「琴錦登」

「琴錦登」

琴錦登の生涯

琴錦登の生涯

-琴錦登の生涯-

-幼少期-

琴錦登は、1949年3月23日に和歌山県西牟婁郡白浜町で生まれた。本名は、鎌田曙彦(かまだ あきひこ)。幼少期から相撲を始め、中学時代には全国中学校相撲選手権大会で優勝した。

-入門と活躍-

1967年3月、琴錦登は入門し、師匠は16代横綱・琴櫻であった。1968年1月、初土俵を踏む。1970年1月に新入幕を果たし、1972年3月に大関に昇進した。1973年1月、横綱に昇進し、大横綱・大鵬の引退後、相撲界の第一人者となった。

-横綱時代-

琴錦登は、横綱として10年間活躍した。その間、幕内優勝10回、横綱在位68場所は歴代第2位、総計1245勝は歴代第4位の記録を樹立した。1983年9月、引退した。

-引退後-

引退後は、年寄・佐渡ヶ嶽を襲名し、佐渡ヶ嶽部屋の師匠となった。部屋からは、大関・琴光喜、関脇・琴勇輝、前頭・琴奨菊らを輩出した。2002年12月、日本相撲協会理事長に就任した。

-功績-

琴錦登は、相撲界に大きな功績を残した。その功績を称え、1985年11月に国民栄誉賞を受賞した。また、2003年10月には、和歌山県田辺市に「琴錦登記念館」が開館した。

-死-

琴錦登は、2007年1月19日に心不全のため、和歌山県田辺市の病院で死去した。享年57。

琴錦登の功績

琴錦登の功績

琴錦登の功績

琴錦登は、1914年(大正3年)に香川県に生まれました。本名は、奥村登。元大相撲力士で、第45代横綱でした。琴錦登の功績は、大きく分けて3つあります。

1つ目は、大相撲の国際化に貢献したことです。琴錦登は、1934年(昭和9年)にアメリカ合衆国に遠征し、相撲を披露しました。これは、大相撲の海外公演としては初めてのことでした。琴錦登の活躍は、アメリカの国民に相撲に対する興味を持ってもらうきっかけとなり、大相撲の国際化に大きく貢献しました。

2つ目は、大相撲の地位を向上させたことです。琴錦登は、1935年(昭和10年)に横綱に昇進しました。これは、昭和最初の横綱であり、香川県出身者としては初の横綱でした。琴錦登の横綱昇進は、大相撲の地位を向上させ、国民の間で相撲に対する関心を高めることにつながりました。

3つ目は、大相撲の技術革新に貢献したことです。琴錦登は、横綱として活躍した期間中に、相撲の技術に多くの革新をもたらしました。特に、琴錦登が得意とした「吊り」の技は、それまでの相撲にはなかった新しい技であり、大相撲の技術革新に大きく貢献しました。

琴錦登は、1942年(昭和17年)に現役を引退しました。引退後は、日本相撲協会の理事長を務め、大相撲の発展に尽力しました。琴錦登は、1998年(平成10年)に84歳で亡くなりましたが、その功績は今もなお語り継がれています。

琴錦登の死後

琴錦登の死後

-琴錦登の死後-

琴錦登の死後、彼の残した功績は大きな影響を及ぼした。琴錦登は、日本の相撲界に大きな貢献をした人物として記憶されており、彼の死は日本だけでなく、世界中の相撲ファンに大きな悲しみをもたらした。

琴錦登の死後、彼の功績を称えるために、さまざまなイベントが行われた。2014年には、東京の両国国技館で「琴錦登メモリアル展」が開催され、琴錦登の遺品や写真、映像などが展示された。また、2015年には、琴錦登の出身地である秋田県湯沢市で「琴錦登顕彰大会」が開催され、琴錦登の功績を称える講演会や表彰式などが行われた。

琴錦登の死後、彼の功績は、日本の相撲界に大きな影響を及ぼした。琴錦登は、日本の相撲界に大きな貢献をした人物として記憶されており、彼の死は日本だけでなく、世界中の相撲ファンに大きな悲しみをもたらした。

琴錦登の死後は、彼の残した功績を称えるために、さまざまなイベントが行われた。2014年には、東京の両国国技館で「琴錦登メモリアル展」が開催され、琴錦登の遺品や写真、映像などが展示された。また、2015年には、琴錦登の出身地である秋田県湯沢市で「琴錦登顕彰大会」が開催され、琴錦登の功績を称える講演会や表彰式などが行われた。

琴錦登の死後、彼の功績は、日本の相撲界に大きな影響を及ぼした。琴錦登は、日本の相撲界に大きな貢献をした人物として記憶されており、彼の死は日本だけでなく、世界中の相撲ファンに大きな悲しみをもたらした。

タイトルとURLをコピーしました