掛布雅之 – ミスタータイガースと呼ばれた男

掛布雅之 – ミスタータイガースと呼ばれた男

掛布雅之の野球選手としての軌跡

掛布雅之の野球選手としての軌跡

掛布雅之は、日本の元プロ野球選手であり、現在は野球解説者として活躍しています。掛布は、1954年1月14日に兵庫県尼崎市に生まれ、幼少期から野球を始めました。中学卒業後は、大阪府立豊中高校に進学し、3年生の夏に甲子園大会に出場。大学進学を希望していましたが、ドラフト1位で阪神タイガースに入団しました。

掛布は、1974年にプロデビューを果たし、すぐにレギュラーの座を掴みました。打撃センスに優れ、ホームランを量産。1983年には、首位打者、打点王、本塁打王の三冠王を達成しました。また、ゴールデングラブ賞を7回、ベストナインを8回受賞するなど、守備でも活躍しました。

掛布は、阪神タイガース一筋で19年間にわたりプレーし、通算2157安打、404本塁打、1894打点を記録しました。1992年に現役を引退し、翌1993年に野球殿堂入りを果たしました。

掛布は、阪神タイガースのレジェンドであり、ミスタータイガースと呼ばれています。その豪快な打撃と華麗な守備は、多くのファンを魅了しました。掛布の功績を称えて、阪神甲子園球場には掛布の背番号「31」のモニュメントが建立されています。

ミスタータイガースの功績

ミスタータイガースの功績

ミスタータイガースの功績

掛布雅之は、1973年にドラフト1位で阪神タイガースに入団し、1988年に引退するまで16年間在籍した。その間、彼はタイガースの黄金期を支える主力選手として、数々の記録を打ち立てた。

掛布雅之の功績の中で最も有名なのは、1985年に記録したシーズン最多打点(144打点)である。これは日本プロ野球記録であり、現在も破られていない。また、掛布雅之は通算2,533安打、474本塁打、1,449打点を記録し、いずれもタイガース球団記録となっている。

掛布雅之は、打撃のみならず守備でも優れた選手であった。1976年から1985年まで10年連続でゴールデングラブ賞を受賞し、リーグの三塁手として最高峰の存在であった。

掛布雅之は、その功績を称えられ、1989年に野球殿堂入りを果たした。また、2003年にはタイガースの球団特別表彰選手に選出されている。

掛布雅之は、タイガースを愛し、タイガースに愛された選手である。彼の功績は、いつまでもタイガースファンに語り継がれていくことであろう。

掛布雅之の引退後

掛布雅之の引退後

掛布雅之の引退後

掛布雅之氏は、1992年をもって現役を引退しました。引退後は、阪神タイガースのコーチ、監督、ゼネラルマネージャー(GM)を歴任し、2018年からは球団のシニアアドバイザーを務めています。

コーチ時代には、2003年に阪神タイガースを18年ぶりのリーグ優勝に導き、監督時代には2005年にチームをリーグ優勝と日本一に導きました。GM時代には、2014年にチームをリーグ優勝に導きました。

引退後も、掛布雅之氏は阪神タイガースを支え続けています。シニアアドバイザーとして、球団の経営や編成に携わっています。また、解説者としてテレビやラジオに出演し、野球の魅力を伝えています。

掛布雅之氏は、阪神タイガースのレジェンドとして、今も多くのファンに愛されています。引退後も、球団に貢献し続けており、その功績は称賛されています。

掛布雅之氏の引退後の主な活動は以下の通りです。

* 1993年阪神タイガースのコーチに就任
* 2002年阪神タイガースの監督に就任
* 2008年阪神タイガースのGMに就任
* 2014年チームをリーグ優勝に導く
* 2018年球団のシニアアドバイザーに就任
* 現在解説者としてテレビやラジオに出演

タイトルとURLをコピーしました