→ 琴桜傑将

→ 琴桜傑将

琴桜傑将の経歴と功績

琴桜傑将の経歴と功績

琴桜傑将の経歴と功績

琴桜傑将は、1939年(昭和14年)3月3日に愛知県名古屋市に生まれた。本名は伊藤秀男。身長170cm、体重95kg。血液型はAB型であった。

琴桜は、1957年(昭和32年)に中京高校を卒業後、日本大学へ進学。同大学在学中に、1959年(昭和34年)に全日本学生選手権大会で優勝。1960年(昭和35年)には、日本大学を中退して、日本相撲協会に入門した。

琴桜は、1961年(昭和36年)に初土俵を踏み、1964年(昭和39年)に新入幕を果たした。1967年(昭和42年)には、大関に昇進。1970年(昭和45年)には、横綱に昇進した。

琴桜は、横綱として10回の優勝を果たし、1970年(昭和45年)には、年間最多勝を記録した。また、1971年(昭和46年)には、日本プロレスとタッグを組んで、テレビマッチに出場した。

琴桜は、1974年(昭和49年)に引退。引退後は、日本相撲協会の理事や、年寄・花籠を務めた。また、相撲解説者としても活躍した。

琴桜は、2000年(平成12年)10月22日に、61歳で死去した。

琴桜傑将の強さの秘密

琴桜傑将の強さの秘密

琴桜傑将の強さの秘密

琴桜傑将は、大相撲で活躍した力士です。1980年代から1990年代にかけて、横綱として活躍しました。琴桜の強さの秘密は、優れた技術と体格にあります。

琴桜の技術の特徴は、右四つからの投げ技です。内掛け、外掛け、巴投げなど、多彩な投げ技を駆使して、相手を次々と倒していきました。また、琴桜は左四つからの寄り倒しも得意でした。

琴桜の体格は、身長192cm、体重150kgと恵まれていました。この体格を生かして、相手を圧倒するような押し相撲を得意としていました。また、琴桜は体格の割に素早い動きを持ち合わせており、相手の攻撃をかわすこともできました。

琴桜の強さの秘密は、優れた技術と体格にあります。この二つの要素がうまくかみ合ったことで、琴桜は横綱として活躍することができたのです。

琴桜は、1991年に引退しました。引退後は、年寄・秀ノ山を襲名して、後進の指導に当たっています。琴桜は、大相撲界で活躍する多くの力士を育て上げてきました。

琴桜傑将の引退後

琴桜傑将の引退後

琴桜傑将の引退後

大相撲で第68代横綱を務めた琴桜傑将は、1969年11月場所を最後に引退しました。引退後は日本相撲協会に残らず、故郷の北海道に戻って農業を営みました。しかし、1972年に日本相撲協会から再勧誘を受け、再び相撲界に戻ってきました。

再入門後は、すぐに幕下付出となり、順調に出世を重ねました。1974年には十両に昇進し、1976年には入幕を果たしました。しかし、幕内では思うように成績を上げることができず、1979年3月場所を最後に再び引退しました。

引退後は、日本相撲協会の年寄「秀ノ山」を襲名しました。年寄としては、後進の指導に当たりました。また、相撲解説者としても活躍しました。

琴桜は、引退後も相撲界と深く関わり続けた人物でした。2007年3月には、日本相撲協会の理事長に就任しました。理事長としては、相撲界の活性化に尽力しました。また、2011年3月11日に発生した東日本大震災の際には、被災地を訪問して激励の言葉を贈りました。

琴桜は、2015年12月12日に71歳で亡くなりました。琴桜の死は、相撲界に大きな衝撃を与えました。琴桜は、多くの人に愛された偉大な力士でした。

琴桜の引退後は、波乱万丈な人生でした。しかし、琴桜は常に前向きに生き続けました。琴桜の生き方は、多くの人々に勇気を与えました。

タイトルとURLをコピーしました