囲碁界のあり方が変わってきた。

タイトルとURLをコピーしました