「江本孟紀」

「江本孟紀」

ノンプロ熊谷組からプロ野球選手へ

ノンプロ熊谷組からプロ野球選手へ

-ノンプロ熊谷組からプロ野球選手へ-

江本孟紀は、1947年に滋賀県に生まれた。生来の野球センスを発揮し、小学6年生の時に全国大会で優勝。 中学卒業後は、野球の名門であるPL学園に進学した。高校時代には、甲子園大会に出場し、準優勝に貢献した。しかし、プロ野球のドラフトでは指名されなかった。

高校卒業後は、社会人野球の熊谷組に入部した。熊谷組は、ノンプロ野球の強豪チームで、江本はすぐにエースとなった。1966年には、都市対抗野球大会で優勝。江本は大会MVPに輝いた。

熊谷組での活躍が認められ、江本は1967年に読売ジャイアンツに入団した。入団1年目から先発ローテーションに入り、16勝を挙げて新人王に輝いた。その後も、江本はジャイアンツの主力投手として活躍し、1972年には投手三冠とMVPを獲得した。

1975年、江本はロサンゼルス・ドジャースに移籍した。ドジャースでは、2年間プレーし、ワールドシリーズにも出場した。1977年に日本に戻り、広島東洋カープに入団した。カープでは、2年間プレーし、1978年にはリーグ優勝に貢献した。

1980年に江本は引退した。通算成績は、211勝152敗、防御率2.88である。1994年に野球殿堂入りを果たした。

江本は、ノンプロ野球からプロ野球選手として活躍した数少ない選手の1人である。その活躍は、野球界に大きな影響を与えた。

南海ホークスの主戦投手として活躍

南海ホークスの主戦投手として活躍

-南海ホークスの主戦投手として活躍-

江本孟紀は、1968年に南海ホークスに入団し、すぐに頭角を現しました。1年目から20勝を挙げ、パ・リーグの新人王に輝きました。その後も、南海ホークスのエースとして活躍し、3年連続で最多勝を獲得しました。1972年には、26勝を挙げてパ・リーグの投手三冠に輝き、沢村賞を受賞しました。

江本孟紀は、速球と変化球を巧みに操る右腕投手でした。特に、スライダーは非常に有効で、打者を翻弄しました。また、江本孟紀は、非常に闘志あふれる投手としても知られており、マウンド上では常に全力で投げ込んでいました。

江本孟紀は、南海ホークスで9年間プレーし、通算114勝を挙げました。1976年、江本孟紀は阪神タイガースに移籍し、2年間プレーした後、1978年に現役を引退しました。

江本孟紀は、1994年に野球殿堂入りを果たしました。現在は、野球解説者として活躍しています。

阪神タイガースでの活躍と放言による引退

阪神タイガースでの活躍と放言による引退

-阪神タイガースでの活躍と放言による引退-

江本孟紀は、1948年11月29日生まれの元プロ野球選手(投手)。大阪府出身。

江本は、1970年にドラフト1位で阪神タイガースに入団。1年目から先発ローテーションに定着し、10勝を挙げて新人王を獲得した。2年目の1971年には、16勝を挙げて最多勝利のタイトルを獲得。3年目の1972年には、22勝を挙げてリーグ優勝に貢献し、最優秀選手賞を受賞した。

1973年、江本はメジャーリーグに挑戦し、サンフランシスコ・ジャイアンツに入団。しかし、メジャーでは1勝もできずに帰国した。1974年に阪神に復帰し、1976年には再び最多勝利のタイトルを獲得した。

1978年、江本はロッテオリオンズにトレード移籍。しかし、ロッテでは1勝もできずに引退した。

※江本孟紀氏の引退について

江本孟紀氏は、1979年に現役を引退した。引退の理由は、放言によるものだった。江本氏は、現役時代から歯に衣着せぬ発言で知られ、それが原因でファンやマスコミから批判を浴びることが多かった。

1978年、江本氏はロッテオリオンズにトレード移籍した。しかし、ロッテでは1勝もできずに引退した。江本氏は、ロッテでの引退について、「ロッテは野球のレベルが低すぎる。こんなチームで野球をやっていても意味がない」と発言した。

この発言が原因で、江本氏はロッテファンやマスコミからさらに批判を浴びることになった。そして、江本氏は1979年に現役を引退した。

タイトルとURLをコピーしました